« 錆び止め | トップページ | ディスクユニオン立川に行きました »

2015年9月19日 (土)

アルファロメオジュリエッタの修理 後編

集中審議中のジュリエッタ。

納期が迫り、連日綱渡りの日々

Dsc08944

Dsc08946

さて、このくるまドアのインナーパネルにウインドウレギュレーターなどごっそりくっついてくる話は以前書きましたが

Dsc08886

今度は取り付けです。大変よく似た構造に日産の35型ステージアなどがありますが、それらは全て6mmのボルトで止まっていますから、何か不都合なことがあれば、一度外して調整などが可能ですが、こちらはぶっといブラインドリベットで止めますから、あ、間違えた!とかやり直しがききません。

Dsc08959

これだけ写すとさして大きく見えませんが、6.5mmのリベットは、いつものリベッターでは打てません

Dsc08960

専用のリベッターです。ホンダの一部やトヨタのクルマだったかな? リアエンドパネルのナンバープレートホルダーの取り付けに、ぶっといリベットを使うために大枚はたいて買ったのですが、ぜんぜん出番がなく買わなきゃ良かったと思っていた時に、思わぬ形で使うことになりました。

Dsc08961

でかいでしょ。残ったシャフト後ろのプラスチックケースにマシンガンの薬きょうのように飛び出してきます。


Dsc08956

ドアウエザーストリップは両面テープを使用しているために交換です。

Dsc08955

しかし、なんと見覚えのあるカヌークリップが!!

こりゃ国産クリップだぞ!

Dsc08958

ベルトモールを交換して
Dsc08963


車体本体は想定通りの進捗ですが、同時にご注文いただいた、「スペリオリ」と呼ばれるサイドスカートたちがまあ言うことを聞かない。

Dsc08920

純正オプションのZender製だから安心していたら、なんと出来の悪いこと・・・
シボ(でこぼこの模様)を生かして塗装するのかと思いきや、離型剤がどんなに脱脂しても取り切れず、ピンホールだらけ。

再度塗装する為にサフェーサーを塗っても、それすらはじきます。


Dsc08965

やっと塗装したら、取り付けでまた苦労。
全体的にサイズが小さかったり、ちょうどだったり品質にかなり不安があります。
事前に、仮合わせはしますが、ドアガーニッシュは実際に接着しないと位置決めできません。ドアガーニッシュを先に取り付けて位置を決めると、スカートの位置が良くありません。

思えばAMGやロリンザーの本物エアロもそうだったっけかな?

やっと組みあがったら、納車です。

Dsc09015

Dsc09016

Dsc09017



« 錆び止め | トップページ | ディスクユニオン立川に行きました »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/62308849

この記事へのトラックバック一覧です: アルファロメオジュリエッタの修理 後編:

« 錆び止め | トップページ | ディスクユニオン立川に行きました »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ