« 進む166の内装修理 No palole from sticky.  | トップページ | ヨーロッパ車の修理と車検整備 »

2015年10月30日 (金)

ランチアランチ2015のおまけ

先日参加したランチアランチの書き切れなかったこと

このイベントで名物らしいランチアタクシー

どういう事かと言うと、貴重なモデルの助手席に乗せてくれるというコーナー

Dsc09722

もちろんこんなクルマも

Dsc09721

Dsc09720


Dsc09729

僕はまずフレミニア・スーパースポーツに乗せていただきました。

Dsc09728

しぶーい そしてアクスルの調子もすこぶる良く、とてもジェントルな走り。
ゴトゴトやカタカタ音などまったくありません

Dsc09719

続いて乗せていただいたのは、ガンマ・スコーピオン
これがまた素晴らしい走りをします。

Dsc09771

しかし皆さん自慢の愛車だけあって、実に良く整備されている感があります。

ここでね、みなさんね、まるで引き馬の上に乗せてもらって手綱を引っ張ってもらうようなチンタラした動態試乗みたく思うでしょ

いやいや、みなさん全開ですよ全開。ひろーい駐車場で軽く100km出すのです。
こんな大事なクルマを何度も何度もアクセル床までですよ

Dsc09727

タクシーは次々きます

Dsc09724

Dsc09725

そして全開

Dsc09722_2

当然水温とか上がり始めちゃうわけですよ。
クラッチとか心配な訳ですよ

最後の一周に乗せていただいたストラトスGr4 本物のレースカーだそうです。
これも全開。これは速かった。さすがレースカー。

Dsc09737


Dsc09715

こんな貴重な文化財を、床までアクセル踏んじゃうわ、クラッチはコンマ何秒しか踏まないわ。まるでウチのせがれがプレステ3のグランツーリスモと同じような、ギア操作をしてくれます。

Dsc09736

こんな貴重な文化財をそんなに乱暴に・・・・
乗ってる僕が、「あぁ、もうそんなにしてくれなくても、もう十分ですから・・・」
と思うほど、景気良く飛ばしてくれました。130kmくらい出てたんじゃないかと思います。

シートはフルバケ。

本当にヘルメット入れるところがあるんですねえ。

貴重な体験でした。

このイベントが終わったのが午後2時すぎ、 途中、お土産を買って圏央道をひた走って
入間ICを3時に出ると

ところざわ自動車教習所で行われる、ところざわクラシックカーフェスティバルに間に合いそうです。取り急ぎ狭山ヶ丘を目指します。

Dsc09782

到着後、もう30分で終わりなので、駆け足で廻らねば

Dsc09783

Dsc09784


Dsc09785

そんな折、お客さんからトラブルの電話がありまして・・・

Dsc09787

Dsc09788


Dsc09789

取り急ぎ、教習所を後にしました。

« 進む166の内装修理 No palole from sticky.  | トップページ | ヨーロッパ車の修理と車検整備 »

ランチア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチアランチ2015のおまけ:

« 進む166の内装修理 No palole from sticky.  | トップページ | ヨーロッパ車の修理と車検整備 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ