« 高齢化が進むヘビーメタル業界 | トップページ | 壊れストーリーは突然に »

2016年2月 1日 (月)

スタークラフトの外装修理

Dsc00089

さて先日お買い上げいただいたアストロ ラブホテル「スタークラフト」。

Dsc00457

外装の瑕疵はあまりない車両でしたが、プラスチックの部品はあちこちバキバキ割れています

国内には新品のパネルは期待できませんし、そもそも国内売りは高額すぎて、予算が限られている中古車の補修には使えません。

そこで、端から修理で対応します。ラブホテルの改装やいかに?

Dsc00091

ことごとく割れたりひびが入っていますので、まずはボンドで接着します。

Dsc00093

この黒い帯の下にビスが入っています。下側はブラインドリベットで止めてあります。パッと見、黒い帯はプラスチック製に見えますが、実はゴムなんです。

Dsc00500

割れて無くなってしまったしまった部分にはパッチをはります。
子供用の下敷きがちょうどいいです。適度にやわらかく、適度に張りがあります

Dsc00502

こんな具合。昔ならFRPで補修するところですが作業者の負担を考えると最近はこのエポキシ系のボンドが非常に効果的です。

Dsc00508

しかも1-2分で乾きますし、IRであぶれば5分もかからずかっちかち。

Dsc00512

Dsc00510

他のところも同様に行います

Dsc00513

あとはパテ。

Dsc00514

フロントバンパーのフォグランプ回りも大変な事になっています。
このバンパー、標準のバンパーの上からスタークラフトのバンパーカバーをかぶせてある手法です。
90年代、メルセデスにAMGやロリンザーなどエアロが流行ったものですが、同じ手法で、さらにご丁寧にガッチリ糊付けされて取れません。

そこで、ひびを追いかける為にバンパーの一部を切り取ります

Dsc00515

Dsc00517

よーく足付けしたら?

Dsc00518

糊付けします。

あとはパテによる整形あるのみ。

« 高齢化が進むヘビーメタル業界 | トップページ | 壊れストーリーは突然に »

アメリカ車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタークラフトの外装修理:

« 高齢化が進むヘビーメタル業界 | トップページ | 壊れストーリーは突然に »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ