« SATAのスプレーガン | トップページ | ケバブ食べませんか? »

2015年11月10日 (火)

レンジローバースポーツの修理 続き

Dsc00157

続くレンジスポーツの修理、

フロントバンパーを外すのも、資料が無いからなかなか大変。
後に続く板金屋さんの為に、今回はバンパーの取り外しを検証します

先ずはラジエターグリルを外します、上側はクリップですが、下側は嵌合です。
ちょっと硬いですが、しっかり引けば外れます。

Dsc00164

グリルを外すと、黄色い○で囲んだところとライトの近くに2つの計4本のビスを外します
下側にも数本のボルトがあります

さらに黄色い矢印の部分。これが実は牽引フックのカバーでありまして、これを後ろ側のクリップを10円玉でひねると外れますから、あとは引っ張れば取れます。
この下にボルト2個があります。黒い素地に黒いボルトでわかりづらいです

横側はフェンダーライナーを外さないとアクセスできません

Dsc00162

ライナーもでかい、前後2分割です。

Dsc00159

クルマ自体が徹底的にアルミを使っているので、磁石付きのライトが全くくっつきません。イライラします。


Dsc00161

フェンダーとの境目はやはりボルトが入ってます。
ところが、これがかなり曲者で、何でこんな構造にするのかナゾなのです

矢印のでっぱり部分がジャマしてまっすぐボルトにたどり着けません。手前はスパナ系で、奥はこれもまっすぐ工具が入らない上に、スパンがいくらもないので、首振りのショートソケットかユニバーサルソケットが良いと思います。

Dsc00165

右にウオッシャーのライン、左下側に集中ソケット

Dsc00166

だんだんバラバラになって来ました。

Dsc00176

ジャッキは下側から見てアルミ地のアンダーカバー両横のメンバーにしっかりした木っ端を挟んであげています。
いわゆるジャッキポイントの部分はドアを開けると飛び出てくる電動ステップがあるので、ジャッキやリフトをかけて良いものか迷います。とんでもないクルマですね

« SATAのスプレーガン | トップページ | ケバブ食べませんか? »

イギリスのクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンジローバースポーツの修理 続き:

« SATAのスプレーガン | トップページ | ケバブ食べませんか? »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ