« アルファロメオ155 V6 エンジン修理 | トップページ | アルファロメオ155 V6 エンジン修理続き。 »

2016年7月27日 (水)

巨大なリアゲートの交換

日産からやっと届いた巨大なキャラバンのリアゲート。

完全に売り切れてバックオーダーの状態で、本当は19日に出来上がって先週の上旬には納品されていたはずなのですが、原因は不明ですが、一週間も伸びてしまいました。
それでも最悪の場合、8/1になるなんて話があったことを思えば、早くはなりました。

なにしろバックオーダーの状況は、親元の日産自動車の手を離れて、日産自動車のその先の、ドアを作っているメーカー(名前までは知りませんが)のプレス機械の機嫌によるようです。

これだけ部品が大きくなるとプレスの金型はとてつもなく大型で、金型の交換も容易ではないはず。19日の予定がずれてもなんだか納得。しかも日産部品販売から「はよせい」と言う催促も入れてもらっているので、現場ではそれなりにケツかっちんだったハズです。

なんだかどっかのそば屋の出前みたい

Dsc00864

さきに全て塗装してから、取り付けます。
商用車とてMPIでは全て下地から塗ります。商用車もフェラーリも作業プロセスにそれほど差はありません。

Dsc00865

この通り極上のツヤです。品物はイージークリアーで仕上げています。

しかしこのゲートあまりに巨大で、今日はEくん、ガラス屋のワタナベさんに手伝ってもらって取り付けます。
なんだか楽しそうです。

Img_1506

いろいろ部品を移しかえます。


Img_1522

おっさんもがんばります。

Img_1519

一通り取り付け終わったら、ガラスを取り付けてもらって。


Img_1526

帰る頃には出来上がりです。

Dsc00048_2

明日は所沢陸運支局で封印をしてもらって、いよいよ完成です。
作業はいくらもしなかったけど、長く預かってしまいました。

« アルファロメオ155 V6 エンジン修理 | トップページ | アルファロメオ155 V6 エンジン修理続き。 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大なリアゲートの交換:

« アルファロメオ155 V6 エンジン修理 | トップページ | アルファロメオ155 V6 エンジン修理続き。 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ