無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« アルファロメオ147GTA セレスピード修理 | トップページ | アルファロメオV6のエンジン単体整備 »

2016年1月23日 (土)

アルファロメオ147GTA セレスピードの修理 その2

昨日、アキムレーターを交換した147
全ての部品を戻して、試乗を繰り返します。

飯能のEくんのところまで片道12kmを往復。調子いい事この上ない

完全になおりました!
再度セレオイルの量も確認します。ぴったりMAXです。

Dsc00416

昨日の帰りにオーバーフローチューブにビニール袋をつけて吐き出すセレオイルの量も確認しましたがオーバーフローする量はゼロです。

いよいよ洗車して納車です。オーナーさんの喜ぶ顔が浮かびます。

納車さきまでは約10km 道中混みます。
CITYモードで走ったり、パドルやシフトでアップダウンを繰り返します。

やがて、納車先も近くなった頃なんとなく変速の音やタイミングに少し違和感があるような・・・

念のためクルマを脇に寄せて、ギアシフトをリバースに入れたりNにしたり動かしますが全く問題はありません。
「気のせいか?・・・・」
再び納車への道をひた走ります

まもなくオーナーさんの駐車場に到着。オーナーさん自ら駐車場にお出迎え。
オーナーさんの顔には満面の笑み。

駐車位置に置くため車両の鼻をまげてバックで駐車場に入ろうとした瞬間。

リバースに入らなくなりました

ブレーキを踏んでいないかも? 今一度Rに入れようとすると今度は

Selespeed system failuerが点灯

なんと一瞬にして天国から地獄!
なんとオーナーさんを前に、直したはずのクルマの症状が再発。

なんでこーなるの?

E47e74eaf15e1397c0e571b32936d8ae

工場に悲しみのナッツリターンです。

Dsc00419

入庫の際の症状は冷間では大丈夫だったのが、温感になると、ギアチェンジがかなり困難になり、最後は最終のギアから抜けなくなってしまった感じ。

今回は帰りも変速に不安はなく、動きにどこかレスポンスが悪いような気がする感じです。

どうやらふたつの故障を同時期に抱えていたのか信じられない顛末です。

早速工場で診断機をかけます

まずはキャリブレーションをかけてみます

Dsc00422

こんな感じになります。なにか信号が足りないようで、クラッチを動かしている時は問題ないのですが、変速のソレノイドを動かす時に発生するようです。

キャリブレーションははR-N-1-2-3-4-5-6-5-4-3-2-1-Rとソレノイドを動設定するのですが、うまく行かないときが度々あります。どうやらこのあたりに原因が隠れているように思います。

海外のフォーラムを覗いたりしましたが一番参考になりそうなのはこちらでした。

 

The gearbox check control unit diagnosis, after ascertaining a fault takes action regarding the down-grade functioning. This data is indicated referring to the faulty component, in the table below:

FAULTY COMPONENTFault warning lightDOWN GRADING
Gear engagement solenoid valves (proportional) On Gear shift acceptance locked, gear engagement excluding idle (N) (vehicle stationary)
Gear selection solenoid valve (ON/OFF) On Gear shift acceptance locked, gear engagement excluding idle (vehicle stationary)
Engagement and selection position sensors On Long time for gear shift.
Rev sensors: engine, gear input and gear output (car speed) On Gear shift acceptance limited to 1, 2, R, N
Oil pressure sensor On Electric pump control in open-loop
Gear request lever switches On Switching in automatic mode “CITY”, cannot engage R
Buttons on steering wheel switches On Does not accept commands from steering wheel
Clutch solenoid valve (proportional) On Clutch control lock, automatic shift to idle (N) (vehicle stationary)
Clutch position sensor On Clutch control lock, automatic shift to idle (N) (vehicle stationary)
Pump relay control On Vehicle stationary
Buzzer control On Continual functioning
Start enable relay control On Gear shift acceptance limitation for 1, 2, R, N
Brake status switch On With engine off does not accept gear change, engine only starts with gear in idle (N)
Message transmission CAN line On C.C.M. does not check torque with city disabled
Message receiving CAN line On Gear shift acceptance limitation for 1, 2, R, N C.C.M. does not check torque
CFC 208F microprocessor On Gear shift acceptance limitation for 1, 2, R, N
Control unit CFC 208F earth On Total system lock
CFC 208F memory On Gear shift acceptance limitation for 1, 2, R, N
Display serial line control On Gear engaged not displayed
Accumulator discharged On No recovery
Pump relay glued On No recovery
Accelerator pedal On 1, 2, R, N engagement indication not valid and limitation of engine revs.

 

赤字のものが近いかなあ?

このシステムはトラブルが多いなあ・・・・・
また、トラブルシュートを最初からやり直さないと(。>0<。)

« アルファロメオ147GTA セレスピード修理 | トップページ | アルファロメオV6のエンジン単体整備 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/63110461

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ147GTA セレスピードの修理 その2:

« アルファロメオ147GTA セレスピード修理 | トップページ | アルファロメオV6のエンジン単体整備 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30