« プジョー208 早くも故障?? | トップページ | メルセデスのリモコンキー »

2015年9月 3日 (木)

ルノーカングー 大掛かりな車検整備

実は8月のお盆明けにお預かりしたカングー。今日に至っても未だ完成していません・・・

Dsc08476

なんて独特の雰囲気なんでしょうね

Dsc08478

今年もまた車検整備のご用命を頂きました。

しかし・・・・ 今年のサービスメニューはかなり過激です。

距離は7万を廻りタイミングベルトの交換
強烈に重くなっているクラッチ
ブレーキローターもすごく減っています

なんだかエンジン・シャシの主要整備をいっぺんにやるようなメニューです

もちろん初めての作業なので、分からない事が多い為、とりあえず整備書を手に入れます。大して役に立ちませんでしたが。

タイミングベルトの交換に際してはアルファロメオ同様、専用工具が必要で、過去に交換作業を行った事のあるユーロエンジニアリングの粕谷さんに自作工具を借りて作業と相成りました。

まずはクラッチからスタートします

Img_0063

フードを外しているのは、前側にヒンジがあり、どう考えても作業に支障をきたします

Img_0064

1.6Lエンジン。そんなにぎっしりなイメージはありませんが

Img_0066

りっぱなエンジンマウント
この下にタイミングベルトがあります

Img_0073

バッテリーやエンジンECUを取り外し、どんどん作業を進めます。
クラッチの交換にはトランスミッションを取り外します。
そのためには足回りを外して、サスペンションクロスメンバーも外します。

Img_0077

またステアリングギアボックスは車体に残し、殆どの物を取り外していきます

Img_0080

右も左もナックルからボールジョイントは抜けないし、

Img_0081

部品ひとつひとつが全てガチガチに硬い

Img_0084

やっとの思いで外れたドライブシャフト。なんとミッション側にスプラインのついたアウトプットシャフトがあります。
Img_0087

反対側はナックルからシャフトが抜けるとジョイントからすっぽり抜けまして

Img_0086

サスペンションクロスメンバー。
ランチアテーマもそうでしたが、お皿の上に全部載っている感じですが
そう簡単にははずれません

Img_0091

下からのぞくと・・・・ いや~ん

Img_0094

上から吊っておきます

Img_0097

トランスミッションが外れました。

Img_0098

なんかトランスファーがあるみたい。
メーンドライブシャフト以外にドライブシャフトのアウトプットシャフトが見れます。

Img_0099
Img_0100


Eくんと協議の結果、非常に特殊な経路でクラッチケーブルが通っているので、トランスミッションが車上で交換することは不可能なので、同時交換とすることになりました

Img_0105

古いクラッチプレート

Img_0108

クラッチカバーのダイアフラムもだいぶ削れています。

Img_0110


Img_0114

Img_0117

Img_0119

クラッチセットにメンドラのセンタリングツールまで付録しています

Img_0123

Img_0131

こちらクラッチケーブル

Img_0132

ヘンなところを通ってペダルの根元で、Uターンするように回って、かえしのついたワンウエイな取り付けケーブル。これは同時交換が必須条件です。

ホイホイ作業しているように見えますが一つ一つがかなり大変です。


Img_0136

残りは帰り道。

Img_0135


Img_0137

シャシの仕事はどれも力仕事で大変なのです。
みなさんわかってください。

次回はタイベル偏

« プジョー208 早くも故障?? | トップページ | メルセデスのリモコンキー »

ルノー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルノーカングー 大掛かりな車検整備:

« プジョー208 早くも故障?? | トップページ | メルセデスのリモコンキー »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ