« ルノーカングー 大掛かりな車検整備 | トップページ | アルファロメオジュリエッタの板金修理 »

2015年9月 4日 (金)

メルセデスのリモコンキー

Dsc08725

作業中のメルセデスW203

このクルマは以前からリモコンキーの調子が悪く、運転席側からカギが開錠できない状態でした

自動車のリモコンキーはおおよそ2種類で、電波式と赤外線式です
メルセデスは赤外線式で、アウトサイドハンドルに受光部があります。

Dsc08793

ところがこの受光部が壊れることがあるみたいで、交換となるとカギがらみになり、取替え作業より、部品手配するのもヤナセでないとできないと思います。

となると所有者の印鑑証明、委任状、免許証のコピーが必要になるかもしれませんし、カギが2本になるので、お金もたくさんかかります

そこで、ひとつ中古の部品を用意して、受光部だけの交換をします

途中画像がないのは試行錯誤していたからです

Dsc08729

完全に分解した画。ここまで分解しないと受光部を外すことはできない仕組み

赤いのが受光部。ここまで分解するのに、ビスは一つも使われおらず、接合はすべてピンで行われていました。
ピンは全てドリルでもんで切り取りました。

Dsc08730

再度、組んでコネクター挿して通電させて異常がないことを確認します

ピンで止まっていた部分にはラジコン用のビスを刺していらない部分はサンダーで削ります

Dsc08731

Dsc08732

カバーを被せれば出来上がり

Dsc08733

Dsc08734

コネクターを刺してもまったく問題なし。
こんな修理技法もありました。











« ルノーカングー 大掛かりな車検整備 | トップページ | アルファロメオジュリエッタの板金修理 »

メルセデス」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい! 参考にさせていただきます。

ぜひ実践してみてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスのリモコンキー:

« ルノーカングー 大掛かりな車検整備 | トップページ | アルファロメオジュリエッタの板金修理 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ