« Road to Lancia 久しぶりの更新編 | トップページ | 未知の世界 »

2015年7月12日 (日)

マセラティ エアコン冷えず・・・ 原因は?

表題の通り。
始まりは雨の木曜、回送のために移動した際、車内の窓の曇りが取れず難儀しました。

コンプレッサーのスイッチが入っていないのですね。
温度が低く内圧が上がらずスイッチが入らないなら、圧力スイッチか冷媒ガスの量が不足

さて、晴れた日にチェック

Dsc07954

このクルマ、すごいところにサービスバルブがありまして・・・

マニホールドゲージを取り付けるのも一苦労

Dsc07955

ガスはとりあえず入っている様子

Dsc07957

となると、冷媒量の不足か?
コンプレッサーのスイッチが入り圧縮を開始、けっこうな吸い込みでコンプレッサーやエキパンの元気さ加減は確認できました

するっていと、外気温が低いと稼動しない?悪いのは?やはり圧力スイッチかコントロールユニットか?

この後エンジンオイルの交換の為にEくんのところに移動して、帰ってくるとエアコンが効かなくて暑くてかなわんと

もうこれでコントロールユニットと内心思っておりました

この時代のクアトロポルテはスイッチ部分がコントロールユニットになっておりまして
Dsc07975

センターパネルをおっぱずして

Dsc07973

カードスロットみたいなのがユニット。なぜか何枚か持っているのですね

ごちゃごちゃしている所でスイマセン

よーしこれで試運転。と!

マグネットクラッチが入らないのですね~・・・

これはですねえ、もっと簡単原因の気がしてきました

まず基本的なところを見るのはセオリーですよね

原因はコイツ

Dsc07974

そうそうリレーなわけですよ。
ボンネット開けて2分でごはん。ではなく30秒くらいで解決できる内容。
何事も基本を踏まずに事を起こすと、結果が伴いませんなあ

ところで、アルファ166のりの皆さん。よくこんなウオーニングを目にすることはありませんか?

Dsc05930

けっこうドキッとしますが、僕のクルマでよく出現します。
特にエアコンが効かなくなるとかは無いのですが、診断機で見てみると

Dsc05920
かならず、この2つがセットで入ります。

上側はヒーターコアとエバポレーターのエアをミックスさせるフラップのポテンショメーターだと思います。

Dscn5778
Dscn5779

ちなみに内外気を分けるモーターは2極

Untitled113

5ではなくて7番ですよ

Dsc06418

おそらくこちらは例の

Dsc05257

このアームが止まると電流が多く流れようとして止まるようですが

ヒーターのフラップモーターは5極くらいあるので、ギアの一部の止まったところを電気信号化させて、エンジンをかけるたびに最適化させるのでしょう

ところが、なんらかの瞬間にノイズが出るかで動きが迷うのでしょう
そのノイズの原因がたぶんトリートエアセンサー1なのでしょうね

厄介な事にそのセンサーはダッシュボード内のエアコンケース内にあるのですねえ

交換にはダッシュボードの脱着が必要になります。

まあ、冷房が効かないわけではないので放置としましょう。

ところで、以前に直した166 2台はちゃんと車内を冷やしているかなあ?
またメールしてみようかしら?

« Road to Lancia 久しぶりの更新編 | トップページ | 未知の世界 »

マセラティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティ エアコン冷えず・・・ 原因は?:

« Road to Lancia 久しぶりの更新編 | トップページ | 未知の世界 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ