« ヨーロッパ車の修理と車検整備 | トップページ | SATA Spraygun »

2015年11月 2日 (月)

マセラティクアトロポルテ・オットーチリンダリのドア開閉コントロール

Dsc09929

世にも美しいマセラティクアトロポルテ

度々登場するエボV8ととはほんの少し違うのですよ

Dsc05735

Dsc09931

走りは暴力的、その一言に尽きます。


Dsc09934

ブルーの外装、ブルーの内装。マセラティらしいです。

Dsc09935

今回は内装を外してドアが外から開かない原因を修理します

Dsc09936

リフレクターが少々くたびれているようですね


Dsc09937

エスカッションも少々違う様子。エスカッションは皮だけ外れます。
まるで、日産車のように(うわー脱着の大ヒント)

Dsc09938

こちらもウッドのトリムだけ外れてしまいましたが、本当はスイッチごと外れるのかしら??
ここはエボと違うところ。奥の6mmだか5mmのヘックスボルトが見えます。
抜くにはスイッチがジャマじゃん

Dsc09940

Dsc09941

ビスは全てリフレクターやランプの下に隠されている古典的な方法です

Dsc09942

意外に簡単に外れます。


Dsc09943

ウォータープルーフシールを剥がすと、中にももう一枚ビニールがあります。
いつものパターンです。


Dsc09944

アウターハンドルを動かしてなぜロックを開閉できないのか点検します。
ドアハンドルを引いても、十分な作動長を得られず、開かないようです。
ドアラッチそのものも多少磨耗しているかもしれませんが、アウターハンドルをもっと動くように加工します

丁寧に中のビニールを外してドアロックからリンクロッドを外します。

Dsc09945

アウターハンドルが外れました。

このクルマの開閉の仕組みは
Dsc09979

Dsc09980
アウターハンドルを引くと、赤○の部分が人差し指で押さえている部分を黒矢印の方向に押し上げリンクロッドを動かします。

角度を変えて
Dsc09983

ドアハンドルを引くと一番右の矢印方向に動き、黒い部品を押し上げますが、黄色い矢印のロッドの入る部分が磨耗するのか、満足にドアロックを動かせません。

かくなるはリンクの部分に加工を加えるようですね。

詳しくは、また次回

« ヨーロッパ車の修理と車検整備 | トップページ | SATA Spraygun »

マセラティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ヨーロッパ車の修理と車検整備 | トップページ | SATA Spraygun »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ