« 跳ね馬って本当はどうなの? | トップページ | どこかで誰かが »

2016年1月16日 (土)

跳ね馬って本当はどうなの?その2

ルーフライニング修理のフェラーリ

Dsc00260_2

内装がタレてふわふわしている感じが見て取れます。

どんどん外していきます。

Dsc00262_2

ルーフライニングは左右2分割で、ライニングの取り出しはすごく楽です

パーツリストで確認済みです。

456m_111_2

ランチアのときなどは大変で工夫しないとなかなか出てきません。むるに曲げて出してくるとライニングの芯がダメになります。
バックゲートが開閉するような車種は簡単ですが、セダンで一枚ものは出すだけでも一苦労です

Dsc00264

真ん中の四角い部分は前側のボルト1本で止まっていて、あとは後ろ側にずらして外します

Dsc00265_3

前側は途中から黒いトリムに縫い合わされているので、Aピラーカバーも黒です

Dsc00270_2

外す前に良く見ると極小ビスがありました


Dsc00268_2

気づかずにこじると簡単に壊れます。フェラーリは手加減なく価格設定されているので、金額も結構な額になることが多々あります。気をつけなきゃいけません。

Dsc00277_2

ここにも不可解なビスが

Dsc00276_2

なんとボルト穴が無く鉄板ビス1本が中途半端に入っています。
ビスはフィアット/アルファでよく見るタイプだったので最初からかもしれません
Dsc00278_2

基本的に殆ど穴+ナッターで立て込みのパターンがほとんどで、手作り感満載です

Dsc00279_2

ルーフライニングにもスペーサーが・・・

Dsc00281_2

やっとこさライニングがはずれました。すごいカタチだわ、2色だわで、とてもルーフライニングに見えません。
Dsc00284

トリムボードはPPともABSとも言えるような部品ですが、真ん中に型に樹脂を流した3cmくらいの穴を消した跡があります。そのパッドに革を直接貼っています。革も厚くペラペラな国産車の革+スポンジとは相当違います。

Dsc00290_2

こうなってしまうと新車時3000万円のクルマも、フェアレディZもあまり変わらないようにも見えます。

Dsc00321_2

今回も自分の手で直そうと思っていました、修理の焦点ははがした革の再利用が可能かどうかでした。革はドライヤーであぶるかとかですねが、こうして見るとあまりにすごいカタチだし、2色だし、とても自分の手に負えそうにありません。リスクが高すぎます。

今回は専門家の手を借りましょう。

Dsc00325

そうこうしていたら、トータルリペア輝々の林さんがホイールリペアのためにタイヤを取りに来てくれました。

Dsc00285_2

タイヤのでかいこと。一人で持ち上げると腰がいたいです。

Dsc00287_2

今回はキズのリペアと色の塗り替えです。

ああ、今回も相当高額な修理になりそう。
なにしろ、内装を担当してもらうのはかなりスペシャルな評判のお店ですし...

« 跳ね馬って本当はどうなの? | トップページ | どこかで誰かが »

フェラーリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 跳ね馬って本当はどうなの?その2:

« 跳ね馬って本当はどうなの? | トップページ | どこかで誰かが »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ