« 新しいガンの性能 | トップページ | コルベット »

2015年11月19日 (木)

レクサスGS350のステアリングホイール交換

レクサスのステアリング交換です。とても簡単ですから、検討中の人は是非トライしてください

Dsc00383

革巻きハンドルがすれてきたので中古のウッドコンビハンドルに交換

何故かこのGSには社外のハンドルの設定が無く、やむなく純正の中古になってしまった顛末が泣かせます

最近のクルマのステアリング交換は全てエアバッグの脱着からスタートします。
だいたい2種類に分かれますが、ひとつは真後ろからビスで直接止まっている方法、
そして、もうひとつは横からボルトで挟むように止まっている方法。
今夏は後者です。

Dsc00384

Dsc00385

ステアリングホイール裏側のカバーを外します。

Dsc00386

するとこのようにトルクスが現れます。

Dsc00387

ビスを取ってしまう前に、ハンドルのセンターを合わせて、バッテリーのマイナス端子を外します。

Dsc00388

エアバックはほとんど例外なくトルクスのボルトで止まっていますから、こんな道具があると便利です

Dsc00389

外しますと、エアバッグのコネクタは少し違う感じのものがほとんどですが、多くはこのようなロックコネクターです

Dsc00391

真ん中のロックを浮かせてコネクターを抜きます

Dsc00392

ここらで、梱包を開けてハンドルのコネクターの形状やピン数を確認します

Dsc00394

確認できたら、ハンドルの取り外しを続行します

Dsc00395

真ん中のナットを緩めます。緩める前にナットとボルトにマーキングしておくとトルクをコントロールしやすいです

Dsc00396

次はプーラーをかけてはずします。

Dsc00397

さよなら古いハンドル

Dsc00398


こんにちは赤ハンドル

Dsc00399

組み付けたら、診断機で点検して、試乗して全部機能を確認したら納車です。

Dsc00400

診断機で設定する事は必要なかったので、バッテリーの接続するタイミングなどを間違えなければ特に必要ないです。なんか撮影している僕が写りこんでいますが昔のブルースデッキンソンみたいですね(笑)

« 新しいガンの性能 | トップページ | コルベット »

国産車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクサスGS350のステアリングホイール交換:

« 新しいガンの性能 | トップページ | コルベット »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ