« 新たなる166 | トップページ | ブリジストンのスタッドレスタイヤ »

2015年12月22日 (火)

先生、やっぱ3コートは大変っす

作業中のアルファロメオ166

やっと塗装作業です。
ヌヴォラブルーと呼ばれる塗装色で、世に言う3コート塗装です。

一般的に、3コート塗装といえば、グランドカラーにソリッドの白
ベースカラーに透明度のあるパール塗料、そしてクリアーを塗装し下色の具合を2コート目ですかして色彩を楽しむ3ステージ仕上げ

でも今回のヌヴォラは、一般的な3コートと違い、1色目には2色目の隠ぺい力不足をカバーさせる目的で塗装する方式です。

Dsc00006

Dsc00009

なにしろこの塗料の90%が干渉パールと呼ばれる直接 塗装色に関係ある色なので、隠ぺい力はまるでありません。その分、すさまじいイエローパールがふわっと浮き出て何色なのかと思ってしまうほどのマジックカラーです。真正面から見るのと斜めから見るのと色の差があるのをフリップ・フロップ現象と呼ばれます。どの色にも少なからずあるんですが、ここまで強烈なのはなかなかありません。

そこで1色目は近似色

Dsc00004


Dsc00005

ここからは、このグランドカラーにベースのパールカラーを一定量混ぜて塗装します。
目安は1:1くらいか? 

Dsc00012

Dsc00013

まだまるで色差があります。
続いて、残りの塗料にさらにパールを混ぜて、序所にパールの量を多くします。

Dsc00018

Dsc00017

さらにパールを足します、また今までよりも外側で序所に塗装範囲も広げます。

Dsc00018_2


Dsc00019

さらにさらに残った塗料にパールを足していきます

Dsc00025


Dsc00026

だんだん馴染んできました。ベースカラーの塗装色はもう全く見えなくなってきました。

Dsc00028


Dsc00029

ああ、しんどい。もう殆どがパール塗料です。
この塗装はニゴリ吹きと呼ばれる技法です。

ここまで来たら、パールだけの塗料を塗装します。

Dsc00022


Dsc00041

Dsc00042

もうほとんど、どこまで塗装したか分からなくなります。

クリアーを塗ったらできあがり~♪

Dsc00043

と、思いましたが・・・・

写真では分かり辛いのですが、な~んかもうひとつパールの目が気に喰わない

Dsc00044

Dsc00047

う~ん、う~ん、塗り直しです。
何か納得できません

Dsc00050

再び塗料を作りなおして、泣きの再塗装です。

Dsc00051

Dsc00052

Dsc00053

今度は良しとしましょう。
どうせやるなら納得できるまで仕事しましょう!
明日からは組み付けです。
週末に間に合うよう納車したいなあ・・・・

« 新たなる166 | トップページ | ブリジストンのスタッドレスタイヤ »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/62920171

この記事へのトラックバック一覧です: 先生、やっぱ3コートは大変っす:

« 新たなる166 | トップページ | ブリジストンのスタッドレスタイヤ »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ