« カングーの修理 バンパー編 | トップページ | 準天頂衛星初号機「みちびき」 »

2016年3月28日 (月)

カングーの修理 最終編

集中審議中のカングーも終盤です。
しかし、このカングー、日本で本当に受けたクルマですね。よく走っていて見かけます。
フランス勢、好調ですねえ。

さて作業も組み立てなどが中心ですが、もう少し塗装が・・・

Dsc00043

乾燥ワカメじゃありません。これはワイパーアームを塗るところです

Dsc00040

ワイパーアームとはいえ缶スプレーなど使いません、2K塗料つまり硬化剤を入れる塗料で塗装します。
2分ツヤのオペル215/ラリーブラックと呼ばれるつや消し専用のブラックを使います。

Dsc00042

ガンはイワタのW101?だったかな?を使います。普段は塗装の用途には用いないガンではあります。

Dsc00041

ワックスクリーナーを使い丁寧に脱脂して塗装します。

Dsc00048

一方、フロントバンパー。フランス車、特にルノーで見られますが、外装の一部がタッカー(ホッチキスですな)で止められています。
業務用の13mmと言う足長の針で止めていきます。

Dsc000501

拡大してみるとホチキスの針が見えます。

Dsc00052

どーんどん組み付けます。

Dsc00058

グラスワークのWナベさんに取り付けしてもらいます。丁寧な仕事が看板のガラス屋さんです。

Dsc00059

新しいモールを組んで取り付けです。
モールだけ部品の出ること少ないヨーロッパ車で、モールだけ出ると助かりますね。
モールだけ出なければ・・・ もちろんガラスASSYで交換になってしまいます。

Dsc00060

ナンバープレートホルダーは

Dsc00046

いつもの花咲くリベットです。割とバカ穴が開いていて心配しましたが止まりました。

Dsc00063

明日、新品にしたナンバープレートと封印を受けて、晴れて納車です。

ベースコート塗料約2L
クリアー約2L
灯油約45L を使った2週間と2日のオペーレーションもついに終了です。

« カングーの修理 バンパー編 | トップページ | 準天頂衛星初号機「みちびき」 »

ルノー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カングーの修理 最終編:

« カングーの修理 バンパー編 | トップページ | 準天頂衛星初号機「みちびき」 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ