無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« ランチアランチ2015のおまけ | トップページ | マセラティクアトロポルテ・オットーチリンダリのドア開閉コントロール »

2015年11月 1日 (日)

ヨーロッパ車の修理と車検整備

Dsc09577

先日、足回りからの異音で入庫したアウディA4

Dsc09580

Dsc09581

雰囲気が良いですよねえ。

でも・・・・

Img_0267

Img_0268

今年の冬に左右のドライブシャフトブーツを交換したのに一体何が??

Img_0270

廻らないハブボルト。

Img_0274

Img_0275

欧州車では一般的なインナーシャフトとドライブシャフト本体は別体

Img_0281

外してみると、ビリビリにブーツが破れているのが分かります。
何かを巻き込んでしまったのでしょう。針金とかかなあ?
普通こんな風にはなりません

でも、アウディなど輸入車のリビルトドライブシャフトは、国産車のようには売られていません。メーカーリビルトはなんと仕入れで10万円強です。

そこでMPIではリビルトメーカーに現物のリビルトをしてもらいます

Img_0282

半分の値段で出来ました。

一方、先日納車したフィアット500

Dsc09590

ピラーカバーを交換します。

Dsc09591

メッキモールは別売なんですね。てっきり一体だと思っていましたが。
でもこちらも外さないと取り付けはできません


Dsc09592

モールのゴム部分がポロポロ剥がれて来ていましたので、オーナーから交換のオーダーです

Dsc09594

返しのついたクリップで、パトンとはめるだけ。
最近のフィアットのクリップは国産の物にそっくりです。

そう、外す際に木っ端微塵に割れてしまうのもそっくりです


Dsc09597

メッキモールはそのまま入れるだけですが、そのまま入れるとゴムのシールが折れて入ってしまいます。
そこで、ヘラを入れて折り込まぬようにガイドしながら嵌合させます


Dsc09599


Dsc09600

モールの流れ(一直線なこと)を確認します。

続いては、診断機を接続して、故障コードを探します


Dsc09603


Dsc09604

まったく履歴がありませんでした。


Dsc09605

さらにデュアルロジック(っていうのでOKでしたっけ?)のキャリブレーションをしておきます。

自分で最適化して、クラッチのキスポイントなどをリセットさせます。
走行距離が短いので、行うか迷いましたが一応行いました。

ガチャンガチャンと自分で文字通りロボットのような音をさせて、クルマが自分で調整します。

こうしてオーナーの元に納車されていきました。

« ランチアランチ2015のおまけ | トップページ | マセラティクアトロポルテ・オットーチリンダリのドア開閉コントロール »

アウディ」カテゴリの記事

フィアット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/62594164

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパ車の修理と車検整備:

« ランチアランチ2015のおまけ | トップページ | マセラティクアトロポルテ・オットーチリンダリのドア開閉コントロール »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31