« ekワゴン ウインドウ修理 | トップページ | え~っ? 車検直後の故障でレッカー »

2015年10月 5日 (月)

トゥアレグのATF交換

先日と言っても少々前になりますが、車検で預かったトゥアレグ。

Img_0269

このときに行方不明になっていたATF交換のファイルが見つかったので、今更ですがアップします。

Img_0333

Img_0334

ZFでもそうですが、何故かATFの交換を隠避する所は多いです
しかし、現実は交換をしないと当然オイルは劣化します

Img_0336

油量を確認するレベルゲージを入れるところすらありません

Img_0337

オイルを出してしまった以上後戻りはできません
オイルパンを外して、フィルターを交換します

真ん中のでかいのがオイルフィルターです

Img_0342

オイルパンには油量調節用のオーバーフローチューブがあります

Img_0344

オイルフィルターを外すとソレノイドのふくらみを見せる電子基盤が見れます

今や、AT本体は大変強くなりATの故障より、このソレノイドを含む電気的故障が多くなりました

Img_0345

Img_0347

新しいフィルターは

Img_0348

よく見るとネットが張っています


Img_0349


Img_0350

フィルターらしい!


Img_0352

パチッと取り付けて


Img_0353

オイルパンはキレイ拭き上げます


当然新品のパッキンを取り付けて

Img_0354


Img_0355

そのままではオイルパンにフルードを入れられないので、このようなアタッチメントを使います。アタッチメントというと聞こえが良いですが、シリコンチューブです。

Img_0357


Img_0362

フルードを圧送します。

Img_0358

Eくん自慢のATFチェンジャー。ATFを入れるだけでなく、排出させたオイルを吸い込んで量を測ることも可能なスグレモノ


Img_0363

.ATFの温度でドレンを締めるタイミングを計ります。
これにてATFの交換は終了

簡単なんだか難しいやらですね。

« ekワゴン ウインドウ修理 | トップページ | え~っ? 車検直後の故障でレッカー »

フォルクスワーゲン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トゥアレグのATF交換:

« ekワゴン ウインドウ修理 | トップページ | え~っ? 車検直後の故障でレッカー »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ