« 小舟 修理中 | トップページ | 判断の難しい損傷 »

2014年12月 5日 (金)

3つの赤い車

先日車検でやってきたテスタロッサ

Dscn8340

Img_0003

でもこのクルマ。エンジンが後ろ側についている(まあ殆どの人が知ってますが)のです。

そこでオルタネーターベルト程度ならぎりぎり交換可能ですが、本格的な整備にはエンジンを脱着して行います。ちなみ写真は以前このクルマのタイミングベルトの交換をした際の写真です

Img_0091

タイミングベルトは円定規を取り付けてIN/OUT共に調整して組み付けます。
バルタイなんてチューニングカーみたい。いまどき純正でバルタイ取るって・・・

Img_0189

2つラジエターがあり、2つバンクがあり、2つディスビがあり、2つサーモがある。
つまりエンジンが2つついているのですなこのクルマは

でも驚くことなかれ、この何の変哲もないサーモスタット、国内で正規物を調達するとひとつ5万と聞きました。 ひえ~っ! 海外でも高いのですが、アメリカのフェラーリ屋さんで買ってもひとつ1万円でしたね

Img_0142

美しいエンジン。タイミングベルトテンショナーはオートテンショナーではありません
アルファのV6もオートテンショナーではなく、整備士の経験や感なんですね。

まあ今回はこんな大掛かりな整備はしていませんが、以前にこういった大掛かりな整備を行っているために安心して今日があるのです。

さて今日は他に、珍しい赤いA4

Dscn83791

Dscn83781

逆突による損害です。12月になると何故かこの手の損害が多くなります。
逆を言えば12月らしくなったと言うか

Dscn8380
Dscn8383

この手の損害って意外と高額な修理費なるので注意が必要です。
輸入車は部品代が高額な上に塗装されてない状態ですしね

バンパーが傷ついたくらいだろうから6万円くらいだろ なんて軽く踏むとその5倍以上の請求が来てひっくり返る場合がありますから。ボッタクリ?  いえいえそんなことありませんよ。

Dscn8388

そしてこんなクルマも入庫しました。まだ2ヶ月しか経ってないのに
もう追突されてしまいました

« 小舟 修理中 | トップページ | 判断の難しい損傷 »

国産車」カテゴリの記事

フェラーリ」カテゴリの記事

アウディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3つの赤い車:

« 小舟 修理中 | トップページ | 判断の難しい損傷 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ