« アルファロメオ147GTA セレアクチュエーターユニットの交換 | トップページ | アルファロメオ166 エアコン準備~取り付け »

2016年2月19日 (金)

ベントレー コンチネンタルGT 故障診断

先日、仲の良いユーロエンジニアリングの粕谷さんから、ベントレーに診断機かけられるか?のオファーがあったので、行って来ました

Dsc00292

Dsc00281

早速、診断機を繋いでみると。

Dsc00282

バッチリ。ランチもなかなかやりますねえ。

Dsc09528

Dsc09522

チェックエンジンの原因はこちらかな?

Dsc00293

VW傘下に入ってのベントレーなので、例のハスの花みたいなシリンダーブロックです。
片側のバンクが侠角V型6気筒で、それをさらに2つ連結させたような仕組みのV12エンジンです。

Dsc00294

しかしなんと言うエンジンルームでしょう。まったくスキマがありません。
昨年販売したアルナージもまるでスキマがありませんでしたね


Dsc09520

調度品はさすがです。

Dsc09521

ブライトリングとは・・・? 好きな人には価値がわかるのでしょうでしょうが

Dsc09523

ところで、このメーターパネル。グループ会社とはいえ、トゥアレグにそっくり

Img_0227


Img_0232

メーターパネルの画像がないので、ネットで拾ってみると

0011

↑トゥアレグ↓ベントレーコンチ

Dsc09524

ウォーニングや文字の雰囲気がそっくりです。

正直なところアルナージとはずいぶん違う印象を受けました。

以前、長さんがベントレーのその時期の話を詳しくしてくれましたが、なるほど、コンチネンタルGTは一気にワーゲン寄りになってしまうのですね。

« アルファロメオ147GTA セレアクチュエーターユニットの交換 | トップページ | アルファロメオ166 エアコン準備~取り付け »

イギリスのクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベントレー コンチネンタルGT 故障診断:

« アルファロメオ147GTA セレアクチュエーターユニットの交換 | トップページ | アルファロメオ166 エアコン準備~取り付け »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ