« 自動車の塗装と言うけれど | トップページ | 進化する工具と再びスポットライトのあたる工具 »

2015年2月 5日 (木)

車検のサーブ9-3 修理のエッセ

去年お買い上げいただいたサーブが早速車検で入庫しました

Dsc00063

2Lのターボですが素晴らしい加速とラクシュアリーな内装がとってもゴージャスです。

Dsc00065

かっこいいのであります。
しかし車検を前にワイパーリンクが壊れてしまいました

サーブと言えば、GMグループの一角でしたが、ご存じリーマショックの煽りを受けてGMが会社更生法(もちろんそれだけの理由ではありませんが)の適用を受け、グループが切り売りされ、オペルと共に完全に破産しました。

その後スイスのスパイカーズの傘下になるとか中国企業に身売りされるとか諸説ありましたがいったいどうなっているのかわかりません

ですが、そちらの事情に関係なく車検はしなければなりません。部品も必要です。日本ではヤナセが輸入元だった関係もあり、比較的部品在庫は潤沢のようです。

そうでなくてもアメリカにも、イギリスにもパーツサプライヤーはあります。

サーブやボルボには素晴らしいクルマが多く、またトラックでもスカニア、ボルボなど秀作揃いで、なにげに国の懐の深さを感じます。ABBA イングヴェイマルムスティーン イケア LiLiCo?やるじゃんスウェーデン。

やるなと言えばダメハツのエッセ。
まるでフィアット500SS(旧ドイツのアレじゃありませんで)よろしくのエッセ

Dsc04991

こりゃいい!

Dsc04988

すっげーデザイン

是非シャコタンにしたい

Dsc04990

スパルタンな車内。なんとマニュアルシフト

Dsc00055

しかも作りがやさしい。
作業用のサービスホールに特に優しさを感じます。

固くクリップでとまっているされているアウターハンドルのコントロールロッドに、マイナスドライバーがストレートに入り外しやすくなっています

Dsc00060

塗装はクリアコートなしの2K仕上げであくまで簡素な仕上がりです

是非、代車に欲しいと思う今日この頃です

« 自動車の塗装と言うけれど | トップページ | 進化する工具と再びスポットライトのあたる工具 »

サーブ・ボルボ スウェーデン車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車検のサーブ9-3 修理のエッセ:

« 自動車の塗装と言うけれど | トップページ | 進化する工具と再びスポットライトのあたる工具 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ