« 日本車だって壊れます | トップページ | ベタベタからの脱出 »

2015年2月22日 (日)

工具の展示会

あいいやー昨日は、家に帰ったら誰もいなかったので、ついつい「頂」に飲みに行ってしまいました。ほんの1杯のつもりで呑んで いつのまにやら4合呑んでしまいました。気が付けば家のこたつでゴロ寝して、深夜2:30・・・・

あーブログの更新飛ばしちゃった。

と言うことで、昨日は日産部品販売の付き合いで、工具展示会に行ってまいりました。

場所は熊谷市問屋町。

Dsc05362

毎年、行われている恒例行事なのですが、例年ほとんど細かい買い物しかしません。でも今年はちょっと違いが....

Dsc05363

基本的に遠いです。おまけに担当セールスの付き合いで行っています。
5月の終わりには中村オートパーツの展示会もありますし。

もうここ数年、機械工具業界は完全な成熟市場で、代わり映えもたいしてありません。でもでも見れば欲しくなるのは人情です。

特に今回、例のX431が壊れてしまって良いタイミングでの展示会。他に良い物があるかもしれません

Dsc05367

まずはこの手の精密機械系工具の大家、ボッシュです。

さまざまなクルマの診断ができる診断機で、メーカーがらヨーロッパ車にはかなり強いです。

Dsc05364

この診断機の売りは、アドバンス版の、整備マニュアルを参考にできる仕組みです。むむっつこれはすごい。もちろん全車種全部の内容があるわけではなく、同じボッシュ製品にも関わらずアルファロメオの166のモトロニック2.1は見えなかったり。

何といっても数年の契約を結び使用するのですが、契約が切れるとその日から利用が全くできなくなるというドライな商品性が著しいマイナスです

Dsc05368

続いてオートランドのSSSシリーズ。欧州車は不得意と言いながら、なんとベントレーとマセラティの診断が覗けます。ベントレーはフォルクスワーゲン絡みでEBCが見れたりするそうですが、何と言っても車両提供協力工場の都合で実現したそうです。

こちらも五目入庫の工場向け汎用診断機ですが、どちらかと言うと国産車に重きをおいたモデルのようです

Dsc05369

特殊工具でおなじみKOTOです。

Dsc05370
特殊工具はあれば大変便利、でもシングルパーパスな割に値段が高く、現実的には高根の花です。いや高値の花です

Dsc05373
続いて車体修正の工具メーカー、明々工業です。
バブルの時代、キュービックシステムと呼ばれるハゲしい修正機が売りでした。檻の中にクルマを入れて、360°どの角度からでも引き作業が可能なんて謳ってました

そこで今回初めて見たのが、シートブレーキ

Dsc05371

僕がまだイーグルにいた時代に発売されて、欲しいなあと思った商品です。

Dsc05372

同時期に発売したシュリンカーです。

どちらも1990年代のアメリカではごくごく当たり前だったのですが、日本ではあまりニーズがないのかイマイチ浸透しませんでした。

シートブレーキは上手く使うとロッカーパネルのパッチパネルが作れます。
東北地方では結構売れると聞きましたが、37万円でした。最近は台湾製のものが90%引きで買えるようですが、現物を見るとかなり造りがいいですね。
10倍以上値段がするから当たり前か

シュリンカーは鉄板にカーブを作る機械です。だいたい2つセットで使う事が多いです。その他にやはり鉄板にRを作るイングリッシュローラーやひも出しロールなども、僕がイーグルにいた1990年代前半の7-9割引の値段で買えるようになりました。日本でもレストア屋さんが増えるかもしれませんね

基本的に旧車はパテを塗り替えてもじきにダメになってしまいますから、できるなら0.8のボンデ鋼板から部品を作り、交換していくのが理想です

こちらもついに見た感の強い工具です

Dsc05378
パッと見なんの工具かわかりませんが、今日のドイツの自動車鈑金修理には必要なものです。

Dsc05377

様々なリベットが打てる上に、何とかペレットなるスポット溶接の代わりとなる圧着技術が使われています。

僕の使っている修正機、セレットにジグは必要でも引き出すタワーは必要なくなったと言わしめた、キャビンを除くフレームをアルミで作り、接続は巨大なリベットを使うなどの話が出たのは、たしかBMWのE60だったかなあ?

さまざまなアタッチメントがあります

Dsc05380

見切れてますが左はBMW用、右はメルセデス用。価格は教えてもらわなかったけど100万円台の後半みたいです・・・

さて最近はかなり普及してきた車載カメラ

Dsc05390

警察にも納入実績があるモデル。

Dsc05388

当然、画像もキレイなのですが問題なのが録画だけでなく録音もしていることです。

最近の車載カメラは高性能化して、位置を示すGPSや、超長時間録画に加え、同時録音しているモデルが多く 今や基本性能に数えるほどに当たり前になりました。

僕ら不特定多数のクルマに乗る商売をしている人には大変注意しないと大変な事になります。恐ろしいですねえ。

ちなみにこのモデル。エンジンを切ってからも録音はできませんが、キーを抜いても3時間録画するそうです  モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

そして本日の大本命

Dsc05381_2

ランチテックジャパンです。

今使っているX431の販売(輸入)元です。

Dsc05382

X431を買ってからずいぶん時間が経ちまして、今や押しも押されぬトップシェアです。たぶん。

なにしろ先に見ましたオートランドはこの手の診断機の早くからの輸入した業者で、ランチが出るまでは、おそらくここが最も有名だったかと思いますが、ランチの登場により、定価をはるかに下げるまでになり 最近では欧州車のコストパフォーマンスではかなわないと言ってました。

そのランチテックの最新モデルがこのX431Proです。
アンドロイドの端末を使います。

ですから皮をむくと単なる端末が出てきます

Dsc05384

ブルートゥースで通信するのはもちろんの事、Wi-fiもOKなどなど

しかも僕の使っていた旧X431の新品の値段の半分以下ですからねえ。
さてどうしよう

Dsc05395

ちなみに購入を迷ったものの一つがこの超長い脚立でしょうかね。
これあればブースでルーフ塗るときに超楽です!

« 日本車だって壊れます | トップページ | ベタベタからの脱出 »

工具 展示会」カテゴリの記事

コメント

I am not rattling good with English but I find this very leisurely to translate.

Hi Tyree
Many thanks to subscribe to my blog.

Hell or high water. I wrote on.
I wish you a plesant time by my articles and story.

Cheers

はじめまして。
私、趣味で車いじりをさせてもらっている者です。
2015年2月22日のブログを拝見させていただきました。
そこで、そちらに掲載されておりました「シュリンカーストレッチャー」の存在が気になりまして、コンタクトをとらせて頂いたのですが
そちらは機械工具展示会で販売されていたものなのでしょうか?
もし、よろしければ、その工具を販売していた企業名などを教えてはいただけないでしょうか?(心当たりがありそうなメーカー名でもかまいません)
突然のぶしつけな質問申し訳ございません。

こんばんわ、管理人の小河です
ブログをご覧いただきありがとうございます。
このシュリンカーは明々工業(メイメイコウギョウと読みます)なる会社が販売しているものです
http://www.cubicsystem.co.jp/pc/index.html
明々工業は鈑金工具のメジャーなディベロッパーで、プロ用工具です
それゆえ値段は個人で買うような値段ではないです。たしか安くなってひとつ47万円とかこいてたように思います。ちなみにもうひとつのシートブレーキは100万円を軽く超えていて、いまなら85万円とか言っていたような・・・・、あ、どちらも台が別売で、それを入れてだったか、別売だったかは忘れてしまいました
この手はアメリカの工具商から買ったほうがはるかに安くて良いですよ
http://www.eastwood.com/welders/shrinker-stretcher.html
日本でも台湾製工具が多く出回っていますが、それらはいかがですか?
分からないことがあれば、いつでもメールなりしてください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工具の展示会:

« 日本車だって壊れます | トップページ | ベタベタからの脱出 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ