« センサー類の交換 | トップページ | 憎き税金の巻 »

2015年11月27日 (金)

ルノーのパワーウインドウ修理とナビゲーション修理の話

先日からお預かりしているルノーセニック

Dsc09516

パワーウインドウの修理です

Dsc09517

脱着方法はコチラをクリック。

Dsc09526

これまた変わったカタチでして

しかもドアから出ないし、入りにくい。

Dsc09528

よく見るとコントロールロッド(赤色)がスライダー(緑色)を無視して上側に突き抜けています。つまりスライダは動かずロッドだけが動いている状況。
これではガラスは動きません

Dsc09527

サクサク交換します

これらは10ミリ(対面幅)のナット3個で留まっています
ブラインドリベットの出番はありません

ところで、今日、在庫のバルケッタを見たいとの問い合わせがあり、取り急ぎ洗車など準備を進めていると

Dsc09529

すぐ近い所までいらしていたのに、分からないようで、結局来店することはありませんでした。ナビで来ると言っていましたが

若い女性でも道案内なしで来れたのにそんなに難しいかなあ?
この辺は変に入り組んでいるので、曲がるところを間違えると、かなり分かり辛くなる所もありますが、来れないとは・・・・まあ、面倒くさくなっちゃったんでしょうね。
どっちみち、この手のクルマはお勧めしませんでしたが。

思えば、カーナビもずいぶん様変わりしましたね。

僕の166にもかなりむちゃくちゃな方法でナビをつけていますが
取り付けたときはまだまだHDDナビ最盛期でした。6年近く前でしたからメモリーナビの出始めだったのかな?もう出回ってかな?

Dscn2834

どこに行くのも早い検索スピードでサクサク。DVDナビなんてかったるくて使ってらんねーよと思っていましたが、今やHDDナビはハイエンドくらいで、殆どがメモリーナビに取って代わりました。

それでも地図データはどんどん古くなっていってしまいます。ですので、最近のナビはたいがい地図更新何回付きとか何年無料なんて抱き合わせで売っています。

それが今や、スマホの性能向上と準天頂衛星「みちびき」の登場により、たまに使うくらいならスマホで十分という時代になってしまいました。

なにしろ常に最新の地図ですから、先日の圏央道開通だって普通に道案内に載って来るでしょう。

まあ、エンターテイメント性は難しいですけど。

Dscn2833

ちなみに昨日、2013年製のケンウッドのナビを修理に出したのですが、悪意はありませんが念のため(微かな期待が無いと言えばウソになりますが)販売店の印鑑や購入年月日のない保証書も同梱してメーカーに送りました。

今日、メーカーから連絡があり、故障の説明を受けました。
その後、保証の話になりました。

さて読者のみなさん! ここからが大事なハナシですから参考にしてくださいね。

メーカーの担当氏が言うには、保証書には記載はありませんが、最近のナビは何月何日に初めて通電した日を覚えているそうです。また、走行積算距離も覚えているそうです。
このナビの場合は2013年6月29日ですので、保証修理の対象ではありませんと。

「たまに販売店の印鑑とか偽造した保証書とか送ってくる人とかいるんですよね~」

まあ、気持ちは理解できなくもないですが、いけませんよインチキは。
その手のインチキする方々は割りと浅はかな考えだったりしますからね。

思えば、仲の良い中古車さんからナビつきのクルマが盗まれて、そのクルマが発見された時、警察が一番最初にやったことはナビを外して分解して、どこを走っていたかの解析だそうでしたよ。そして実際にどの変を走っていたかのルートを割り出して・・・
その後は言わずもがな。

« センサー類の交換 | トップページ | 憎き税金の巻 »

一般修理・車検」カテゴリの記事

ルノー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルノーのパワーウインドウ修理とナビゲーション修理の話:

« センサー類の交換 | トップページ | 憎き税金の巻 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ