« これから出張です | トップページ | アルファロメオジュリエッタ ドア交換 »

2015年9月12日 (土)

カングーのその後

あー 昨日は(今日)はしんどかった
浜松を9時に出て1時前に帰ってこれました。

引き取りのクルマはフォルクスワーゲントゥアレグ。
つくづくいいクルマですね。

Img_0227

4.2LのV8が6速のATと相まって本当に素晴らしいパフォーマンス

Img_0230

値段も高額なクルマですから、当然っちゃあ当然

Img_0228

4年前に換えたタイヤもそろそろ限界

Img_0229

255/55-18!でかい!! 高い!!!

Img_0231

まあこちらは明日から作業です。

一方その傍らには

Img_0224

あれ?またカングー!しかも色違い

Img_0225

こちらも車検でお預かり&作業中
カングーといえば先日まで作業中だった黄色いカングーⅡ

Img_0074

クラッチ、タイベルと作業して

Img_0199

ベーシックな作業もそこそこに

Img_0194

突然、エンジンがかからなくなりました。
現場に緊張が走ります。

タイミングベルトなど重作業の連続の後、数回エンジンをかけて、電動ファンが数回 回るところまで見ていたのですが、肝を冷やします。

Img_0175

こちらさんはフューエルポンプ。
配線に直接アクセスして、通電状況を確認します。

Img_0177

診断機でもいろいろ

キーをひねって少しの間、キーをひねり続けてクランキングする間、通電があります。
となると、フューエルポンプの可能性が高いです。
スロットルボディに直接エンジンコンディショナーを吹き込むとエンジンがかかります。

なんと車検で整備中、リフトの上で、ポンプが壊れてしまいました。
一生懸命、ポンプキャップを割らずに取ろうとしますが・・・

Dsc08722

心が折れてしまいました。
アルファの同じ部品、といっても悪名高い部品ですが、白くてデルリンで出来ていて、なかなか割れませんが、こちらは黒いキャップなのでABSみたいな樹脂でできているのか、簡単に真っ二つになってしまいました。

クラッチ、タイベルトと大きな作業を行った後に、フューエルポンプ交換になってしまいました。
Img_0187

待つこと数日、新しいポンプを組む瞬間が参りました
しかし、硬くてキャップがおとなしく入ってくれません

そこで、専用工具を使います

Img_0189

まあ、何をやるにも専用工具のいるクルマですねぇ

Img_0193


紆余曲折はありましたが、晴れて納車となりましたとさ

Img_0201

いっぱいお金かかってしまい本当に申し訳ありませんでした。

« これから出張です | トップページ | アルファロメオジュリエッタ ドア交換 »

ルノー」カテゴリの記事

コメント

大変な作業をありがとうございました。
まるで別の車(新車)のような気がします。
特にクラッチが格段に制御しやすくなり幸せです。
楽しく車が乗れるのも面倒を見て頂ける工場あってこそです。
これからもよろしくお願いします。

大変な作業でしたが、本当にいい車になりましたね。前車は残念でしたが、こちらも前車同様かわいがってあげてください。いや既に溺愛中か。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カングーのその後:

« これから出張です | トップページ | アルファロメオジュリエッタ ドア交換 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ