« 納車御礼 レンジローバースポーツ | トップページ | フィアットバルケッタの車検整備 »

2015年5月10日 (日)

クラッチ交換のアルファ155

Dscn8026

先日入庫のアルファロメオ155

期せずしてクラッチオーバーホールです。

Kgrhqngse9wy4kudbptkph3j7q60_57



部品はインタースペアーズ にお願いしました。
そこで思わぬ話が

担当の村山さん曰く

155のクラッチ板には種類があるんですよね。
V6には228mmと235mmがあって、どちらも純正は生産終了、社外も終わってます。
どちらかは現物で判断していただくしかありません・・・・と

うまく、1つ買うことができましたが、相変わらずイタリアのクルマは都市伝説というか、情報が錯綜しているというか
現物確認が必要です。と言うパターンだらけです。

調べると

2.0ターボ(Q4)は 235mm スプライン20
2.0とその他TSは 215mm スプライン20
1.9TDと2.5TDは  230mm スプライン20
そして2.5 V6は  228mm スプライン20

おそらくこの情報が入り乱れたか、なんかでは?

でもクラッチカバーに互換がないようで、スラストベアリングのサイズもどうかしら

以前、166か156のフューエルポンプの型番で、車体番号で調べると複数の部品が出て、現物を確認してくれとか、75のマスターシリンダーも、姿かたちや作動する部分の長さを測ってくれとか、せっかくe-perなる、素晴らしい、電子パーツカタログが存在するにも関わらず、いい加減なこと。

思えば75も

Dsc06332

画面、右奥、車体で言うところの左奥に見える白いタンク。

ウオッシャータンクなんですね。
フロントバンパーを見ると、ヘッドライトウオッシャーのノズルが確認できますが、これ実際には飾りでしかありません。

ウオッシャータンクには1つのウオッシャーモーターしかなくて、もうひとつ付くところがありません。
75のウオッシャータンクは空にするとエキマニの熱で溶けてしまい、穴が開くと聞いた事があります。

でもどちらが本当なのかは分かりません
ヘッドライトウオッシャーが付いていたが、タンクは2つ穴が無かったのでやむなく1つ穴にした
ヘッドライトウオッシャーそのものが最初から付いていなかったが、フロントバンパはこれしかなかった

輸入車はその向けた国によって仕様が変わるので、世界規模で見ればいろいろなパターンがあります。

ところでノリスケさん

この写真のかにほしい部品ってひょっとして写っていますか?

5566


特にスライダーの所を見てください。
ひょっとしてほしいのはここですか?

5566_2

« 納車御礼 レンジローバースポーツ | トップページ | フィアットバルケッタの車検整備 »

アルファロメオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/61569160

この記事へのトラックバック一覧です: クラッチ交換のアルファ155:

« 納車御礼 レンジローバースポーツ | トップページ | フィアットバルケッタの車検整備 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ