« ディスクユニオン立川に行きました | トップページ | アコードの修理 Aピラーの小修正 »

2015年12月 7日 (月)

アルファロメオ166 部品が欠品?

外装修理のアルファロメオ166。なんと言っても心配なのは部品です
166に限らず、ちょっと古いアルファロメオは国内の部品が欠品することが多々あります。

外装は特に専用部品が多いために、欠品することが多く最初に手に入らなくなる事が多いのも特徴です。

Dsc09617

作業を行う前に真っ先に部品の国内在庫を調べます。
案の定、モール、サイドスカート、ホイールと全て在庫が日本にありません。

特に問題はサイドスカートパネル

Dsc09586

下側のロッカーパネルカバー、すなわちサイドスカートパネルです

プラスチックの部品にメッキのモールがくっついています

1


部品図の通り、パネル、ボルトクリップ以外に部品供給は無いようです。
おまけに部品の供給は終了していて手に入りません。

そこで中古部品を探しますがこちらも絶望的。
毎度おなじみトイトイトイに問い合わせると、本体はダメだがモールは無事な部品があると。

一縷の望みをかけて取り寄せます。

Dsc09680

なんとモールには今尚、メッキを保護するビニールがついています。

Dsc09679

当初、両面テープでくっついているだろうと思い、塗装室で70℃まで上げてヘラを差し込みます。

上の写真のようにクリップがうまく外れればこっちのものです

反対側、つまりパネルの内側を良く見ると小さなクリップで止まっています。
Dsc09678

これを押し込んで、ゆっくりとモールを外していきます。
ここを焦るとモールが曲がったり、歪んだりするので慎重に力を入れていきます。

Dsc09681

外れました。クリップをモールから外します。


Dsc09682

かなりキレイな状態です。まずひとつクリアしました。

« ディスクユニオン立川に行きました | トップページ | アコードの修理 Aピラーの小修正 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/62826958

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオ166 部品が欠品?:

« ディスクユニオン立川に行きました | トップページ | アコードの修理 Aピラーの小修正 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ