« アルファロメオ75 販売停止いたします | トップページ | メルセデスベンツC240 リアドア交換 »

2015年8月28日 (金)

なかなかうまく行かないこの世界

今日、予備検査に行ったカッパ。

Dsc06598


途中、昨日まで効いていたエアコンが効かず暑くてかなわん、とEくんからメール。

クラッチのリレーかヒューズとタカを括っていたのですが、こちらに着いて、ヒューズやリレーをいろいろ見てみますが、どこにも問題がありません。

いよいよエアコンガスしかないとマニホールドゲージを着けると、なんと・・・
大気圧とほぼ同じ。つまりガスが全部出てしまっているのです。

通常、ガス漏れは、ゆっくり漏れるスローリークが一般的で昨日まで効いていたガスが一夜のうちに大気圧まで下がると言うのは、実際にはダダ漏れなハズです

パニックで画像が無いのが残念ですが、エアコンガスを1缶入れて様子を見ると、僅かにシューシュー聞こえます。石鹸水をつけたり確認しますが分かりません。僅かな異音を拾う特殊な機械で探ってみると、コンプレッサーのシャフト付近からシューシュー音がしています。

Dscn3514

こんな機械

リップシール以外にに考えられません。図の9番です。

161555

うーん、なんでだろ?

コンプレッサーは先月にオーバーホールした記事を書いたので、かなりショックです。
今一度、分解してみて見ることにしましょう

こちらは置いておいて、先日ブログからパンダの電動パワステの交換の費用のメールを頂きました。

聞けば、いたきちさんとほぼ同じ年式の05年だか06年。

よくちょっと古い国産軽自動車は電動パワステが壊れて、強力なノイズを出したり、片方にハンドルを切ると重くて、反対に切ると軽いみたいなトラブルが頻発しましたが、国産乗用車はほぼ、そのトラブルから解脱したように思います。

ところが今回のフィアットは突然重くなったそうで、何とも危険な話。
普通の油圧パワステが壊れて重ステになるより段違いに重くなりますからね

ところが調べてみると・・・

1691


既に1番のASSYは供給終了だそうで

1692

ばらばらには国内の部品設定がないそうです。

なーんだ直せないんじゃん・・・・
って訳にはいかんだろ!

Why Italy people~!

B80wah6ceae22ti

国内にあるのか知れませんが、本国なりからリビルトのパワステモーター取れますから安心してください。

海外と言えば、蓼食う虫も好き好きでカッパでレースしてる人みました

Car7photo2big

画像が小さいので申し訳ないです。でも見まごうことなくカッパ

Car7photo1big

どんだけ~

エアコン直したら、次は登録だ!

10/14のランチアランチに申し込みたいな

« アルファロメオ75 販売停止いたします | トップページ | メルセデスベンツC240 リアドア交換 »

ランチア」カテゴリの記事

コメント

素人には大変そうなんですね、イタリアン!

何とは言えないですが、結局、整備工場に丸投げすると高くつくと。修理工場でもイタフラは嫌がられますけどね。部品は出ないし高価だし。最近は壊れなくなってきましたが、90年台から2000年代前半のイタリア車の壊れっぷりったら。ただ、交換する部品もよく選ぶべきです。あまりに無神経に部品を選ぶとすぐにまた壊れたり・・・特に中国製。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なかなかうまく行かないこの世界:

« アルファロメオ75 販売停止いたします | トップページ | メルセデスベンツC240 リアドア交換 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ