« ホンダのエアバッグ 意外と知られていない話 | トップページ | 秋葉原に行きました »

2015年1月24日 (土)

適材適所

塗り難いものこそ外注さんに何とかしてもらいます。

所々剥がれかけの塗装物や、キレイにしないと塗れないものは
サンドブラストにかけて剥離します。

一口にブラストと言ってもそれほど簡単なものではなくて、外で景気良くブラストすると環境的に良くなく、ブラストのキャビネットに入らないと話にならず、でかいキャビネットは値段もさることながら置き場所も厳しいものです

イーグルにいた頃は砥石の種類を選び購入していましたが、その購入先が意外なことに高級食器でなじみのノリタケだったのです。
食器の研磨などに使っていたのかなあ。当時はなにかたまたま知り合うことがあって買っていたのですね。
いろいろな工具の値段が安くなったとはいえ、それほど活躍の機会の無い昨今、無理にブラストの機械を買うのもなんだか・・・
15971


そこで利用したいのが外部の専門組織です。

僕はここを利用しています

http://www.mars.dti.ne.jp/~jbr/

ここはかなりの老舗で、小さいものから大きいものはクルマのフレームまで行けます
以前にはこのような↓

Dsc00159
旧塗装膜を剥離できれば後は塗装するだけ

204a0c2a2bb05770f57e1024
Img_0138

Img_0141
結晶塗装は温度さえ上げられればキレイに縮れます


Dsc00479

Dsc00480

Dsc00481_2

こちらはカワサキのGPZ900Rニンジャのフレームです。
この後、塗装しますが、アルミや非鉄金属には大きなアドバンテージが図れます

無理に何でも行うより餅は餅屋で、うまく専門分野を利用することにより効率的に作業進めることができます。
尤も費用はかかってしまいますけどねえ

« ホンダのエアバッグ 意外と知られていない話 | トップページ | 秋葉原に行きました »

工具 展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適材適所:

« ホンダのエアバッグ 意外と知られていない話 | トップページ | 秋葉原に行きました »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ