« アルファロメオ75 全塗装その1 | トップページ | 続く重整備 アルファロメオ155 »

2016年5月 5日 (木)

トランスアクスルといえば

先日ブログに出したアルファロメオ75ですが、あのクルマのおもしろいところにトランスアクスルというレイアウトがあります。重いエンジンとトランスミッションを前後に配分することで、重量配分を分散させて、走行性能などを向上させる仕組みです。

詳しい解説はコチラ

Dsc00064

特にこのクアトロポルテ・スポーツGT F1マチック(マセラティではデュオセレクトだっけ?)搭載車で、フロントエンジン・リアトランスミッションの作りです。

Dsc00154

後ろから前を見ると

Dsc00157

エンジンにはオイルパンらしいパンはありません。

Img_0892

オイルフィルターは触媒の上

Img_0897

オイルパンはありませんが例の壺があります。

Img_0905

もちろんトランスミッションはリアエンドにデフとともにあります。
エンジンから伸びるチューブはケースの中です

Dsc00156

Qp070037


このチューブの中側だけ高速で回転するのですね。なにしろクランクと同じ回転数で回ってしまうのですから。

これって↓によく似ています。

Img_0610

こちらもエンジンのリアエンドからシャフトで直接トランスミッションを回すのです
大変わかりにくいですが、画像手前がエンジン

Img_0500

こちらT/M側。シャフトの後端が見えます。でも実はこれもシャフトのカバーで、本物はこの中に入っているのです。考えましたね。

Img_0608

456m_40


これなら例のシャフトカップリングが必要なくなるわけですね

一方、今回のクアトロポルテオートマチック

Dsc09869

実はトランスアクスルではなくエンジン+ATギアボックスなんです。

Img_0963

後ろ側から見るとデファレンシャルケースが見えます。

Img_0960

皮肉にもあのトランスアクスルから開放されて、ATが変わり、飛躍的に実用性が上がったという・・・

F1にもヒルアシストがあるのですが、あまり賢くありません。
いすゞのトラックについているほうが数倍賢い感じです。
やはり、F1よりオートマチックのほうが現実的かな~?

« アルファロメオ75 全塗装その1 | トップページ | 続く重整備 アルファロメオ155 »

マセラティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランスアクスルといえば:

« アルファロメオ75 全塗装その1 | トップページ | 続く重整備 アルファロメオ155 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ