« 成約御礼 スバルフォレスター | トップページ | フォレスターのナビゲーション取り付けその2 »

2016年7月 2日 (土)

フォレスターのナビゲーション取り付け

さて、販売したSJGフォレスター。早速ナビゲーションの取り付けです。
ナビはオーナーたっての注文で、イクリプスのAVN-ZX05iです

100009530206_3
特徴はなんと言っても9インチにも及ぶドデカ画面

当然特殊な取り付けになるのが簡単に想像つきます
でも、なんだか昔のブラウン管みたいなカタチ

141209crt02

先ずは取り付け関係を分解します。そして、フィルムアンテナなどの位置を決めたり様々な配線のレイアウトを考えていきます。

Dsc00215

Dsc00216

僕の場合は、まずフィルムアンテナからスタートして配線を取り回します。最近は本体以外に構成部品は少ないので、楽になったように思いますが、昔には無い物の為に苦労することも結構あります。

Dsc00207


アイサイトです。まずこのステレオカメラのカバーが外れない・・・
ETCなどの配線を通すために外しますが、硬い硬い

Dsc00217

ひーひーいいながらどうにか外しました。
ところがここで早速問題が発生。アイサイトの機能を妨害させないために、アンテナなどを貼る事を禁止しているエリアがあります。

Zoneall_forester

どうですか、Aピラーから350mm以内となっていますが、L字のフィルムアンテナをメーカーの指定通りに貼ると、この範囲に納まりません。スバルのサービスに問い合わせてみると、貼るべきでないと。当たり前か。
では皆さんどのように?と伺うとAピラーに沿ってたて面で貼り付けますと

Dsc00219

メーカーの取り付け説明によると、アンテナ同士は30mm以上はなせとなっています。
上の画像の通りに貼ると、結構下側にフィルムが来て、それが視界に入り結構鬱陶しいです。

そこで今度はメーカーに電話で、アンテナの位置による性能低下を聞くと、アンテナ同士がぶつかると障害があると、30mm以下でも多少の性能低下があるかも知れないと

では下にくっつけると?

Dsc00221
Dsc00235

メーカー曰く、検証したことがないので、不明であるが、理論的には問題ないはずとも聞きました。この位置にアンテナを置くと、ピラーカバーも多少細工をしないとぶつかります。

続いてバックカメラですが、ここは純正のハーネスを生かします。

Dsc00240

ただコレを生かすには部品が必要です。股今回の取り付けに際して、イクリプスから出ている取り付けキットも買いました。

Dsc00237

一種のアイディア商品ですが、バックゲート内の純正バックカメラコネクタを黄色いピンジャックに変換するコードとインストゥルメンタルパネル内のオーディオそばにあるバックカメラ用コネクタをピンジャックにそれぞれ変換するのがこのRCH-055F

オーディオの手前で、ピンジャックでは最近のオーディオでは対応しませんので、ピンジャックをさらにコネクターに変換するのがRCH-001T

どちらもデータシステム製です。

さらに取り付けキットは
スバル車用9型AVN車種専用キットNKTF-IFです。

およその配線を通し、車速やリバース信号も、取り付けキットに入っているコネクター1本でOKですし、電源線も確保して1日目を終えました。続きは次回。

« 成約御礼 スバルフォレスター | トップページ | フォレスターのナビゲーション取り付けその2 »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォレスターのナビゲーション取り付け:

« 成約御礼 スバルフォレスター | トップページ | フォレスターのナビゲーション取り付けその2 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ