無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« 進む166の整備 フロントサスペンション編 | トップページ | ハロー・グッバイ »

2016年3月21日 (月)

保険会社のレッカー

今日は、午後からK玉社長とバイクの買取のために、川崎市は新百合ヶ丘に行きました。

僕のいとこのモンキーとゴリラを買いに行くためです。

買取も滞りなく終了して羽村に帰ってきて、一休みしているとお客さんから電話が入りました。

どうやらエンジンがかからないようです。
取り急ぎ、K玉社長のところを後にして、工場に戻ります。

途中、エンジンをかける努力もむなしく、全くかかる見込みが無いという電話。やむなく契約している保険会社のレッカーサービスを依頼して欲しい旨を伝えました。

6時頃にレッカー車が現地に到着して、僕の工場まで一緒に乗せて行って欲しいとお客さんが伝えると

「自動車は運べますが、人を乗せることはできません」とばっさり。

電話を僕に代わってもらって懇願しますが埒があきません。
やむを得ず徒歩で僕の工場に向かってもらうことに。距離は3km以上あります。

確かに道路運送業法に従えば、レッカー業者の言い分は正しいです。有料で自動車を運ぶ業者は、自動車以外に人を乗せることは禁止されています。
しかし、バスや電車での移動が困難な地域では、もう少し柔軟な考えでも良いように思います。

以前、ドイツのADAC(日本で言うJAFみたいな団体)の写真を見たときに積載車がダブルキャブで、故障したクルマの乗員も一緒に移動できるような記事を何かで見たことがあります。

それと同じにとは言いませんがもう少し機転の効きようがあってもねえ。
みんさんも、保険のレッカーサービスを受ける時は気をつけてください。

尤も、電話で、現場から○×まで乗せて行って欲しいのですが?と聞くと、電話のオペレーターにそっけなく断られてしまいます。

ではどうしたら? タクシーを呼んで仮払いするくらいしか方法がありませんねぇ・・・・

C50558a0339ffa8fc8757f4575225b66

探した写真がこれ・・・

« 進む166の整備 フロントサスペンション編 | トップページ | ハロー・グッバイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/63378671

この記事へのトラックバック一覧です: 保険会社のレッカー:

« 進む166の整備 フロントサスペンション編 | トップページ | ハロー・グッバイ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31