« マセラティ杉並に行きました | トップページ | 工具フェア2015 »

2015年5月15日 (金)

先日のマセラティのディーラーの話

フェラーリ・・・
大量生産とは無縁で、一部のお金持ちを相手にした、強烈に個性が強く、大衆に迎合することなく、唯我独尊、あくまで高級で高性能。

そんな厭味ったらしい、偏見に満ちていて、尚人々の憧れであり、自動車の総合的な意味での頂点に立つメーカーです。

しかし、さしものフェラーリも結局、一大コングロマリットのフィアット傘下に入り、アルファ(後にグループ入り)、ランチア、マセラティと共にフィアットグループの一部と化してしまいました。

しかし、フェラーリのブランドイメージはその後も珍重され、素晴らしいクルマが作られます。まだエンッツオが存命の時代です。
フィアット(=ジャンニ・アニエッティ)は市販車部門を手伝い、事実上の後押しをし、エンッツオはモータースポーツに特化します

やがて、エンッツオ没後、数年経ってモンテゼーモロがフェラーリを掌握し、彼は一気にラクシュアリー化を進めます

オートマ、パワステ、オートエアコンなどの導入で、一気にモダンになりました。
それまではパワステなし、オートマなしのテスタロッサ及び512TR、308/328→348のV8から、ATも可能な456、F1マチック採用の2ペダル車(一応AT扱い)の355と、だんだん誰でも乗れる路線に鞍替えしてきました

その誰でも路線は大ヒットで彼は、一躍フィアットグループのトップに躍り出る事になりました。

とはいえ彼は、スクーデリアフェラーリにマネージメント担当で入社されたとありますので、基本クルマ好き、もしくはクルマ産業経験者だと。経営学の出身?

やがて、モンテゼーモロをフェラーリから追い出し(言葉が過ぎるかもしれませんが)今日のフィアットグループのトップに君臨しているのが、マルキオンニなのです。

細身のスーツで人前に立つ、ダンディなモンテゼーモロと違い、必ずサマーセーターで人前に立つ経理畑出身のマルキオンニ。違いは歴然です。

マルキオンニは経営や経理など数字の分野の出身でクルマやクルマの文化とはあまり関係のない畑で成してきた人です

ですからクルマの価値よりお金もうけなど、お金が大好きな方で、
クライスラー買収は補助金の為
ランチアは歴史はあるが利益はないので、クライスラーと統合すなわち雇用維持
アバルトの販売拡大、今までは一定の数の販売店だったのを、どこのフィアット店でも売ることにした。
マセラティの空きラインを使って作るアルファロメオの8Cモデル
クライスラーとの統合による部品の共通化

などなど、アメリカ資本みたいな事をやります。いきなり純血なイタリーの血に、いつの間にか違う文化や資本の血が入るとこの先一体どうなるのでしょうか

フェラーリはドル箱です。
なにもしないでも世界の頂点に君臨する最高峰です
そのフェラーリもたくさん作って、みんなで修理すれば大変安くなりますけどね

そんなフェラーリも、経理出身者には単なるお金稼ぎの一部に過ぎず、いつ身売りしてもおかしくない状態になっているよう

マセラティはアルファロメオとくっつけ、ランチアはクライスラーと共有化など経理出身者のそろばんづくが、いかにもな相手選びとなるようです。

特に、最近のマセラティはピニンファリーナにデザインさせることを許さず、フェラーリの存在をより差別化しているようです。

デザインはチェントロスティーレで行われ、結果なんともそれらしくないデザインになりつつあります

Dsc06620

Dsc06619

また、性能についてもフェラ-リを超えるような性能を許されず、ドア2枚の高級高性能はフェラーリを、それ以外の方はマセラティをと言う棲み分けにして、ここでもフェラーリのブランドイメージを上げているわけです。

イメージをあげまくった上で、身売り? 独立?

いずれもおカネなんですね、マルキオンネという人は

とまあ、こんな話を昨日マセラティ杉並でお勉強してきたわけですよ。
続きはまた次回

« マセラティ杉並に行きました | トップページ | 工具フェア2015 »

マセラティ」カテゴリの記事

コメント

だから、最近のマセラティはデザインが良くないんですね。
最高のブランドがあるので、その下という立ち位置。
やっぱり5代目のクアトロポルテの妖艶なスタイルが最高だったと思います。

北の猿さん
こんばんわ。ブログご覧いただきありがとうございます。
この記事を書いて今日にいたる間に、なんとマルキオンネさん死んでしまいました。
後の人事はヨーロッパ人なので一安心(でもないか)ですが、どのような結果になりますかね?
世界の全自動車が似通う中、デザインの国イタリーには是非頑張ってほしいものですね。
もう僕はギブリとQPは見分けられません。どちらもグリルエンブレムを見るまでマセラティなのかもわかりません
4代目はマセラティ純潔時代のデザインを最後まで色濃く残し、5代目は写真や雑誌では到底伝わらない素晴らしいデザインでした。
チェントロスティーレが悪いわけではなく、前の2代が出来過ぎだったのかもしれませんね。

>
>だから、最近のマセラティはデザインが良くないんですね。
>最高のブランドがあるので、その下という立ち位置。
>やっぱり5代目のクアトロポルテの妖艶なスタイルが最高だったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先日のマセラティのディーラーの話:

« マセラティ杉並に行きました | トップページ | 工具フェア2015 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ