« 演歌はヘビーメタル | トップページ | アルファロメオ155 2.0TS Superの修理 »

2015年9月29日 (火)

ひとつの時代

今日はいろいろありました。

まずはこちら

Dsc09189

もうずいぶん古くなってしまったW210、しかも中期です
GF-210065は前期のE-210055の直列6気筒を捨て、より公害基準に合致しやすいV6に舵を切った最初のクルマです。

http://messiah208.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/220-6d96.html

↑にも書きましたが、僕にビジネスオプチュニティをくれたもう一台のクルマです

とはいえ来る歳の波には抗えず、ついにその人生(車生)を終えようと引き取ってまいりました。

W210は当時メルセデスにとっても最も多く販売したクルマです。
新車時にはあまり一般的な人にはなかなか手の届かないクルマでしたが、当時何台か修理をしました。そのうちの1台でもありました

雇われていた頃は、W124やW126。E30やE34などさんざん修理しましたが、自分で起業すると、そんなレベルの高級車はホイホイ入ってくるはずもありません。

手っ取り早い方法は、その手の販売店やディーラーの下請けに入ることですが、それは茨の道です。

Dsc09190

バカみたいな中間マージンを取られて尚、元請けにへつらわなければ、仕事に繋がらないような商売はしたくないと思って努力していたときに 入庫した1台でした

お亡くなりになってしまった先代ですが、感謝の心を忘れることなく前進しなければなりません

一方こちらも、ご近所で僕に仕事をくれたW219の整備です

Dsc09110


Img_0416
エンジンオイルなどベーシックな作業とは別に
ESPのウオーニングを調べねば

結果から言うと、ステアリングアングルセンサーの不良を示すログが

Img_0417

先ずはハンドルを外します

Img_0423

裏側のビスを緩めるてエアバッグを外します。
当然、バッテリーターミナルは外しておきます。

Img_0425

ど真ん中の10mmのHexボルトを外して

Img_0010

ボルトロックタイトが塗ってありますから、廻すのにかなり力が必要です。

Img_0426

ステアリングは、すんなり取れます

Img_0428

次は、このままコラムASSYを力いっぱい引き抜きます。

Img_0430

このようになります

Img_0434

エアバッグ用のスパイラルケーブルです。
これが悪くてエアバッグランプが誤灯している場合もあります。

ちなみにエアバッグの警告灯が点灯している間は、いかなる事故でもエアバッグは開きません

Img_0438

スパイラルケーブルとステアリングセンサーは一体での供給です

Dsc09185


このような仕組みで、様々な電装品と接続されます

なんとか組み付け

Img_0003

Img_0008

ハーネスなどを戻します

Img_0017

診断機を再度繋げて故障履歴を消したり、サービスインターバルの設定をします

ちなみに
バッテリーを外して、しっかり準備したつもりでしたが、ステアリングモジュールにはガッチリエアバッグの脱着が残っていました。

« 演歌はヘビーメタル | トップページ | アルファロメオ155 2.0TS Superの修理 »

メルセデス」カテゴリの記事

コメント

あのEも今や販売価格はタダみたいになり次のEもそれなりですね、ベエーエムもですが。

いや、タダより安いでしょう。
金銭的なカチであれば、BMWもメルセデスも販売から15年もするとタダ同然になってきます。尤も左ハンドルは除きますが。
特に日本国内はセダンに対する価値観は失墜する一方ですからね。

今や日本もSUVを含むRVと軽しかありません。
買う時からリセールバリューを意識する、文化もクソもありゃしない国になってしまいましたね

そうですね、セダンは評判が低すぎです!
セダンと同じクーペとかあるのに。
日本は変わってますね。 安い不人気中古車はさらに金かけない人が乗って可哀想です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとつの時代:

« 演歌はヘビーメタル | トップページ | アルファロメオ155 2.0TS Superの修理 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ