« アルファロメオ166 部品が欠品? | トップページ | 成約御礼 スバルレガシィツーリングワゴン »

2015年12月 8日 (火)

アコードの修理 Aピラーの小修正

修理作業中のアコード。相手車両からの強い入力で、フェンダーから後ろが強く歪んでいます。

Dsc09621

ドアやフェンダーを外すとピラーポストにもドアヒンジを介して影響がありました。

Dsc09683

ピラーアウターと呼ばれるパネルです

Dsc09684_2

下側のヒンジには強い入力の跡があります。

Dsc09687
Dsc09687_2

ボルトの取り付け位置はさほどでもありませんが、テコでヒンジの後ろ側がパネルを強く押し込んでいます(黄色矢印)

Dsc09707

チェーンプラーで引き出します。
チェーンの向きは関係ありません。

Dsc09710

引き出したいヒンジの後ろ側はついてきません。そこでヒンジを直接溶接して引き作業をします

Dsc09713

このパネルは非常に硬い、超高張力鋼板を使っているために大変硬いです。
バチバチに引っ張ってやっとある程度出て来ました。

Dsc09711

それでも出足りない部分があります。

Dsc09714

ようし溶接機で肉盛りしてしまえ

Dsc09716

これでどうだ


Dsc09718

平らになりました。あとは仮組みして仕上げます。
後ろ側も同じく作業しました

Dsc09690


本日フェラーリの整備が終わり、やっと赤いアルファロメオの整備に入ります。

Dsc00260

予定より大幅に遅れ、関係各位には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
全力で作業しますので今しばらくお待ちください。

« アルファロメオ166 部品が欠品? | トップページ | 成約御礼 スバルレガシィツーリングワゴン »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アコードの修理 Aピラーの小修正:

« アルファロメオ166 部品が欠品? | トップページ | 成約御礼 スバルレガシィツーリングワゴン »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ