« 危険ナリ、思い込み | トップページ | 西武園ゆうえんちでクラシックカー »

2016年4月13日 (水)

エンジンオイル

エンジンオイルの取り扱いを一部変更することになりました。

568pxliquimoly_svg


ドイツのリキモリです。どこか感じを連想させる名前ですが、れっきとしたドイツの潤滑油メーカーです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A2%E3%83%AA

去年参加したランチア・ランチに出展されていたのをきっかけに知り合いました。

今までの ながーい付き合いだったウインズも捨てがたいのですが、僕の所を担当されていた方が亡くなってからは、担当者に恵まれず、最後に担当された女性もすばらしい仕事をしてくれますが、いかんせん商品レンジが少々狭く、テスタロッサやアルファのV6に合うようなエンジンオイルが無かったので、この際勇気を出して乗り換えました。

Dsc00396

少々 値ははりますが、おおむね商品群はバラエティーに富んでどんなものでも対応できそうです。

テスタの時代の水平対抗エンジンに5W-50の化学合成油はあまり良くなく、いくらも時間が経たないうちにエンジンから賑やかなメカ音が出るようです

やはりE-から始まる、排ガス規制車にはそれなりの粘度が必要かと思います、ブローバイは減らせられますが、直噴でもなければ同時点火でもないエンジンには、よほどうまくブレンドした化学合成エンジンオイルでないと少々無理があるように思います。

最近は旧車用オイルなるものも有名なところではモチュールとかBPとかどっかで見ましたが、その商品群もあるようです。

Dsc00397

これは最もスタンダードな10W-40 でも100%化学合成油で、メルセデスやフォルクスワーゲンの認定商品のようです。
僕はむしろ、メーカー認定などされていない商品のほうが良いのですが・・・
最近でもまだやってるのかな? ロングライフ・エンジンオイル。
馬鹿げた仕組みだけど、世の中は時にバカな事だとわかっていても、全く関係ない外部の潮流に流されて、それをやることになることが度々あります。

Dsc00398

注目はこちら。
15W-50でありながら、鉱物油の一種と言うおったまげた商品。
その名も「モリゲン」 渋い名前ですが漢字ではありません
どちらかと言うとクラッシック向きの商品のようですが、期待大です。

まだ日本で正式なアナウンスがないのかわかりませんが、オールドカーのラインはメーカーカタログに載っていません。

でも参考までにリンクも貼ってしまおう。
http://lm-trading.co.jp/products/index.html

取引にあたってステッカーもいっぱい頂きました。

Dsc00400

ご利用いただいたお客さんでご希望の方に差し上げます。

ちなみに国産車の車検などはウチでは全て部分合成油を使用しています。
ご希望の方には完全合成油も使います。

必ず、そのクルマ、メーカーの準拠のオイルを使いましょう。

« 危険ナリ、思い込み | トップページ | 西武園ゆうえんちでクラシックカー »

一般修理・車検」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんばんは。156V6に乗っております。そろそろエンジンオイル交換時期ですので、LIQUI MOLIを試してみようか、と考えております。交換工賃含めオイルでしょうか。ご回答よろしくお願いいたします。

お世話になります。5W-40 6.5Lとオイルフィルター、工賃合わせまして17930円
税込み19364円となります。ご検討ください。
あっつあつの状態ですと交換に時間がかかることもあります。
また作業の都合上、お待ち頂いている間に出来ない場合もございます。必ず電話にてご確認ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジンオイル:

« 危険ナリ、思い込み | トップページ | 西武園ゆうえんちでクラシックカー »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ