« マイナンバー | トップページ | 面白動画特集 »

2016年2月24日 (水)

4輪アライメントその前に

集中審議中の赤い166。今回はショックアブソーバー。
ビルシュタインは結構なのですが、取り付けがヒドイ。

何から何まで何かしらの整備ミス(ワザと?)が出てきます。

Img_0220

ストラットを良~く見ると。

Img_0220_2

なんとスタビライザーブラケットが溶接してあります!
なんちゅーことを・・・・



12123

9番のブラケット。スタビリンクが取り付けられる重要な部品です。
しかし国内在庫はもちろんありません。

Dsc09645

サンダーで削り救出します。しかしこんな事やるか~sign02

Dsc09644

無理やりブラケットを外しますとボルトが溶接してありましたね。

Dsc09646

もう削り始めています。

Dsc09647

ひっでえーなぁー。

Dsc09648

削る~note

Dsc09650

削る~note

Dsc09651

削る~punch

Dsc09652

削る~rock


Dsc09657

ドリルでもむ~もむ~annoy

Dsc09658

こうしてスタビリンクブラケットを救出するのでした~

実は反対のストラットも

Img_0222

アッパーマウントの位置が違うにも関わらず無理やり取り付けてありました。
作業者はストラットのフォークがナックルに直接取り付けて一緒に回るとでも思ったのか、アッパーマウントの位置を考えずに取り付けて、いざ組んでいくとナックルに取り付かずロアアームに取り付けると。しかしアッパーマウントの位置が適正でない為に、車体中心線と垂直にあるロアアームの取り付けにはズレが発生します。
再び外して作業するのは面倒だから、バールみたいな物で無理やりまっすぐの位置にしてロアアームにボルトを挿した。
いわゆる「やっつけ仕事」です。

ねじれたまま取り付けられたストラットは歪んで完全に痛んでいます。
4輪アライメントなんて問題になりません、なにしろ間違えて組まれているのですから。

4輪アライメントなんてものは一番最後にやる答え合わせのようなものです。
一般の方で、アライメント、アライメントと仰る方が大勢いますが、皆さんご存知のキャンバーやキャスター、トータルトーはそんなに問題になりません。

正しいフレームにクロスメンバーの位置、そしてそれに取り付けられる部品。
そこには正しいアライメントに自動的になるようになります。
必要なのは微調整と左右の均衡です。

すなわちSAIが正しい時に、キャンバーのズレ小、インクルーテッド角のズレ大、そしてセットバックに少しズレが生じている状態、ナックルやハブを疑わなければなりませんが、それらは正しい取り付けが大前提です。足回りの整備は経験豊富な整備工場で行ってもらうのが良いでしょうね。

« マイナンバー | トップページ | 面白動画特集 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/63259800

この記事へのトラックバック一覧です: 4輪アライメントその前に:

« マイナンバー | トップページ | 面白動画特集 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ