« マセラティの修理 | トップページ | アルファロメオ145 ステアリング上下機構の修理 »

2014年10月 2日 (木)

ボルボXC90 匂い取りの続き

今日はボルボXC90の異臭騒ぎの続きです。

HAYATAKAさん、お待たせしました、そしてブログを読んでいただいてありがとうございます。

先日、くさいということで入庫したXC90ですが、匂いの元はどこにあるのでしょう?
エアコンフィルターを外して、冷風でも温風でもあまり変わりません。車内循環でも外気導入でも同じ。エアコンのスイッチを入れると臭くなくなる様です。

異常の観点から、どのシチュエーションでも必ず空気が通るのはエバポレーターです。

アルファのエアコン修理の際にも説明しましたが、エバポレーターはエキスパンションバルブで液体だったフロンガスを霧化させその際の気化熱で、空気を冷やす仕組みです。しかしその一方周りの熱を奪うために、エバポレーターは絶えず結露し濡れています。湿度と温度が低い冬場は別ですが

ちなみに冬場の暖かい空気はヒーターコアからの温風を使います。そのために熱い空気が必要ない夏場はドアを閉めて熱い空気を遮断してエバからの冷たい空気のみを使います

そのエバポレーターが匂いの原因になると思われます。つまり生乾きやカビなどの温床となりニオイ菌が増殖しているのかと

Dscn7245

温度を変えても変わらないということはヒーターコアにも問題はないということになります

そこで、エバポレーターを洗浄することにしました。用意したのは3種

Dscn7255

左からムース状、液体、液体

基本的にフィルター側からとヒーター側から攻めます。

Dscn7249

エバのフロント側はフィルターを外した穴からノズルを差し込んで吹き付けます。

こちらは内視鏡を使ってみて見ましょう↓

Dscn7251


内視鏡の画像は重く、ここではアップできないので↓に置きました。期間限定なのでなるべく早く見てください

http://fast-uploader.com/file/6967813355435/

見ていると薬剤をシューシューやっているのがわかります。
あくまで一部を画像にしただけで、1本まるまる噴霧しました。

とはいえ隅から隅まで完全に噴霧は出来ませんでしたが

XC90はエアコンフィルターのついたモデルなので、エバがバカみたいに汚れていることはありません。

しかしどこが臭祖なのかわかりませんので、全部になるべく満遍なく塗布します。

反対側はドレンからノズルを突っ込んで、見えないのでムースでいっぱいになるまでボトル1本まるまる出なくなるまで噴射します

Dscn72461

黄色の○の下のドレンホースを引き抜いて、そこからノズルを入れるのです。

もちろんドレンホースにつまりが起こらぬように圧縮エアでドレンを掃除しておきます。
ちなみにヒーターコアの上ではドアが閉まったりするアクションを内視鏡で撮影しました

http://fast-uploader.com/file/6967813485657/

さてさて薬剤を入れて1日経って試運転。結果は?

うーん。確実に軽減はしましたが、消えたかと言われれば微妙・・・

やはり完全な匂いの除去にはエバポレーターやケースの直接洗浄しかないようです。
でも、思えばこのニオイ、部屋干しした洗濯物の生乾きのにおいに似ているような気がします。洗浄剤を買うより、洗濯石鹸を溶かした水を噴霧したほうが良かったのかも。ホコリがべっとりついてたわけではありませんし。

と言うことで、HAYATAKAさん、残念ながらあまり役には経ちませんでしたが、薬剤の散布だけではどうやら解決は難しいようです。軽減は可能ですが

ダッシュボードを外して作業を行う場合は、ダッシュボードとリーンフォースの取り外しで、少なくとも84600円の工賃が掛かります。なんともお金がかかりますなあ

Xc90

左ハンドルの図なので、ブロアモーターの一などすべてさかさまですが、この図の内側はすべて洗浄するようでしょう。

ちなみに駐車場の地面は未舗装の泥地面ではありませんか?

« マセラティの修理 | トップページ | アルファロメオ145 ステアリング上下機構の修理 »

サーブ・ボルボ スウェーデン車」カテゴリの記事

コメント

過去から異臭についてディーラーやボルボ相談窓口に苦情を申し立てていましたが、抜本的な提案がなく困っていました。まさにこのページが救世主となり、エバボレータを交換する提案をディーラーからもらいました。ありがとうございます。

こんにちは、ブログをご覧頂きありがとうございます。
ディーラーは状況証拠だけのトラブルは嫌がりますよね。直接証拠がないとなかなか
取り合ってくれません。修理を担当するメカニック氏もおそらくこれであろうと思っていても
根拠を組み立てられなければ、ユーザーに言うことはしません

コンプラだとかメンツや看板など現代社会はハードルが多いですね。
少しでもお役に立てたようであれば本当に幸いです
これからもよろしくお願いいたします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルボXC90 匂い取りの続き:

« マセラティの修理 | トップページ | アルファロメオ145 ステアリング上下機構の修理 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ