« 忙しい一日 | トップページ | ニュービートルの車検整備 »

2015年3月16日 (月)

再考 輸入車は壊れますか?

今日は移動の一日。

まずはリコーティングのマセラティ

Dsc05678

いやあ何時運転しても速いクルマです。
3.2LのV8 32バルブツインターボ。下から回るターボは想像以上のトルクです。

しかし、すっごい花粉のつき方です。秩父のスギ花粉を一手に引き受けているよう
このクルマも去年いっぱい入庫しましたね。

Dsc05680

午後は結局 商談がすべってしまったディスカバリー

業者オークション行きです。
思えばこの電子デバイス満載のクルマをなめてましたねえ。
昨日、商談でお客さんがライトが動かないとかリバースセンサーの作動原理の質問やアダプティブヘッドライトの仕組みを理解していないばかりに、うまく説明できずかえって恥ずかしい結果になってしまいました。
うーん、勉強しないといけませんなあ

ところで7年落ちのディスカバリー。
以前、ある付き合いの長い輸入車の新車を乗り継ぐお客さんが、昔、僕に車検の費用が40-50万円くらいになるのが嫌なら、新車で5-6年ごとに乗り換えればいい。と僕に教えてくれました。

このディスカバリーも同じでしょう。今は全く問題はありませんが、やがて大きなトラブルが発生するでしょう。しかも次々に

その時に費用を支える財力、気力、時の運。またそれを越えて維持をできるのが、クルマについて考える自分のクルマ愛だと思います。

輸入車は壊れますか?
の質問に「こわれますよ」と思うのは販売店すべての共通認識でもありますし、なるべく起こらないよう予防するのも、ぼくら整備工場の使命です。
しかし経済が低迷する昨今、予防する目的の整備は最低限になりつつありますが・・・

また故障や事故が起きたときに機能できるのもぼくら整備工場の特徴でもあると同時に存在意義でもあるはずだと信じて疑いません。

どうかユーザーの皆さん、輸入車を買う時には、良く考えて、そしてうまく修理工場を生かして楽しいこだわりの輸入車ライフを過ごしてください

« 忙しい一日 | トップページ | ニュービートルの車検整備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593247/61292498

この記事へのトラックバック一覧です: 再考 輸入車は壊れますか?:

« 忙しい一日 | トップページ | ニュービートルの車検整備 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ