« レンジローバースポーツが帰ってきた | トップページ | アルファロメオのTIPS »

2016年5月29日 (日)

工具フェア2016

中村オートパーツ機会工具展示会に今年も行きました。

なぜか毎年この時期はなかなか忙しいもので、本当は午前中から行こうと思っていたのですが、やはり午後からに。

Dsc00713

毎度おなじみ川越水上公園で。
20年前は工具ショーみたいなものはいくらでも催されていましたが、今や殆ど見なくなったような気がします。

そんな中、相当な数のメーカーや販社を集めて盛大に行われるのは大変に素晴らしいことです

日本の工具市場は完全に飽和状態で、極端な言い方をすれば無いものは無い的な状況。さらに整備単価は下がり 若い人の自動車離れや整備事業への無関心なども手伝って、今日、ここまで業況が衰退したとの見方もありますね。

そんな時にちょうどネットのニュースでこんなものが流れちゃって
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/cc-4679/1.htm

今のクルマは壊れないし、メンテナンスも最小限で済ますことが可能です。
また事故を未然に防ぐ技術は国策で進められている感があります。

この業界もお先行き決して明るくないだろうなあ、とは言われなくてもわかるような・・・
まあ、その中でも生き延びる所、無くなる所と分かれるのですが

まあ、その手の想いは先送りにして

Dsc00715

またまたおもしろい工具がありました。

リアフェンダーのヘミング折ツールです。

最近の国産車に多い、クオーターパネルのヘリをホイルハウスアウターパネルとリアフェンダーをぐっと内側にまげて両方をボンドだけで止めている部分の交換時に使う工具です。

Dsc00716

ちょっとわかりづらい画ですがこうなります↓

Dsc00717

キレイに曲げられます。缶詰のハゼ折り見たいなものでしょうかね。

Dsc00718

クランプも安かったけど、それほど複雑な引き作業も少なくなってしまいましたし(涙)

Dsc00722

今回、非常に興味を引いたのが、この調色用ライト。
色あわせや染まりの確認で使ったりいいかなと思ったのですが、衝動買いしないよう一度その場を離れます。だいたい衝動買いしたものに、ずっと使い続けるものが少ないのもわかっています。

日本には導入がすごく遅くて、値段の高さが普及の足をひっぱりましたが、すっかり定着した感のあるオートダークヘルメット。海外では人気がありますが、かわいいデコレーションのお面です

Dsc00730
Dsc00731

安いやつは使いづらく視界が狭いのですが、こちらはよさそう。
僕も2年くらい前かな、ここで買った安いヘルメットはそれほど使い勝手はよくないです。
壊れてしまった20年前にアメリカから輸入したオートダークヘルメットは素晴らしかったのですが、国内の安いやつは完全なダウングレードでした

Dsc00733

ジョンビーンのホイルアライメントテスター。欲しいなあ

ケルヒャー。これも数年前のここで買いました。

Dsc00734

一番最初に工場に日産部販の同行販売で来たのですが、その時は全く興味を持たなかったのですが、今や工場の掃除には欠かせなくなりました。
でも、何故か今でも売り文句は「水も吸えるんですよ、20リットルも!」 
いや、20Lも自動車工場で水を吸う機会はぜったいありえませんから~!

Dsc00742

今年もAutel来てました。155をはじめとする3ピンにも完全に対応しているそうですよ。
ドヤ顔で、マセラティの3200GTには16オインのOBDはついていませんが、これでは見れるんですよ!
僕「え、どうやって?」
フィアットの3ピンを使いますねえ
僕「ふーん」

ピンアサインは同じなのですね。

Dsc00744

工具の王様スナップオン バンセールスはもう来ませんが・・・

Dsc00746

魅惑の工具にEくんも・・・

Dsc00745


エンジン洗浄機

Dsc00751
Dsc00752

大量の洗浄剤をエンジン内部に送り込んで、オイルパンから抜くのを繰り返します

Dsc00754

150万円くらいでしょうか

Dsc00763

キャンギャルのおねえさんと。

もう他の写真は見せられません。うれしそうなカオしています

Dsc00762_2

サタのガンもこの日ばかりは多く並んでいます。

Dsc00764

5000、4000 今年は新しいモデルのアナウンスが無かったのでここはスルーです

Dsc00765

限定のモデルもありました

最近は溶接用のワイアーもいろいろありまして
現在の超硬い鉄板には硬いワイアーが必要でして。

Dsc00774

そしてミグも
Dsc00779

ツインチップの溶接機です。パルス溶接もついてすごい性能。
欲しい・・・ 片側はアルミ用でアルゴンガス。もう片方は通常のアコムガス普通溶接。

Dsc00780

手元のほうにもワイヤーを送るためのモーターが付いています。でもデカイなあ。

ところで、Ceboraはチェボラと読むのでしょうか?EくんはChevrolet(シボレー)をチェブロレットと呼びます、チェブロレットと言えば、

Rawr_chupacabra_by_rasec_wizzlbangd


これはチュパカブラでした。どーでもいいでした。ちぃすうたろかぁ?

Dsc00787

あ! スポンジクロス売ってる!もう長い間使ってますよ。
あるお客さんのおかげで

ATFチェンジャー、とても高性能です。

Dsc00791

Dsc00793

オーバーフロータイプでも、温度もちゃんと見ています。ひもみたいに見えるのが運度センサーで、黒いチューブがATFの充填用ホース。ただ残念ながらZFには非対応なんですねえ。

今年もいろいろ見ましたが真新しいものはありませんでした。NACのみなさまお疲れ様でした。

« レンジローバースポーツが帰ってきた | トップページ | アルファロメオのTIPS »

工具 展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工具フェア2016:

« レンジローバースポーツが帰ってきた | トップページ | アルファロメオのTIPS »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ