« 続 マセラティクアトロポルテ(M139)の整備 | トップページ | やってしまったハナシ »

2016年8月15日 (月)

アルファロメオ75 小部品の塗装

手が空いているときにちょこっとづつ仕上げている75ですが、今回はミラーやモールです。
75はモールや一部の部品が車体色ではなく、別の色で塗られています。
残念ながら、グレーの部分のデータがないので、なんとなく近い色を探して、たどり着いたのがフェラーリに使われているグレーでした。ま、同じフィアット傘下だからいいかと

部品取りの75からミラーを外します。

Dsc09855

元々ついてミラーは車体色で塗られている上に、塗装が焼けてブツブツができているので諦めました。もちろんこれをグレーに塗っても良いのですが、折りたたんである部分の色替えが大変なので、いっそ部品取りのを使おうと

Dsc00059

ボディ色で塗装すると、今っぽくなるのでそれはそれでいいのですが せっかく全部塗るのだから元の雰囲気に戻そうかと・・・

で、ミラーの後ろのカバーを外します。おもしろい取り付けですね。上下の+ビス2つ以外にでっかいナットでドアフレーム止まっています。
+ビスのひとつはドアトリムに隠れるように止まっているので、ドアトリムも外します。

Dsc09854

ドアトリムは意外に簡単に止まっています。まあこの時代らしいと言いますか

Dsc09856

まずは真ん中のデカいナットを緩めます。スナップリングプライヤーを使うとちょうどいいかもしれません。

Dsc09857

続いてドアのグリップ部分のカバーを外します。必ず下から攻めてください。

Dsc09858

上側にはガイドがありますから、上から攻めると折れてしまいます。
グリップ内の+ビス2つを外したら、残りは基本的にクリップです。

Dsc09859

クリップを外していくとドアトリムがブラブラになりますが、ドアロックのノブが外れません。

Dsc09860

このドアロックノブ、箱根のお土産「寄木細工」のように外します。

Dsc09861

上のフタはずして、赤いプレートを抜きます。するとロックピンが現れるので、手前に抜きます。偶然見つけましたが、この時代、この手の方法が結構ありましたね。

Dsc09862

トリムが外れれば、ミラーは簡単に取れます。

Dsc09863

ミラーを外してちょっとミラーガラスを触ったら、ぽろっとガラス部分が取れてしまいました。
基本的に両面テープで貼ってあるだけでした。メルセデスのようにできないもんかなあ?

Dsc09864

でもAlfa Romeoの浮き文字も健在です。

Dsc09865

今回はその他に、プロテクターモールも数本塗装します。

Dsc09882

これも過去に苦労の跡がありありで、モールの裏側には両面テープをはがしたであろうスクレイパーが刺さった跡がいっぱい見受けられます。

Dsc09883

Dsc09884

スクレイパー使わなければいいのに・・・

でもさらに残念なのは、せっかく両面テープをはがしたのに、その後の塗装前の作業があまりよろsく行われなかったために、写真のようにぺろんと、取れてしまうのです。
Dsc09886

取れなくなるまで、塗装表面を削ります。

Dsc09888

がんばったら、塗装作業です。
えーもう塗っちゃうの?と言う声が聞こえそうですが、スタンドックスにはウエットオンウエットシステムがありますので、下地から一気に仕上げます。

Dsc09904

ミラーはハウジングがプラスチック(ABSかPP)で、ミラーベースがアルミかダイキャストの非鉄金属なので、研磨して露出した金属素地の周りにはプライマーを使います

Dsc09907
Dsc09909

密着材として塗装したのはエッチングプライマーです。
手に入らなくなった2Kプライマーの代わりに塗装します。
2液ですが、主剤とアクティベーターという組み合わせ。

Dsc09917

続いてその上からサフェーサーを塗装します。

Dsc09911

こちらもシール性能が高い2Kノンストップサフェーサー。
主に新品パネルの下地に使います。今回はプラスチック部品なので、15%ソフトナーを入れます。

Dsc09918

完全にサフェーサーで塗装したら、カラーベースを塗装します。

Dsc09914
Dsc09915_2

カラーベースだけだと安定性が悪く、完全に反応させる為にクリアーを塗装するわけですが、完全なつや消しだと維持しにくいです。そこで、スタンドックスには便利なサテン地のツヤを再現するクリアーがありまして、下のような仕上がりになります。

Dsc09923

サテングロスクリアーです。文字通りサテンのツヤを再現する塗料です。
有名なところではメルセデスのW124やW126、R129のサイドプレート(ちょっと古い方はサッコプレートなんて言いますね)に使います。

Dsc09929

それを使って塗ると

Dsc09925

それでこんな感じ。

Dsc09924


Dsc09928

え?黒すぎる? どうかなあ? きっと全部組んだらちょうどよくなりますわ

« 続 マセラティクアトロポルテ(M139)の整備 | トップページ | やってしまったハナシ »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/64064962

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ75 小部品の塗装:

« 続 マセラティクアトロポルテ(M139)の整備 | トップページ | やってしまったハナシ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ