« ディスクユニオン立川に行きました | トップページ | レンジローバースポーツ 不調?? »

2015年9月20日 (日)

ベントレーアルナージを点検

先日成約いただいたベントレーを見てみます。

Dsc08995

なかなか見ることはないクルマなので、楽しみですが

Dsc08990

意外に普通なクルマです。当たり前か
ロアアームも一般的なカタチですね。
でも、よく見ると・・・ ナックルのつくりなどが独特です

Dsc08982

長いウイッシュボーンアームと共にアッパーアームに入ります、
また、ステアリングラックから伸びたラックエンドにはゴムダンパーが封入されています。

Dsc08991

前からみるとナックル側にロアボールジョイントが止まっているのがわかります。

Dsc08992

ひとつひとつの部品が独立し丁寧なつくりがそこかしこに見れます。
ボールジョイントの交換にロアアームごとなんてことにはならないのです。

ハブやボールジョイントにガタがないので、、サスからのゴトゴト音はどうやらスタビリンクのようです

Dsc08976

6.75Lのツインターボですが、タービンはさほど大きくありません。おそらくギャレット製でしょう? 案外IHIだったりして。
ターボといえば先日納車したジュリエッタもターボでしたね

ダウンサイジング+ターボ世界の定番です。ま、このベントレーにはダウンサイジングなんて全く関係ありませんが

因みに古いターボRはエンジンルームに どーだーと言わんばかりに巨大なタービンが鎮座していましたが、キャンターのタービンみたくデカいタービンでは、どっかんターボになりすぎてしまうのでしょうね

Dsc08985

こちらはリアサス。エアサスやアクティブサスなどではなく伝統のバネサス

Dsc08979

トランスミッションは6速、ZFなのでしょうか?

でもちゃんとオイルレベルゲージがあってATF交換がやりやすい、なにからなにまで素晴らしい

Dsc08984

手前はエンジンオイルフィルターかな。

Dsc08997

エンジンルームぎっちぎち

Dsc08993

エンジンカバーの6.75ツインターボが誇らしげ

Dsc08998

Dsc09000

どこから手をつけていいのやら・・・

Dsc09003

インテークマニホールドにはエンジンを組んだメカニックのプレートが

Dsc09004

もう昔のベントレー/ロールスのイメージはなく、ブレーキはDOT4の表示、ミネラルオイルは使わないの?

エンジンオイルフィラーのすぐ横のレベルゲージのツマミも実に丁寧なつくり

電子マニュアル/パーツリストも手に入ったので、これから見てみましょう

Dsc09007


とりあえず、スタビライザーリンクやブッシュの見積もりを取ってみると

スタビリンクが1つ66000円。普通のクルマの10倍ですな・・・
いろいろな部品と共にイギリスから輸入することにしてみましょう

« ディスクユニオン立川に行きました | トップページ | レンジローバースポーツ 不調?? »

イギリスのクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベントレーアルナージを点検:

« ディスクユニオン立川に行きました | トップページ | レンジローバースポーツ 不調?? »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ