無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

« カングーのその後 | トップページ | こんなのもあるんですね »

2015年9月12日 (土)

アルファロメオジュリエッタ ドア交換

先日より作業中のジュリエッタ。

何もかもがモダンです。

Dsc08883

先日、トリムの脱着を書きましたが、今回はさらにドアの取り外しに関してです
大きなブラインドリベットで止まっていたサービスホールシールと言うよりインナーパネル

まず、このタイプのものはドアガラスを外します。リベットを全てぶっ飛ばすとドアロックのボルトも全て外します。

Dsc08885

ドアのハーネスの縁切りはドアの部分で行います。
これは優れたシステムです。これは確か・・・・・ マツダがこうではなかったかな??

アルファ・フィアットでは昔からこの方法でしたね。コネクタは違いますが、作業者にとってはありがたいシステムです

Dsc08886

なんとドアロックまで着いた状態で外します。これは過去に見ないスタイルですね

Dsc08887

がらーん

Dsc08884

アウターハンドルももはや全世界標準の2つに別れるタイプです

Dsc08893

面白いのがサッシュのウエザーストリップです

Dsc08888

ピラーガーニッシュを外したら

Dsc08890

モールの付いた状態でこちらもごっそり外します。

Emaps


1番がこの部品で、3番のW/Sも両面テープで止まっていますので高官が前提です

Dsc08891

なかなかショートパーツの多く必要なクルマですが、比較的ドア交換はよく考えられています。

Dsc08894

« カングーのその後 | トップページ | こんなのもあるんですね »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/62265569

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオジュリエッタ ドア交換:

« カングーのその後 | トップページ | こんなのもあるんですね »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30