« トランスアクスルといえば | トップページ | アルファロメオ75 全塗装その2 »

2016年5月 6日 (金)

続く重整備 アルファロメオ155

ここのところ重整備が多いアルファロメオ
今回もタイベル+クラッチ交換、それに水漏れ修理その他もろもろ

Img_0999

大変にお待たせしてしまいましたが、作業開始しました。

Img_1002

やはりV6です。

Img_1004

どんどん分解していきます

Img_1009

ドライブシャフトから足回りを分解します

Img_1013

ボルトまわりナット周りサビがあってボルト関係がガチガチで取れません。

Img_1012

見た感じ特にサビがあるようなクルマに見えませんが

Img_1015

ドンドン先へって、トントン拍子で進んでいるように見えますが、大変な時間と労力がかかっているのです。その行く先を遮るのが、なかなか外れないボルトやナット、あるいはとんでもない位置にあるボルトナットだったりです

Dsc00096

エンジンフレームです。

Img_1022_2

それほど重そうに見えませんが、一人では持ち運びできません。

Img_1016

こんな時でないと外すことが大変なスターターモーターも交換します。

Img_1017

ボッシュでしたが、社外新品かリビルドか迷いましたが、リビルトを選択します。

Img_1027

毎度おなじみトランスミッション。

Img_1026

クラッチカバーが丸見えです。

Dsc00093

同時にタイミングベルトも進みます。

Img_1036

いつものプーリー。モトロニック用の歯が見えます。
これをピックアップセンサーが読みます。
なぜか、なぜかイタリア車ではあまり壊れませんが、メルセデスなどドイツ車では多いトラブルで、歯が読めなくなると確実にエンジンがかからなくなります。

Img_1033


Dsc00089

上からはハンガーで吊ってます。

結構な部品が必要になってしまいました。さて、どーなることでしょう?
続きはまた次回・・・

« トランスアクスルといえば | トップページ | アルファロメオ75 全塗装その2 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。155v6に乗っているのですが、安心して、また減ってきている部品調達とか部品加工で柔軟な整備をお願いできるところを探しているところ、こちらにたどり着きました。そちらの住所はどちらでしょうか?こちらは東京です。

お世話になります、MPIの小河と言います。ブログを書いています

弊社は埼玉県所沢市林1-208-2です
04-2947-6551

お気軽にご相談ください。
お役に立てれば幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/63591267

この記事へのトラックバック一覧です: 続く重整備 アルファロメオ155:

« トランスアクスルといえば | トップページ | アルファロメオ75 全塗装その2 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ