« ドアトリムの取り外しの昨今 | トップページ | サンデンSD7V16コンプレッサー »

2015年9月 7日 (月)

成約御礼 ベントレーアルナージR

ちょっと久しぶりの大型契約ですね。

Dsc08829

ベントレー・アルナージ レッドレーベル

6750ccのツインターボです。
いったいどんな加速をするのでしょう?

Dsc08827

美しいリアヴュー。5.4mの巨体は3トンを越える車重です。

Dsc08822

ちょうどメンテナンスポイントで、いろいろ作業が予想されます。

Dsc08823

こんなにデカイクルマなのにギッシリのエンジンルーム

Dsc08824

ブレーキのオペレーションも独特のシステム。

さて・・・・・
さーてさて。

ベントレー? オレには関係ないよ と思いがちですが
一体いくらで売れたの?とかかなり下世話な話は置いといて・・・

問題は買ってからですよ。この手のクルマになると、車検や維持費も大変なのでは?
この日本で、多くのクルマは買う情報はいくらでもありますが、買った後のことは書いてありません。
よく、昔 お昼ごはんを節約してフェラーリを買ったとか、マセラティを買ったなど美談がありますが、買うまでのストーリーは数多くありますが、買った後の話にはあまり焦点があたりません。

日本の最高税率のカテゴリーの排気量、乗用車では滅多にお目にかからない3トン越えの重量税、いくら車両保険がかかり、保険料がいくらになるかの自動車保険とハードルはいろいろありますが、とにかくいったい費用がいくらかかるのか?と言った漠然とした恐怖を、MPIでは可能なかぎり軽減できるよう心がけます。

ベントレーは極端な例として、アルファロメオを初めて買うお客さんも不安がいっぱい。
いやいやメルセデスやBMWだって同じです。

新車で買ってメンテナンスパッケージに入っていれば関係ないかもしれませんが、中古で輸入車を買いたい人に着いてまわるメンテンス。

MPIは修理工場ゆえ、いろいろなカードを切ることができます。

いつかはクラウンと言いながら死んでいった人も多いでしょう。
自分の乗りたいクルマには、ぜひ乗ってください。応援いたしますよ。

« ドアトリムの取り外しの昨今 | トップページ | サンデンSD7V16コンプレッサー »

イギリスのクルマ」カテゴリの記事

コメント

あ~バルケッタ乗りたい。

いい車だけど、なかなか世間体考えて難しいですね、下取りのわりに販売価格は?が一般ですね。 145でも楽しいですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成約御礼 ベントレーアルナージR:

« ドアトリムの取り外しの昨今 | トップページ | サンデンSD7V16コンプレッサー »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ