« アルファロメオ166の鈑金修理 塗装の準備 | トップページ | 新たなる166 »

2015年12月20日 (日)

電装のトラブルの元凶では?

さて、自動車の電気的故障はみなさんも経験が多いのではないでしょうか?

その多くの原因がリレーだったりします。

リレーは小さな電力で大きな電力を制御する用途に使うケースが殆どで、大昔からある大変優れた電子部品です。
一方、大きな電流を引き受ける為に接点が焼けたり、スイッチングをコイルで磁力化して動かしているために、内部の断線により故障したりします。

これは自動車に限らず家電でもよく故障します。

どこのご家庭にもあるホットカーペット。スイッチを入れると「カチッ」と音がします。
サーモスイッチの働きで、スイッチがオンでもカチッと音がすることがあります。

これらは主に4極のリレーで制御されるケースが多いです。

Dsc08270

以前、古いフォルクワーゲンビートルで、ACCやディマー電源を作った時の画像です。

こちらは簡単な原理で、キーを廻して通電する配線を捜し出して、それを信号線とします。
続いて、バッテリーから直接12Vを引いてリレーで信号線を使って制御させれば出来上がり。電圧はどちらも12Vですが、電流値は最大10Aくらいを意識した配線です。

家電の場合はいろいろあります。
多くは5Vで制御して、100Vを動かしたり、12Vで制御したりするケースが殆どです。
ちなみウチのホットカーペットが壊れた時は、なんと100V制御で100Vを動かす回路で、リレーもなかなか手に入らず、苦労した覚えがあります。

ちなみに家電ではオムロンのリレーが大活躍です。
最近は急速にトランジスタに置き換えられて来ていますが、同じ家電でも安いモデルにはまだまだリレーが現役です。つまりハイエンド機種などはトランジスタが同じような仕事を引き受けていたりするのです。

でももう1ステップ上げると、途端に用途がわかりにくくなります。

Dsc09891

おなじみボッシュの30A5極リレー。

Dsc09887

4極の場合は分かりやすくON/OFFで通電してその先のモーターなりライトが仕事をするのですが、5極の場合はON/OFFに違いはないのですが最初から通電状態に使われる事が多いです。

Dsc09888

85-86間をON/OFFの制御に使い、87が2つありましてそれぞれ動かしたい装置だったとし、30に電源と考えます。

30は2つの87のいずれかに常に12Vを供給していて85-86間に通電させることにより2つの87を使い分けます。主にライトやエアコンなど回路を使い分けて作動させるような使い方が一般的です。

で、点検方法ですが4極リレーなら、リレーを抜いた所の30-87間に直接12Vを流して、その先の物が作動をすればリレーの問題。 
逆にリレーの30-87間にテスターをつけて、抵抗を測るモードで、85に+、86に-をつけて抵抗値が0になればリレーはOK、抵抗値が無限のままであればリレーの故障となります。

では5極の場合はどうでしょう?

Dsc098901

抜いたリレーボードの30とそれぞれの87に直接12Vを流して、その先の装置が作動すればリレーの故障。

リレーの点検は30にテスターの片方を、このときもテスターは抵抗値を測るモードで、87のどちらか抵抗値が0になる方にもう片方のテスターリードをつけて85-86間に12Vを流します。その時にそれまで0だった抵抗値が無限になりもう片方の87の抵抗値が0になればリレーは正常となります。

当たり前ですが4極、5極どちらの場合でも、どちらも正常ならその先の装置の故障となります。
でもこれらはちょっと古いクルマの仕組みで、今のクルマの多くはボディコンピューターがトランジスタを5Vで制御し、スイッチ信号をCAN通信でコントロールし、リレーの数は減ったように思います。
それゆえ明らかに故障が減ったようです。

故障が減ること自体はユーザーにとってうれしいことですが、僕らにとっては・・・・

« アルファロメオ166の鈑金修理 塗装の準備 | トップページ | 新たなる166 »

コメント

ボッシュ5極エアコンクラッチリレーの代わりに、エイモン、
又は下記の物は使用できますか?

ご回答、よろしくお願いいたします。 小林

5極リレー 5個 BOSCH SR-3 1246互換 14AWG :99:HIDとLEDルームランプ 車用品のfpj - 通販 - Yahoo!ショッピング
https://store.shopping.yahoo.co.jp/finepartsjapan/99.html

ボッシュ5極エアコンクラッチリレーの代わりに、エイモン、
又は下記の物は使用できますか?

ご回答、よろしくお願いいたします。 小林

5極リレー 5個 BOSCH SR-3 1246互換 14AWG :99:HIDとLEDルームランプ 車用品のfpj - 通販 - Yahoo!ショッピング
https://store.shopping.yahoo.co.jp/finepartsjapan/99.html

たぶん付きますよ としか言いようが無いと言うか・・・
たぶん付きませんよ としか言いようが無いと言うか・・・

車のエアコン故障につてお聞きします。最近エアコンスイッチをONにしても冷風が出ません。自分で考えられる範囲でチエックしたのは、エアコンのファンは回っていますがクラッチが回っていません。そこでコンプレッサーに直接12Vを繋いで見るとクラッチは動きます。どうもコンプレッサーに通電が無いみたいです。リレーを疑って貴殿の点検方法でテストして見ましたが、異状無いようです。それからエアコンON状態でしばらく走っていますと作動することがあります。一度作動するとそのまま作動が続きます。その後エンジンOFFにして再度エンジンをかけるとエアコンは作動しません。現状このような状態ですがどこの不具合が考えられるでしょうか。
車両はbmwz3(m52) 2000/7 6500kmです。新車で乗っていますがあまり走行していません。エアコン使用して走行することは余りありません。その事も影響しますか。
以上まとまりの無い文面ですが、お時間の空いたときに回答頂けたら幸いです  

飯島 美行さん
こんばんわ、ブログをご覧いただきありがとうございます。
いただいた情報だけでは少なすぎて、不具合の条件は複数出ます。
まず、ゲージを取り付けてガスの圧力を見ないと、予想しかできません。
症状からはガス量の不足がくさいですが、こればかりは何とも言えません。
お近くでしたら点検も可能です。お気軽にどうぞ。

リレーとの関係は分からないのですが御教授できればと思いメールします
車はオートバイでハーレーダビッドソン1985年初年度登録のFLHT改側車付です
エンジンキーをオンにしてもニュートラルランプ等メーターパネルの電源がダウンしています
(バッテリーは問題ありません)
セルスイッチは稼働出来エンジンはかかります
何が原因でメーターパネル等の電源が入らないのか思い当たる要因を教えて頂ければ幸いです
よろしくお願いいたします

中根一顕さま
ブログをご覧いただき、またメッセージまでいただき本当にありがとうございます。
85年のFLH世界で一番かっこいいハーレーです。子供の頃友達の家の近くにFLH1200をガレージに置いている人がいてあこがれたものです。

話が逸れましたが、メーター電源のダウンとは残念ですね。しかしそれは配線を追いかけるしか方法はありません。抵抗値を測れるアナログテスターで導通を見る以外方法はありません。
ただ勘所としてはその時代の物は、1本バッテリーから直通でそこそこ太い配線が入っていると思います。メーターのリレーが特定できれば終わったも同然かと。他の配線よりわずかに太い配線を探して、それを追いかけてください。すると最終的にリレーにたどり着きませんか? メーターに入る配線を調べて1本づつ解読するのでも良いと思います。
また何かありましたら引き続きお気軽にお問い合わせください。
もしくはmpi@mua.biglobe.ne.jpに直接メールいただいても構いません
今期のいる仕事ですが、僕らはいつもそういった作業をこなして工賃を得ています。こんな時期ですから是非チャレンジしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電装のトラブルの元凶では?:

« アルファロメオ166の鈑金修理 塗装の準備 | トップページ | 新たなる166 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ