« みなさん大好きタイヤのハナシ。 | トップページ | 保険会社のレッカー »

2016年3月20日 (日)

進む166の整備 フロントサスペンション編

もうあっと言う間に時間が進んでしまうので、困ってしまいますが、166の方は急ピッチで作業が進みます。

Img_0608

アーム類は新品にします。古くなったボールジョイントは不快な異音の原因ですし、ブッシュの劣化は走りの楽しさを半減させます

Img_0609

この時はちょっとしたワナがあることも気が付かずに・・・

Img_0611

最近は少なくなったように思いますが、以前はボールジョイントだけ別部品で出るクルマが多かったような?

ロアアームの後ろ側はボルトが突き抜けてサスペンションクロスメンバーごと車体に止めます

Img_0613

クラッチのレリーズシリンダーも新しいものに交換します。
これもよく壊れるものです。それほど高くない部品ですので、ぜひ5-7年くらいでの交換を心がけてください。

Img_0616

セレスピードではここをセレがコントロールしているのですね。

Img_0621

次々に組みあがります

Img_0622

アッパーアームの交換です。アッパーアームはキャスターブロックに取り付けてボディに組み付けます。キャスターブロックは特に交換の必要はありません。事故でも起こしていれば別ですが

Img_0625

この166ノサスペンションは実に良くできたサスペンションで、壊れにくく、大型セダンとしては考えられないほどよく出来ています。いや大型セダンだから手の込んだサスペンション作りにしてあるのかな? おかげで条件がいいとスポーツカーのような走りができます。

Img_0628

写真が無いのが残念ですが、ドライブシャフトブーツも破れていたので、交換してあります。

Img_0629

左右ともに。

ジョイントを外すのに苦労したのですが、入れるのはもっと苦労したとEくんの談

足回りの組み付けは続きます。

Img_0726

今回、元々付いていたのはビルシュタイン+アイバッハの定番サスですが、166についてはそもそもがローダウンされているようなスタイルのクルマなので、純正に戻します。

部品は毎度おなじみtoy toy toyさんで都合しました。
ちなみにフロントサスは誤った組み方で再利用が出来ないためにそっくり交換します。

Img_0727

ショックアブソーバーはモンローのリフレックスです。

初めて試しますが、ビルシュタインからはダウングレードをイメージさせますが、いやいやどーして評判良いですよ。逆に僕のクルマでの記事にもありますとおり、性能はいいですがどうしても乗り心地が犠牲になります。

Img_0731


Img_0732

しかし・・・ ココまで来て問題が発生。

166はヘッドライトがいわゆるアダプティブ・ヘッドライトで、自分で斜行の状況を見ながら照射一を最適化します。その為に車高を計るセンサーが付きます。
ところが、新調したロアアームには取り付け穴がありません。

再びサスペンションをばらして加工が必要です。

Img_0734

なんてこった!

Img_0742_2

囲んだ部分に取り付け穴があって、センサーのボルトが突き抜けてナットで止まるのですが

Img_0743

何も無くつるんとしています。さすが社外品。困っちゃうんだよねぇ そーゆーことされちゃあ。

しょうがないので加工します。

Img_0748

台座部分を溶接します

Img_0752

亜鉛を塗って出来上がり。

Img_0754

シャシブラックで塗られて

Img_0755

Img_0756

Img_0757


Img_0758


Img_0759

フロントアップライトが完成しました。

完成が一歩一歩近づいています。

« みなさん大好きタイヤのハナシ。 | トップページ | 保険会社のレッカー »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/63372312

この記事へのトラックバック一覧です: 進む166の整備 フロントサスペンション編:

« みなさん大好きタイヤのハナシ。 | トップページ | 保険会社のレッカー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ