« ホンダフィットのリアドア修理 | トップページ | 飲みすぎにご注意! »

2016年5月 9日 (月)

事の本質とは?

みなさんご存知の通り、三菱自動車が大変な苦境に立たされています。

そりゃあ、1991年ごろからテスト方法を偽って、燃費が常に良いように見せかけていたのがよろしいハズがありません。

でも、今回の一件には報道するマスコミとは温度差を感じます。
「また、あの三菱自動車が? ペンの力で懲らしめてやる」的といいますか・・・

僕個人はあのメーカー発表の燃費数値なんかハナから信用していません。

昔6モードとか10モードとか燃費試験ありましたよね。あれほどアテにならない数字もなくて、まーずその通りにならない努力目標みたいな数字でした
今はそれが国のお墨付きになってしまいました。

それはアパートやマンションなどの駅から歩いて何分と言うのとそっくりです。
まー、それは走ってもその時間では到着しないんじゃない?っていうのありません?

それを大変だ大変だと大騒ぎしているのです。
もちろん、いけないことではありますので、決して擁護はしませんけど
かつて、GDIを作ったメーカーであり、名機4G63を出したメーカーでもあります。

おそらくは量産車としては最も早い段階からシリンダー内直接噴射+リーンバーンを実現させたが、末路はまるでエボラ出血熱のように、エンジンのあちこちからオイルが噴出し、大量のブローバイとともにヘッドガスケットが吹き飛ぶという・・・・

その一方、ラリーで向かうところ敵なしの4G63エンジンを作り、クランクの回転方向とは反対にベシャフトを回すことで振動を打ち消すバランスシャフトを早くから量産車に積んだメーカーでもあります。

思わぬとばっちりは日産でしょうね。販売店にはどうしてくれるんだと言わんばかりのお客が来ているようで、別に走らなくなるわけでもなければ、故障するわけでもない。
ただ燃費が悪いだけと言うこと。好きでそのクルマを買ったんだろうから、いいじゃないと思わないでもないけどな。

そこで、ウチの代車。

Dsc09998

ekスポーツ!
燃費なんて軽自動車とは思えないほど悪い。

Dsc00001

でも速い。

Dsc00003

速いクルマは燃費が悪いと相場は決まっているのです。

Dsc00006

昔は3速オートマで、高速で100kmをだそうとすると7000回転近くまで回さないといけなかったりしますが、このクルマは4速ですからすいすいです。燃費は悪いけど。

そしてなんと言ってもターボパワーですよ。
燃費など良かろうハズがありません。

でも、いいじゃありませんか。カタログ通り走らなくても。
気に入ったクルマであれば、好きで買ったクルマなら。

スタイルだったり、走りだったり、内装だったりどこかに気に入ったところがあったから
新車なり中古車なりで買ったのではないかと思います。

じゃあ、その燃費が好きで買ったのだったら?

それはカネを返せと大声で訴えなければなりませんな

みなさん、ご自分の愛車をかわいがってあげてください。

« ホンダフィットのリアドア修理 | トップページ | 飲みすぎにご注意! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/63606336

この記事へのトラックバック一覧です: 事の本質とは?:

« ホンダフィットのリアドア修理 | トップページ | 飲みすぎにご注意! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ