« 成約御礼 マセラティクアトロポルテ オートマチック | トップページ | 便利で頼もしいヤツ »

2016年4月22日 (金)

先輩、底が抜けてました。

先日、オルタネーターなどの作業で納車したはずのビートル
ですが・・・

何日もしないうちに、なんと! 後部座席が燃えたとの電話が!!

原因は後部座席に息子さんが乗って、その重みで、リアシートのフレームがバッテリーの+端子と-端子にモロにくっついて、ショートしたと・・・

しかし、なぜ端子がシートのフレームに触れてしまったのでしょう?

見るとフロアパネルより少し高いところに、何故かバッテリーの下にプラスチックのトレーが引いてあります。

そっと外してみると・・・・・・・・

キャーッ

Umezu

なんと、アルミテープで作ってあるじゃあ~りませんか!

Charlie_ha

Dsc00440

そのままバッテリーを載せてしまうと、自分で運転しながらにして、クルマからバッテリーが脱落するかもしれないという前代未聞のトラブルに見舞われることになりかねず、対策として少し上にプラスチックのトレイを少し上にひっかけて使っていたようです。

Dsc00408

テトラポットに網をうまくひっかっけて、海岸でバーベキューをするかのようにです

他にも画像左側、シートレールの脇にさびによる穴が見えます。


Dsc00442

下側も不自然にシーラーみたいなものが塗ったくってあります。

Dsc00445

こりゃ、フロア交換じゃないの!

そうと決まれば切り刻んでいきますよ。

Dsc00447

赤いサビは必ずともグサグサに腐っているわけではありません。

Dsc00448

切り目を入れてエアソーでぶった切っていきます。
No mercy

Dsc00449

ざっくり切ってスポット溶接をはがすのに備えます。
同時期にパッチパネルが到着しました。

Dsc09781

便利ですねえ。こういったハーフパネルが出るのはありがたいです。
しかも2万もしないくらいと言うリーズナブルさ

Dsc09838

なんだかいろいろな国の言葉が書いてあるところがいかにもですね。
今回の部品は日本のヴィンテージワーゲンの大家Flat4にお願いしました。

Dsc09782
Dsc00450

あーギャングセブンみたくなっちゃった

Fig09c

いやスタイルとしては

Dsc09823


Img_2

岩石オープンかしら

よーし、スポット溶接はがすぞ

Dsc09787

Dsc09788

車体下側から上側から攻めます。

続きは次回。

« 成約御礼 マセラティクアトロポルテ オートマチック | トップページ | 便利で頼もしいヤツ »

フォルクスワーゲン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先輩、底が抜けてました。:

« 成約御礼 マセラティクアトロポルテ オートマチック | トップページ | 便利で頼もしいヤツ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ