« あのクルマが再び | トップページ | アルファロメオ75の部品 »

2014年11月 9日 (日)

開けてはいけないパンドラの箱

先日納車したデイズルークスの下取り、スズキエブリィバン。
何故貨物?というのはいろいろありまして、お乗りなのは大変キレイな奥様。

しかしそのクルマはなかなかに外装が痛みまくり・・・・
いや奥さんがあやめたのはごく一部かな?

Dscn7494

Dscn3669

Dscn3666

Dscn7515

徹底してすべてのパネルにキズや凹みがありまして

ボンネットフードはそのまま使用
右フロントフェンダーは交換
左フロントフェンダーは板金して再利用
右フロントドアは板金して再利用
左フロントドアは交換
右スライドドアは交換
左スライドドアは交換
右リアフェンダーは板金修理
左リアフェンダーは板金修理
バックゲートは交換
ルーフは板金して再利用
フロントバンパー交換
リアバンパー交換
右サイドシルは板金修理
左サイドシルは一部交換

エブリィは3万キロのターボ付き

本来ならかなりのバリューがあります
しかしそれを阻害する瑕疵の数々

Dscn7527

Dscn7529

Dscn7525




Dscn7532

原価を18万以内と見込んで、作業開始しましたが、本当に茨の道

Dscn7811

ここの交換は想定外

Dscn7812

使うのは一部なのに・・・

Dscn7815


Dscn7825

小さいへこみから大きいへこみまでありとあらゆるところにキズ、へこみがあります

でも晴れて塗装に進みました
Dscn7964

水平なパネルは先に塗装。

Dscn7968

塗料もいっぱい使います。
うちにはスタンドックスのシステムしかありませんから高級外観です

Dscn7970

まずはここまで

そして

Dscn7992

Dscn7995

Dscn7996

ついにここまで来ました。

正直やらなきゃよかったかなあ?
いくらヒマを使って作業するとはいえ、大変過ぎました

« あのクルマが再び | トップページ | アルファロメオ75の部品 »

事故・保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開けてはいけないパンドラの箱:

« あのクルマが再び | トップページ | アルファロメオ75の部品 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ