« ヴェルファイアのコアサポート交換 | トップページ | フレーム修正機 »

2015年1月 9日 (金)

MCCスマート 修理の続き

先日より進めているスマートの修理です

Dscn8834

今回はがばっと外したフロントパネルをさらにバラします

Dscn8835
ちなみパネルを剥がしたクルマはなんだかダースベイダーのヘルメット外した感じ
今年スターウオーズやるんですって?

基本的にこの手の少し劣化が始まった樹脂は温度を上げてから作業します

Dscn8845

50℃で10分ほどあぶってからです

Dscn8838

比較的に安全に外せます。硬さからポリカーボネート製じゃないかな? 素材表記を見ていませんが、割れ方も似ています。

Dscn8839

割れてさよならするパネル

Dscn8848

こちら新品パネルにサフェーサーを入れたところ。
ちなみに新品は黒い樹脂のまま来ます。写真がないのが残念。せめて包まれていた皮だけ

Dscn8850

新品パネルはなんと24000円!安っ
こんな安いとポリカーボネートって事は無い?
ABS樹脂?

その樹脂パネルに800番で足をつけてソフトナーを入れた2:1のノンストップサフェーサーを塗布します。

このクルマは60℃以上の熱をかけるのを禁止されていますので、必ず60℃以下で焼きます

Dscn8847

何回も書いていますが、樹脂だろうと鉄板だろうとアルミだろうと新品パネルにサフェーサーを入れずにカラーベースを直接塗装してはいけません。このファクターを無視しますと塗装膜強度が圧倒的に下がります。

明日も寒いでしょうがサフェーサーの水研ぎからスタートです。

« ヴェルファイアのコアサポート交換 | トップページ | フレーム修正機 »

輸入車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MCCスマート 修理の続き:

« ヴェルファイアのコアサポート交換 | トップページ | フレーム修正機 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ