« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の27件の投稿

2014年10月31日 (金)

昨日のMPI

本文の前に、プジョーのテールランプのメールをいただいたお客様。返信ができませんでした。なにかしらのお役にたてればと思いますので、詳しいメールをいただければ幸いです。

あ~眠い。
月末のスーパー忙しい1日なのに、眠い。

なぜ?
それは昨日のブログにも書いた、夜8時半に沼田の待ち合わせだからです。

午後7時過ぎに工場を出発して、入間ICをひた走り一路、沼田を目指しますが、何度乗っても素晴らしいクルマです。堪能いたしました。

4.2L NAのV8DOHC 344馬力はいかなる速度域からも、強烈な加速ができ、またエンジンだけでなくサスペンションもその強心臓を支えます。
残念ながらアルファロメオとは次元の違う走りをします。
フェラーリのV12とも違う走りです。エンジンの音はフェラーリとはまるで違いますが本当にすばらしい走りです。ここで書けないようなスピード域でもすごいスタビリティは、イタ車では無理ではないかとも.... だいぶポルシェに近づいてきたでしょうか? いやまだまだか

さて予定通り20:30に沼田で落ち合い、代車と交換します。

Dscn7905
外気温は7℃ですよ!さむっ

帰りはスズキワゴンRソリオ
ワゴンRとはいえ白いナンバー、つまり軽ではないです。

とはいえ排気量は1/4。まあゆっくり帰りますわ。

さっそく遅くなることを意識して少し腹ごしらえ

Dscn7907

赤城高原SAです。 かろうじてお土産やさんがやってました。ここでラーメンを

Dscn7906

味玉ラーメン 750円 重く食べてはいけません。かるーくね。重くないですよ

Dscn7908
Dscn7910

ああ 昼間に来たかった

おみやげもそこそこに、所沢方面にクルマを進めます。

次の目的地は 本庄児玉ICで降りて「こだま温泉」を目指します

このこだま温泉。

http://www.kodamaonsen.co.jp/index.html

ここは非常に便利でありながら泉質、湧水量ともに素晴らしいをりに、洗い場で裸で並ぶようなことはなく さらにICからスグと良い事尽くめ。

ウチの家庭では重要な施設です。
軽井沢に遊びにいった帰りに寄ったり、
伊香保で遊んで、実は伊香保には混雑のわりに日帰り入浴の良い施設がなくここで風呂に入ったり。 
はたまた花園から足をのばしたり、帰りの関越道が大渋滞しているときなど、あらゆるシチュエーションで使えます。

そこは、暗い道の途中に突然明るい楼閣のように現れます

Dscn7912


Dscn7915

入店22時、あったまってお店を跡にしたのは23時。
いやあ リフレッシュ。

今度こそ、どこにも寄らず関越道をぶっとばして家に到着は23:45

あぁ疲れた。そんな自分にごほうびはこちら

Dscn7917

12時からですからあまり多くは吞めませんね。

2014年10月30日 (木)

アウディS4アバント

ずいぶんと時間のかかってしまったS4の車検整備。

Dscn7860

ファンベルトやヘッドライトバルブを交換するのにこんなに手間がかかるとは思いませんでした

Dscn7861

まあ、これしか隙間がないからしょうがないんですが...

Dscn7863

フロンキャリパーもブレーキローターもデカい

Dscn7876

Ate製でした

写真を撮るヒマがあまりなかったので、わかりずらいのですが、リアバンパーのバックソナー、すなわちAPSが悪くて修理です。一番右のセンサー不良とブザーの不良と診断機には出てきます。

Dscn7884
右側のリアにはBOSEのサウンドシステムが入っています。
Dscn7887
写真では小さいのですが、かなりデカイ

後でわかったのですがリーンフォースははずす必要がありませんでした

Dscn7886

青いのはゴムボールではなくマフラーのフタをする為のアクチュエーター用のスフィアです
Dscn7885

Dscn7890
Dscn7889

問題のブザーですが写真がありません。すごくちゃちいスピーカーで、12V1W/36Ω
なんか違うスピーカで行くか、5Wのウエッジでテストできないかと思ったのですが、この部品でないと機能しなくてまいりました

エンジンオイルは100%化学合成のオイルを9L

Img_0155

Img_0176

パッケージが変わってしまいましたが、ウインズの100%化学合成。ここの商品はどれをとってもいい商品ばかりです

Img_0165

イグニッションコイルも交換。

アウディは右バンク(車両進行方向右側)の前方向から後ろ方向に向かって1234シリンダー。左一番前に戻って5678シリンダーなのですね。

Img_0164

そのほかワイパーブレード、エアコンフィルターと盛りだくさんのメニューでした

さて、今日はついに納車です。結構な金額になりました。

20:30に沼田で待ち合わせです。
ですから今日のブログのアップは早めにして、19時に出発です.帰りは児玉で温泉でも入って帰ろうかな

2014年10月29日 (水)

BTCCでホンダが人気

いまや本当に国産車と呼んで良いものか躊躇してしまう、ホンダシビック。

朝日新聞で、新しいホンダシビックが国内より先にイギリスで発売され人気の模様
来年5月ごろ日本でも発売の見込みと。

早速BTCCのサイトを覗いてみると

http://www.btcc.net/teams/

これが現在のチームラインナップ。で

Btcchomehero

これが現在のBTCCのシビック。
なんかオデッセイみたい

他のチームはせいぜい

Turkington1
のように、ハッチバックスタイルなのに、ホンダはワゴンみたい
これはシビック・ツアラーって言うみたい

現車はこのように

Honda_civic_tourer_ix__heckansicht_

つまりワゴンですね。言ってみればアコードワゴンがレースを走るみたいな?

なぜかBTCCでは20年位むかしやっぱりワゴンが走っていました。
ボルボ850エステートです

Volvo850
すんげー 重いハズなんだけどなあ。

でもこういう風変わりなクルマが走るのっていいですよね。

ところで、話し変わって、最近はセダンが不人気で、先日もG50シーマをオークションで買おうとしたら、ラビット西東京の高橋社長が、「小河さん、セダンが好きですねえ、そんなの売れませんよ」と

1024px2008_nissan_cima_01

4500ccだし、燃費は悪いしと・・・;

いや売れてない今だからこそ、仕入れでしょと思うんです

大型セダンのよさったら乗った人にしかわかりませんからね。
4500ccV8 エアコンの性能はメルセデスなど比較になりません。
車内の静かさもエンジンがかかっている事を忘れてしまうほどです。
V8 4カム 32バルブ。スーパーカーのスペックです。
オーディオもすばらしい。

そんなちょっと古いけど超豪華なセダンなぜみんな乗らないのでしょうかね?

2014年10月28日 (火)

日本酒その続き

ここ数日のお供はこの2本。日曜日に東村山は久米川の酒屋さんで買いました。

Dscn7850

梅錦は遠く四国は愛媛県のお酒です。純米で辛く、吞み味もさっぱりしおいしいお酒です。
かなり辛口なのですが、その横の山口県の山猿。こちらはかなり凶暴です。例のお酒も同じ県ですが、こちらは酒好きの為の日本酒といった感じ。

Dscn7851

あまり聞かない酒専米で作られたお酒ですが、すさまじい飲み口です。
言ってみれば、青森の桃川酒造のねぶた、埼玉県の来陽の野武士など、かなりガツンとくる吞み味で、燗よりも常温、冷酒などもってのほか。硬派なお酒です。
吟醸酒で香りや飲み口を柔らかな方に慣れていた僕には、久々のガツン系です。

それは・・・・すなわち

正道会館の故アンディフグのように美しく華麗に蹴りを出すのではなく

10018


士道館の村上竜司のような重く破壊を目的とするような蹴り

Img2_ryuji02


すなわち・・・・

闘魂三銃士のDDTより、ダニースパイクのスパイビースパイク

タイガーマスクのツームストーンパイルドライバーより、ジ・アンダーテイカーのツームストーンパイルドライバー

220pxtakertombstone


こんな例えでわかりますかねえ?

あー今日は疲れたなあ。

2014年10月27日 (月)

日産C25セレナ ナビゲーション取付

お買い上げいただいたセレナに、メルセデスから外したナビAVIC-VH099Gナビを取付ます。

Dscn7830

バックカメラを取付けるのと、まだ初期の地デジチューナーの為、4X4チューナーですが、サイドウインドウにもアンテナを貼り付けます。
その為、分解部分は多岐に及びます。

Dscn7831

トリムはなるべくボルト類の露出を防ぐために隠しボルトが多いです。

Dscn7834

三列目のシートレールです。判り難いですが、折りたたみのサードシートでありながらスライドさせる機構までついています。この辺りの気配りは国産車ならではの物です。

Dscn7836
一通りのボルトを外すとあとはクリップです。バキバキ引き離すとクオーターパネルインナーが出てきます。

Dscn7842

今回、再インストールにあたって揃えた部品たち。かなりの金額です。
4万5千円くらいでしょうか?

Dscn7843_2

わかりますかね? 配線を通す為に、ワイヤーを這わせます。

Dscn7853
フロントでは思いもしない事に振りまわされるハメに

Dscn7855
いわゆる、素人配線です。ちゃんとしたスキルでいじられている配線はある程度の信頼性はありますが、ご覧の通り、あまりいい仕上げではありません。一通り外していきます。

アマチュア配線は恐ろしいもので、場合によっては車両火災の元凶です。クルマ弄りが高じていろいろ自分でなさる方は今も昔もかわりませんが、火事になっては元も子もありませんからね。

様々な配線が引かれていて、配線した人のみが知りうる状態です。
その為、配線の行先や配線の状態を見て考えながらの作業です。

これにずいぶん時間を費やしました。作業はマウンテンありバレイありです。

Dscn7854

Dscn7856

そして、取り付けるサイバーナビも本体以外に部品が多く作業も大変です。

ハイダウェイユニット
地デジチューナー(デカい)+フィルムアンテナ
VICSを拾うためのアナログアンテナとブースター
ETCとGPSアンテナ

他に、バックカメラ
サイドに貼り付けた地デジアンテナ左右

あくまでイメージですが、税別で部品が45,000円+工賃が30,000円と言うところです。新しいメモリーナビ買えちゃうじゃん。

まあ気に入ったオーディオを使い続けるとはそういう事なのかも知れませんね。皆さんもご参考にどうぞ。

2014年10月26日 (日)

アウディS4 車検整備

びアウディS4の車検整備を作業中です。

Dscn7547

昨年お買い上げいただいたクルマです。新潟に行ったクルマですね。
沼田で待ち合わせて引き取りに行ったのは10/12のブログに書きましたね。

しかし、このクルマ。整備しづらいことこの上ないです。

Dscn7551

そもそもこのクルマ ラジエターコアサポートとシリンダーヘッドカバーが数センチしか離れていません。その為ファンベルトはコアサポートの下に潜り込むような形になっています。

A4は1.8の4気筒からあるミドルサイズのクルマですが、S4は無理やりV8、4.2Lを載せているので、整備性が悪いのは当然です。ただ、ドイツ車らしく修理方法が確立されています。イタリアのクルマは当たり前のようにエンジンを降ろす選択肢しかありませんが、さすがにファンベルトの交換でエンジンを降ろすなんて、笑い話はありません。

エンジンは降ろしませんが簡単には行きそうにありません。
アウディはコアサポートをずらして、サービスポジションと呼ばれる状態にして
ファンベルトを交換したりするのですが、そのサービスポジションにするのに、結構手がかかります。
まずフロントバンパーの脱着からです。
始めにアンダーカバーを外して
サイドのボルト横の白○2本と黄○のナット2個をそれぞれ外します。

Dscn7548

上側の見える所のボルトを外します。

Dscn7550

バンパーのインパクトアブソーバーとリーンフォースメントを貫通させている長いボルトを赤○の奥側から抜き取ります。

一通り外したらフロントバンパーフェイスをラジエタグリルごと外します。
先に少し外しづらいフォグのカプラーや、ヘッドライトウオッシャのホースも外します。

Dscn7554
Dscn7555

するとこんな感じ

Dscn7556
写真では既に外していますが、左右のオイルクーラーのシュラウドも外します。

また、バンパーのインパクトアブソーバーも外します。

Dscn7557
さらに上側のボルトを外すとかなりグラグラになります。そこでさらに、ラジエターアッパーホースとロアホースを外します。異常に狭く作業はかなりつらいです。全部外れると外れそうになります。そこで、バンパーインパクトアブソーバーの取付部分の1つだけなにもボルトの入っていない、8ミリのボルト穴に長いM8/1.25のボルトを挿すとサービスポジションの出来上がりです。

ここまで費用としては、サービスポジションの設定に1.9時間
冷却水は水で割らない、最初からアメリカンなLLC「スーパークーラント」を使います。国産車では10万km以上交換不要の超高性能LLCですが、アウディではこんなことで景気よく交換します。ウオッシャーフルードもホースを外す都合上みんな出てしまいます。

さらに純正ファンベルト(社外ではうまくつきませんでした。)。
このクルマはタイミングベルトではなく、タイミングチェーンなのでこちらの心配はいまのところありません。

Dscn7558_2

赤○がベルトテンショナーの固定ボルト。下側からアクセスします。

Dscn7567

今回は他にヘッドライトバルブの交換もあります。

Img_0140
D1Sです。純正品は約5万円...

Img_0141

Img_0146

残りは
エアコンフィルター交換
イグニッションコイル交換
リアブレーキパッド交換
エンジンオイル交換
ブレーキフルード交換
リアコーナーセンサー交換です。

本当はオートマチックフルード(ATF)も交換したかったのですが、このS4
DSCと呼ばれる2つのクラッチを持ったトランスミッションで、例えば2速で加速中、すでにトランスミッションでは3速をクラッチ上で待機させて従来よりはるかに早いスピードでシフトアップしていきます。

その特殊な機構ゆえに専用のATFが必要です。そのATFは1L/8000円で、9L使います。またZFのミッションはドレンもチェックスティックもありませんから、オイルパンを外して、フィルターやパッキンを交換します。
つまりここだけで10万円オーバーとなります。

Dscn3965
イメージはこのような感じです。

さて、この車検、ディーラーならいくらになってしまうのでしょうか??

2014年10月24日 (金)

日本酒 日本酒

ネタに困ってってるわけじゃないの。 

Dscn7501

本日のお供の紹介。
奈良の風香 そして新潟の越後鶴亀。

風香は50%磨きの大吟醸で、良く行く酒屋さん でポスト獺祭とのことで買ってみました。

獺祭は大吟醸しか作らないということで、いつもの酒屋さん で勧められて飲んだのですが、僕はあまりピンときませんでした。まあ好き嫌いのレベルですけどね

とはいえ大吟醸、それなりに楽しみました。
その後メディアに取り上げられ、火がついたように人気が出ました。

人気といえばハマって飲みまくったといえば「醸し人 九平次」です。

Dsc00135

これにははまりました。コストパフォーマンスに優れ、味、香り、コクどれをとってもバランスよく、ぶっとびました。これも小暮さんのところで紹介されたのですが、その後手に入りづらくなってしまいました。以前お客様に大吟醸の四号瓶をいただいたのですが、心底楽しむことができました

話戻って風香。50%落としらしいやさしい飲み口、きらびやかな香り。やはりうまいですねえ。願わくばもう少し辛くても良いのかな?と思いますが、いかがなものでしょうか?

もうひとつの鶴亀。杜氏は大変若い人で、純米吟醸60%磨き(40%落とし)でありながら2000円くらいだったような。
そして米も麴も杜氏もオール新潟産のピュアっぷりで大変おいしい。これはリピートしてもいいですね。

秋になりひやおろしが出揃い、日本酒のおいしい季節になりました。みなさんもいかがですか?

2014年10月23日 (木)

運転し難いクルマ アルファロメオ166

世の中には、感覚では説明できない恐ろしい事象もあるのです。

このアルファロメオ166、とても運転し難いのです。
そして先日、寝坊した娘を送っていった帰り、Uターンしようとして、道路標識の白い鉄柱にぶつけてしまいました。

Dscn7808

そんなに、無理をしたわけではないハズなのですが

Dscn7809

まーそれは見事に・・・ 

でも実は・・・

初めてじゃないのです。

それも1回2回じゃなく・・・・( ̄◆ ̄;)   

何回擦ったろ? バンパーの角にキズを作る時は、たいがい無理した時なイメージがあります。どうかな?曲がり切れるかな?みたいな。
そんな時は無理せず切り返せばよい。と人には触れて回っているのに。

しかも前だけでなくリアもあやめた事があるような・・・

とにかくこのクルマは運転しづらいのです。
昔、乗り手を選ぶなんてふれこみがありましたが、こちらは乗り手を排除すると言うか。
幸い、この手のキズは比較的目立たなくし易いので、安心ではありますが。とにかく気をつけたいところですね。
え? へたくそ?

ところでこの166、ショックアブソーバの交換から早、半年以上。

Dscn5054

選定を巡ってはずいぶんいろいろ悩みました。
2/9のブログで、その模様は説明しています。

結果、総評としては、ビルシュタインを入れたのは失敗でした。
正解はモンローのフレックスだったかもしれません。
ビルシュタインでは外して送ってくれれば、好みの硬さに調整もできますよと言われているのですが、リアに至ってはアクスルそのものを下さなくてはなりませんし、そもそもドイツから並行輸入した部品を本当に作業してくれるかも甚だ疑問です。ま、日本法人の在庫は何時入庫するかわからず、楽天では掲載価格すら間違えでしたと言われる始末ですからねえ

さて まずこの166と言うクルマのサスペンションは非常に良く出来ています。
おそらくは新車の頃はかなり面白い走りができたと思います。

しかし、もうずいぶんと走った純正のショックは、既に死んでいてロアアームボールジョイントもダメでした。
そのリフレッシュと言う意味では非常に効果がありましたが、ビルシュタイン
のショックは硬すぎます。ちなみにスプリングは純正のままです。

走行性能は圧倒的に向上しました。下り坂で切り込んでいくステアリングのスタビリティは信じられないほど素晴らしい。車体重の重さはブレンボのキャリパーがしっかりサポートしてくれます。

しかし... このクルマ。大型のセダンで、コーナーリングマシンではありません。 いくらすいっと鼻先を軽く曲げてきても、車重1.5トンを軽く上回る重さで、ホイルベースも長く、また3000cc+ZFの4HP20の4速ATではキビキビ走るには、向いていません。
そもそも、感覚的に大きなファイナルギアがついているようで、高速道路のクルージングを想定したのではないかと思います。

特にウチではファミリーユースになる事が多いので、基本のサスペンションのポテンシャルで充分でした。
166にお乗りで、今後サスのリフレッシュをお考えの方は是非参考にしてくださいね。

B6_16

Reflex_01

Product_spcl_d_topimg

でも心底気に入っているクルマですよ

2014年10月22日 (水)

成約御礼 日産セレナアクシス

これまた先日下取りのメルセデスV230を先に売却したセレナです。こちらは今月の初めに決まっていた物件でしたが、先にセレナに乗っていただいたために、本日名義変更やナビの取り付けの為に入庫しました。

Dscn7817

このクルマ、オーテックでカスタムされた特装車で、こだわりなのか日産のロゴがありません。アクシスのシリーズとは↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%B9

Dscn7820

17年前期ものではありますが、走行距離は1万数千キロで、屋内車庫保管で土禁、禁煙、外装キズなしの極上車です。

Dscn7818

画像ではわかり難いのですが、茶色にオレンジを加えたような上品な色あいの本革シートです。

Dscn7819

ナビやオーディオは大変貧弱なので、メルセデスから外したサイバーナビを入れます。

ひとつ残念なのは、メルセデスから国産にお乗換えですなあ。

W638のVクラスは、6年間に亘り乗っていただきましたが、残念ながらメルセデス~メルセデスにはなりませんでした。特に晩年にはトラブルを頻発した上、各ドアロックが磨耗により固くなり、開閉にかなり力が必要になったのが、かなりこたえてしまったようです。奥様が運転することが多く女性の手には余るクルマになってしまいました。

まあ、かといってW639なら良かったのかと聞かれると、なんとも返答に困るところもありますが、元々商用車として開発されたクルマに比べればよかったのかもしれませんね。

記憶が正しければ、W638はスペインかオーストリーの製造で、昔、VWやオペルなどもチェコやオーストリアなどで製造された車体に粗悪な物が多く、僕もちょっとイメージが悪いです。想定外に劣化するスピードが早く、最終型の割りに手が掛かった印象が残ってしまいました。

でも、新しいこの車で楽しい思い出を作ってください。お買い上げありがとうございました!

2014年10月21日 (火)

クラシックカーフェスティバルinところざわ つづきの続き

ちょっと写真を撮り過ぎた感のあるクラシックカーフェスティバルですが、ここまで来たら、折角ですから一通り紹介しましょうね。

尚、展示車両と言うことで、趣旨を考えて、画像のナンバープレートに特に処理を施しておりませんが、差支えのある方はメール頂ければ削除、またはモザイク処理をしますので、メールを頂けると幸いです。

さて昨日からの続き。今回も相当なボリュームでお送りします。携帯で見ると少しかったるいかもしれません。

Dscn7703

うーんこれはポーターキャブかなあ?

Dscn7704

Dscn7705
ヨタ8 素晴らしいクルマです。なんといってもデザインが良いです。

Dscn7706

これもキレイだけど、R仕様だったかなあ
時間と共に記憶が薄くなってきました

Dscn7707

Dscn7709

Dscn7711

Zから510とニッサン(ダッツン)コーナーです。なにか青空もお似合いです。

Dscn7712

Dscn7713
これ210だっけ? 友達のお母さんが乗ってて、楽しいクルマでした

Dscn7710

あー これも名前なんだっけ?

Dscn7723

Dscn7722

もはやエンジン単体でもかなり値打ちが出てきてしまいました。

Dscn7724

スカイラインのコーナーです

Dscn7725

Dscn7726

Dscn7727

またまたクリッパー

Dscn7728

次はセドグロ

Dscn7729

これ辺りはE-から始まる型式だから比較的今のクルマに近いんじゃないかな?ユニシアジェックスのLHジェトロ搭載車でしょう。違ったらごめんなさい。

Dscn7730
お、これは?

Dscn7731

Dscn7732

なんか中国語みたいです

Dscn7733

景気よく吹っ飛ばしていた車種ですね。130 230 330.三石千尋とマイクスタントマンチームが、日本のセドグロの数を減らしたのではないかと

Dscn7735
Dscn7738

Dscn7739

Dscn7741

この辺りはウルトラQの世界ですかね

Dscn7742

Dscn7743

Dscn7745

Dscn7746
Dscn7747

教習所の中心位の所は、クラブ単位なのかランダムに並んでいます。

Dscn7748

Dscn7749

Dscn7750

Dscn7751

Dscn7752
これは本物のGT-R
今や1000万近くになってきました

Dscn7753

GTOと言えば、昔、実家に来ていたお医者さんの自家用車で、当時では珍しい220kmメーターで、本当にそんなに出るのって聞いたら、新幹線より早いって言われたのを思い出します。子供の頃はそれを聞いて、すっげー!って思ったものです。今思えば、うそつけ~ってなるのですがね。

Dscn7754

もうこの辺りになると、文化的な価値になるのではないでしょうか?
僕がイーグルにいた頃、朽ちかけのダットサン2号がありましたが、それでも結構な金額で売っていたような気がします

Dscn7755

Dscn7756

なにしろ時間が限られていたので、かなり駆け足で見たので塗装の仕上がりや板金の出来はあまり良く見られなかったのですが、この2000GTは別格でした。お金がかかっているのか、オリジナルなのかはわかりませんが、面の出方が半端じゃありません。まったく手研ぎの跡がなく、本当に美しい仕上がりでした。ほんとうはよーく見たかったのですが、時間が・・・

Dscn7757

Dscn7758

こちらも大変キレイでした

Dscn7759

ふ~っ あと少しだ
クジラから。いつかはクラウン。クジラの前期は本当に欲しいです
Dscn7764

Dscn7765

Dscn7766

初代プレジ。この時代のストレート6が続きますね

Dscn7767

続いてコロナ 
トヨグライドなんて言われたものもありました

Dscn7768

Dscn7769

Dscn7770

それからセリカ

Dscn7771

このプラモありましたね。オータキだったかなLSだったかな

Dscn7773

Dscn7774

Dscn7776

ダルマ好きだったなあ。実家のはす向かいの家が黄色い1600GTにのっていたんだよなあ、個人的にはLBなんですが、今回LB見なかったなあ

Dscn7777
Dscn7779

カリーナGT。こちらも素晴らしいコンディション

Dscn7781

アメリカからやってきた(帰ってきた?)ミゼット。LHDですぜ!

Dscn7782

Dscn7783

僕が物心ついた時にはボンネットバスは乗れませんでした。消防車ではまだいすずのボンネットトラックベースで、ドアのついていない消防車は見た覚えがあります

Dscn7744_2

Dscn7780

警視庁2連発

Dscn7785

CHIPS!! ジョンパンの世界

Dscn7786
Dscn7788

なんかそれっぽ~い

Dscn7789

チャカも配備済み。

さてさて。3日間にわたって掲載しました写真。いっぱいありましたねえ。

明日からは通常に戻ります。

2014年10月20日 (月)

クラシックカーフェスティバルinところざわ つづき

昨日のクラシックカーフェスティバルのデイ2です。
ブログがデイ2なのであって、クラシックカーフェスティバルにデイ2はありません。念のため。

Dscn7641

今回、目を引いたムスタング・マッハ1
今ならマスタングマックワンなのでしょうが、僕はあえてマッハ1
Dscn7642

みればなんと親子での参加みたいですよ

Dscn7643
Dscn7644

オーナーの方とお話しできなかったので、何とも言えませんが、ナンバープレートから351ci いわゆるクリーヴランドの5.8Lエンジンなんでしょう。

小さい頃、近所の駐車場にこのマッハ1が停めてあって、そのデカさに驚いたものです。

Dscn7645
フルレストアされたとのことで、キレイな仕上がりです。

Dscn7647
Dscn7648
Dscn7650
Dscn7652
Dscn7653
おそらく、レストアなさった工場は鈑金屋さんが始めたショップな感じがします。

Dscn7649

おーっ!ニューエンパイアのステッカー! すっげー!!

再び360CCとまいりましょう

Dscn7654

Dscn7655
スバル360軍団

Dscn7656
Dscn7658

Dscn7659
きいた話ですが、スバル360は後期型を選ぶのが吉だと聞きました。
確か、前期はインチサイズだったとか。 部品も互換がなく困ると

Dscn7661

こんな演出まで!

Dscn7666
みんなよく維持しているなあ。素晴らしいです

Dscn7667
スバル360のヤングSSです。
Dscn7668

Dscn7665

よく見ませんでしたが、おそらくオルタネーターはジェネレーター付きの物に換装されているように思います。

Dscn7670

これなんだっけ?フェローかな
Dscn7671

小物にも手抜かりはありませんねぇ

Dscn7672
こちら左ハンドル仕様。逆車なんでしょうか? 

Dscn7676

Dscn7677

Dscn7678

Dscn7679

サンバーやらレックスやら、おもけにホンダの...

Dscn7680
↑これもついに旧車ですか

Dscn7681

レビン少々

Dscn7685
カローラ、当時はあまり好きではなかったのですが

Dscn7686
K11カローラといえば、イーグルに勤めていた頃、もちろん平成に入って、案外ボンネットくらい、トヨタにしれっと発注したら、新品がくるんじゃね?って発注したら、本当に、普通に新品パネルがやってきて驚かされたのを思い出します。もちろん今は絶版でしょうが...

Dscn7687

Dscn7688

Dscn7689
お! すごいひっぱりタイヤ

Dscn7690

Dscn7691

いわゆるリバースホイール

Dscn7693
Dscn7694
2T。ソレタコデュアルです。

Dscn7695

このステンメッシュのアッパーホースはひょっとして!


Dscn7699
Dscn7700

Dscn7701

こちらも、昔いくらでも走っていたクリッパー。今クリッパーと言えば軽です

Dscn7702

40系を載せたところで、今日はサドンデス。前編後編で終わらそうとしましたが、中編になってしまった。

また次回に続きます。

ネタ不足、画像に頼るブログかな

友蔵 心の俳句

2014年10月19日 (日)

クラシックカーフェスティバルinところざわ

今日は工場からほど近い、ところざわ自動車教習所で行われる第18回クラシックカーフェスティバルinところざわに少しだけ行ってきました。画像も多いので2回に分けてお送ります。それでもそうとう長編です

http://www.tokorozawa-classiccarclub.jp/

Dscn7581

普段は自動車教習所ですが、年に1度クラシックカーの祭典が行われます。もう4年くらい前にプラモをたくさん持って出店したことがあります。

教習所の社長さんは業界でもテレビなどでも有名なコレクター澤田さんです。

http://www.tokorozawa-jidoshagakko.co.jp/sawada-world.html

以前一度取引銀行の支店長が、電気自動車の製作に溶接や部品の製造の技術者を探しているから、会いませんか?という話をもらい、会いに行くと電気自動車の部品の販売の話だったことがあり、その時に初めてお会いしたのをよく覚えています。

よくよく聞いたら、ウチの工場の大家さんと血縁関係と聞いて、なあんだと思ったもんですが...

まあ、そんな事はどうでもよくて、素晴らしいクルマを見てみましょう

Dscn7585
B110サニー GX5かな?

Dscn7588
Dscn7587
Dscn7586
TOMEIのカムカバーが泣かせるターンフローエンジン。きれいに仕上がっています。

Dscn7589

チェリーX1-R 310....

Dscn7590
キャリー軍団

Dscn7591
Dscn7592

初代キャリー どっちが前かわかりません。

Dscn7594

これ欲しいなあ

Dscn7595

Dscn7596
サニー210 ワゴン?レーシングフォージがマッチしています

Dscn7597

Dscn7598

ポーターキャブ軍団

Dscn7599
Dscn7600

むむっ

Dscn7601

ガチャピン研究会とは...

Dscn7602

Dscn7603

Dscn7604

117クーペコーナー

Dscn7605

ハンドメイド。

Dscn7606
ランサーセレステ。部品が大変そう
Dscn7607

Dscn7608

三菱コーナーの次はロータス

Dscn7609

Dscn7610
Dscn7611

ツインカムヘッドから飛び出ているカムのプーリーがおなじみ
Dscn7612
Dscn7613

続いてリンカーンコンチネンタルマークⅤ

Dscn7615
超巨大な2ドアクーペ

Dscn7617
Dscn7618
Dscn7619

でけぇ~
7500cc じゃなかったっけ? トラックみたい 460ciとか言うんだよね

Dscn7620
チャレンジャーR/T HEMIエンジン

Dscn7621

Dscn7622
こちらはクーダ

Dscn7624

Dscn7625

Dscn7626
おなじみキャロル。

Dscn7627

♪はりきりもの-の にょうぼには、ホンダTN パーイク

Dscn7629

これは個人の所有物なのでしょうか??
Dscn7630

Dscn7631

Dscn7632

Dscn7633
ベルエアなどのオールディーズなアメ車軍団

Dscn7634

その対面の軽トラ軍団。対照的な組み合わせ。反対側は

Dscn7635
10倍の排気量軍団

Dscn7636

負けない360cc軍団

Dscn7637
3ホイーラートラック

Dscn7638

Dscn7640

Dscn7639

続きは次回

2014年10月18日 (土)

成約御礼 日産デイズルークス

本日のブログはブログ主泥酔で書き込んだため、内容があまり良くなく、内容を変えてお送りします

先に修理をお伝えしているエブリィを下取りして、デイズルークスをお買い上げいただきました

Dscn7575

当初、新車を検討頂きましたが新古車となりました。

新古車は気を付けて利益を考えないと新車より高くなってしまいます。

Dscn7576

最初はXというグレードを検討しましたが、結局一番上に近いグレードのハイウエイスターX-Gパッケージです。

軽とは思えない重装備で、
アラウンドビューモニター及びバックモニター
HIDライト
両側パワースライド
キーレスエントリー
タッチパネル式オートエアコン
電動格納付きミラー
15インチアルミホイール

Dscn7577
背も高い

Dscn7578
頭上のクリアランスは異常なまでにあります
Dscn7579

スライド可能なリアシートは、後ろに下げると50シーマより広いスペースが出現します

Dscn7580

新車で定価は200万近く。すさまじい内容のクルマですね。
こりゃ1000ccのクルマは作らないわ。

それでもディーラー見積りの新車のXより10万円下で、販売できました。利益?今年3月時点での消費税額より下です....

そこで、あの下取り車なわけですよ!

 

2014年10月17日 (金)

大がかりな修理

商品化のエブリィ、MPIではまず行わない大きなサイズの鈑金です

Dscn7530

昨日の右側に続き、今日は左側です。左は右ほど激しく歪んではいませんが、範囲が大きく、全体的にゆっくりへこんでいます。

急所になる部分を引き作業しながら弾性変形を直していきます。

Dscn7532

引きながらハンマリングを繰り返し、鋼板の腰が抜けないように。

Dscn7534

Dscn7536

努力の末にかなり良い状態になりました。

まだまだ修理?商品化は続きます。

ところで、写真をみて解るかもしれませんが、作業は暗くなってから行っています。では、日中は何を?そうあのメルセデスがオークションに出品されていたのです。

結果? 具体的な金額を言う事はできませんが、こちらの希望額の5000円下で売れました。

またまたこのクルマもオークションで売られてしまうのでしょうか?

2014年10月16日 (木)

商品化大会

ここのところ集中して作業をしてきたV230も、オークション会場に回送します。

Dscn7505

ずいぶん色々なことをしたクルマでしたねえ。

例えば最近には、こんなことにも
Dscn3716


Dscn7507

Dscn7511_2
少しキレイになって、うれしいです。誰かが高く買ってくれることを期待しましょう。
なにしろこの下取り車こそが利益ですから!

利益といえばこちら。

Dscn7494

エブリィバン。こちらもこのクルマが利益になる予定の商材です。

あちこちぶつかって、スライドドアはティッシュペーパーをくしゃくしゃにしたみたいです。
もちろん、このままオークションに入れてもいくらかにはなるでしょう。でも5万円くらいにしかなりません。せっかくの商材なので、ここは大冒険で、修理して販売します。

Dscn7517

とは言って見たものの全てのパネルに交換または修理が必要な状態です。
Dscn7512
バックゲートは交換

Dscn7519
右側はスライドドア、やフロントフェンダー、リアクオーターパネルも交換したい。

Dscn7514
左側もベコベコです。フロントドアからリアクオーターパネルまで交換したい...

Dscn7518

右のフェンダーは交換、左のフェンダーは修理しましょう。

分解できるパネルは外したりしました。難関はリアクオーターパネルです。
リアクオーターは他の取り外しのできるパネルと違って溶接が伴い、中古部品の利用が望めません。また接着されたサイドガラスを外すのに、ガラス屋さんに来てもらって作業するので、外注費=原価が掛かります。

そこでがんばって板金して修理します

Dscn7519_2

Dscn7522

う~ん、交換したい。まず、普段のMPIなら直すことはしませんが、背に腹は変えられません。

Dscn7527

Dscn7529

がんばること数時間。カタチになってきました。

Dscn7528

スライドドアは中古部品を使っています。

明日は反対側と対決します。

2014年10月14日 (火)

休み明け、入庫と修理 オデッセイとW638

https://www.youtube.com/watch?v=G_VraNDv3J0

母さん、ぼくのあの帽子どうしたでせうね?
ええ、夏、碓氷(うすい)から・・・・

もう夏は終わってしまいましたね。この時期、日本シリーズで優勝が決まる頃、凄い寒い風が吹いてきて、ジャンパーを引っ張り出してきていたあの頃。77年の映画だそうです。MPIにとっては、しばらくすると18回目の11月が来るのですね。
感慨ひとしおです。

ま、何年経っても暮らし向きは一向によくならないのですが。

さて今日は、RB型オデッセイの事故入庫からです。
Dscn7490

これも昨年、ご購入いただいたクルマですね。

あと、まだ正式なアナウンスはできませんが、
こちら↓も下取り予定です

Dscn7494

こちらは、宿題が多そうですよ。後日解説しましょう。

Dscn7495

メルセデスにはサフェを入れて、塗装の準備です。
こちらは僕が塗ります。ワンボックスはルーフを塗るのも大変です

Dscn7497

スプレーガンの向きが悪いですなあ。いやいや真ん中は届かないのです

Dscn7498

今日のBGMはShow-yaの「限界ラヴァース」でした
https://www.youtube.com/watch?v=pE5ENQYzqrc

え?レディー・ガガは出てませんよ。

それでも商品化は進むのです。

2014年10月13日 (月)

昨日の続き 

昨日、S4を引き取りに沼田へ行ったのですが、帰りは渋滞してしまいすっかり遅くなってしまいました。

Dscn7428


しかし!昨日は年に一度の「ところざわまつり」です

Tokorozawa

規模も大きく、たくさんの露店が出て楽しい事この上ないのです。
疲れておりますが、一念発起ですぐ出発です。

まずはバスで東村山へ出て所沢に向かいます

Dscn7432

疲れた体を鞭打ってがんばります。

Dscn7433

さっそく露店と山車を見て回ります。

Dscn7442
Dscn7443

人 人 人・・・

Dscn7452

Dscn7456
いいですねえ。文化ですねえ。どのお囃子も素晴らしいレベルです。

Dscn7440

テレビのビデオシュートもやってましたよ。テレビ埼玉のようでした

Dscn7459

商工会が毎回ステージを提供します。また商工会で、屋台村を出して楽しませてくれます。そこで
「お父さん、日本酒飲みませんかぁ?」と声かけられました。
お父さん? ああ、そう見えるんだなあと思うとなんかショック。いつまでも若いと思っているのは自分だけかあ・・・
さっそく日本酒を頂きました。まだ片手にビールを持っていたのに....

そして祭りの最後はボンダンスです。
ボンダンス?何それ?と思うでしょ。僕も一番最初に聞いた時に激しい違和感を感じましたから。祭りの最後を締めくくる市民が一体となる踊りのようです

どのような経緯で使うようになったのか解りませんが、米米クラブの「花祭り」をボンダンスとして使っています。しかしなんでまた米米?

https://www.youtube.com/watch?v=R8FlVgai5OI

そりゃあもう大変な盛り上がりです。
文字通り老若男女踊り狂います。

あまりいい写真はありませんが、その模様はこちら

Dscn7462

Dscn7466
Dscn7479
Dscn7473
Dscn7475

すごい一体感です!良い写真がないのは?

僕も踊り狂っていたからです。極端なハナシ、これを楽しみに来たみたいな....

お酒も飲んでいい気持でしたから歌って踊ってしまいました。

歌って踊った後は再びアルコールです。ちなみにすべておひとりさまですよ

Dscn7487

わはははは♯ 祭りは最高ですなあ。疲れもふっとぶ良い1日の締めくくりでしたよ

2014年10月12日 (日)

アウディS4

今日は昼前から 車検のアウディS4を引き取りに少々遠方にまいります


去年のこの時期にアウディを販売しました その際のドタバタはブログなどに書いた通りです 

早いもので1年経つんですね 
アウディは新潟に納車したので 引き取りは? 

沼田に来て頂くことになりました 

せっかくあっちの方に行くので 直売好きの僕はタダで行くわけには行きません 

入間インターから乗りまして 一路 花園を目指します
 Dscn7385
びゅーんと飛ばして
Dscn7387
便利になりました
花園降りて
Dscn7390



花園には県内トップの直売がひしめいていて その一角を担うのが道の駅はなぞのです 

今日は何やらイベントが行われているようですが まずは野菜を買わねば!
Dscn7392
Dscn7393
Dscn7394 凄まじい人と野菜

比較的良くなりやすいナスなど 叩き売り状態です
Dscn7395 でもキレイに巻いたキャベツはなかなかの値段
Dscn7396 ちなみに道の駅そのものは道を隔てた向こうがそうです
Dscn7391

何やらイベントが行われているようですトンボ玉とか 色々売っています
Dscn7398

時間切れになったので一路 沼田を目指します。
Dscn7399


写真がないのが残念ですが 沼田インターを降りて まもなくのコンビニで車の入れ替えです 
沼田に居たのはたぶん10分足らず


さて頑張って帰らねば と思って帰路をひた走りますが 微妙に台数が多いようです 14:55です
Dscn7405


そういえば今日は連休の谷日 しかも明日は台風でどうなるかわからない 
Dscn7415


すると帰りは今日がビーク 3時にも関わらず 
道が混み始めました 
Dscn7423

やっぱり渋滞につかまってしまいました
Dscn7426

どうにか飯能に着いたのが4時半過ぎ 

沼田インターを14:50に入って飯能に16:30過ぎとは
Dscn7427


この後の人たちはもっとすごいのでしょうけどね
さてアウディ。いろいろ作業するところはあるようですよ
Dscn7431

Dscn7430
あー疲れた。 でもでも今日は第2ラウンドがあるのですよ。今回はここまで
 

2014年10月11日 (土)

メルセデス W638 V230の商品化

昨日に引き続きメルセデスV230の商品化です。

さんざんばらばらにしたコンソールまわりを組み付けます

Dscn7374

ざんざんばらばら

インストゥルメントパネルを戻す際にこんな絵に遭遇

Dscn7376

助手席のドア側からインストパネルを見上げた写真です。若い女の子に同じことをするとタイホされます。

Dscn73751

黄色の○はブレーキマスターバッグのコマンドシャフト。あり? このクルマ右ハンドルじゃなかったの? いえいえ、多くの輸入車のミギハンドルは青い○のシャフトがブレーキを踏むとシャフトをぐるっと回す円運動に変わり、本来の左ハンドル用の位置にあるマスターバッグを動かす仕組みです。

この仕組みは簡単に左ハンドルを右ハンドル化できますので、多くのメーカーが採用しています。僕のアルファ166も同じ機構でコントロールされています。

簡単になる一方、ブレーキの踏んだフィーリングはすごく悪くなる場合が多いです。
僕の166もブレーキのフィーリングの悪さは有名で、このVクラスも同じようです。

リターンスプリングに工夫を加えるなど対策はしているようですが、やはり左ハンドルのまま乗るのがいいでしょうね。まるでフィーリングが違うと思います。

ところで、皆さんは「名車再生 クラシックカーディーラーズ」なる番組をご存知でしょうか?

買い付け担当のマイクと、修理担当のエドが自動車を転売して利益を得る番組です。時々このブログでも話題にしているファストアンドラウドに似ています。

71eakaao93l__sl1500_

まあ、商売の構造は皆同じだと思いますが、僕らもまったく同じことをしているわけです

Dscn7379
今回は、完全に塗装がダメになってしまったルーフパネルを塗装します。

Dscn7380

ダブルアクションサンダーで旧塗装膜をはがして、サフェーサーを塗布してシルバーを塗装します。

Dscn7383

あとは右フロントドアの塗装の痛みも直して商品性を上げます。

少しキレイになったメルセデスを誰か買ってくれると良いのですが、どうなることやら。
少なくとも番組のようにうまくはいきません。

2014年10月10日 (金)

メルセデス W638 Vクラス

出逢いがあれば別れがあります。当然の真理です。

Dscn7364

ついにVクラスが落城する時が来ました。

思えば約6年間、長く乗っていただきました。
悪名高きW638.、なかなか波乱の6年でした。

でもエアサスの構造変更や、度重なる冷却水の漏出などいろいろ経験させてくれるクルマでもありました

で、乗り換えにあたりナビオーディオの移設です。今回は取り外し

Dscn7366

欧州車らしく、上側に1DIN、下側に一応1DINのようになっています

このクルマにはカロッツエリアのフラッグシップ、サイバーナビがついています。6年前、最先端だったオーディオも、いささか古くなってきました

しかし、そこはハイエンンド。部品も多く、また僕が作業したとは思えないほど手が込んだ設置になっておりました

Dscn7370

ヘッドユニット、メインユニット、地デジチューナー、Ipodアダプター、アンテナ各種、ETC、バックカメラ、ハイダウエイユニットもあります。また各種デジタルデバイスはIP-BUSケーブルで結ばれているので、配線量もかなりな物になります。

またメインユニット以外は隠すところがありそうで、少なく配置に苦労します。それゆえ、自分で設置したとは思えないほど手が込んでいました。

Dscn7371

シートを外して行うほどでした。最近のモデルならここまで分解することはないのですが、わずかに古いだけで、周辺機器の大きさが大きく、また種類も多いので大変です。

Dscn7372

やっと全部外れました。かなり大変ですが、今度は次のクルマに取付しなきゃ

思えば今日納車したフェラーリも帰りしな、地図情報を更新しながら帰って頂きました。うまくインストールできたかな?

ディスクを挿入してから90分もかかりますから。

こちらは10年前のHDDナビでしたが....

2014年10月 8日 (水)

スーパーロック84

今から30年前、今の僕の地元、所沢の西武球場(今で言う西武ドーム)で、日本で初めてのヘビーメタルのフェスティバルが行われました。

当時、ぼくは高校生で、所沢に行ったことはなくて、当時の僕にはフェスのチケットが高額で買えませんでした。

思えば、この頃いろいろアーティストが来日していて、中学生の時に、サクソンが6月だったかな、アイアンメイデンがその翌月とかで、行きたかったのですが、行けず終い。特に81年だったかな? スティクスがパラダイスシアターのツアーでNHKホールでライブをやったのは、心底行きたかった覚えがあります。ここの話をすると長いので割愛しますが・・・

さてその西武球場でのライブですが、その当時レーザーディスクやビデオでさんざん見ましたが、その後ぱたっと見なくなりました。

30年近い時が流れてなんとホワイトスネイクのライブが近々発売されるようです

Sr84_box

なつかしいですねぇ

特に覚えているのは、このビデオ、実は意外に面白くなかったのが思い出なんですよ。

61gs5qcmynl__sl500_

サーペンスアルバスでMVではヴィヴィアンキャンベルとエイドリアンヴァンデンバーグが弾いていますが、実際にはジョンサイクスがレコーディングしています。当時この音にはずいぶん傾向しまして、ライブでの音源が聞きたいなって、このスーパーロック84を買ったんですよ。その中にCrying in the rainをプレイしていましたから。

見て音の残念さもさることながら演奏中にインタビューや移動の映像が入り、かるーくドキュメントタッチになっているのです。

今回のリイッシューは、マスターテープが発見されたとあるので、どんな内容になっているのかと思いきや、内容は完全にあのビデオの焼き直しのようです。

うーん、とても残念。

とはいえ、このスーパーロック84、他のアーティストが、

アンヴィル
ボンジョヴィ
スコーピオンズ
マイケルシェンカー
ホワイトスネイク

アンヴィルは映画ででましたね

ボンジョヴィは世界的なアーティストに

スコーピオンズは当時ブラックアウトが世界的にヒットしていましたが、マイケルに譲るように前座を務め、本来ならヘッドライナーなはずのラインナップでも中堅を引き受けた経緯があるとか聞きました。本当かどうかわかりませんが。

ホワイトスネイクはミッキームーディやコリンホッジキンソンなどのブルージーなメンバーをクビ(脱退?)にした後、アイドル色を強め、ジョンサイクス、コージーパウエル、ニールマーレイとスーパーバンドの様相を呈していきます。

しかし、知らないうちにみーんな脱退して、あの大ヒットアルバムが出てくるのです。

その大ヒットアルバム発売前の素晴らしいメンバー時代のライブなのですが、意外と面白くないのですねえ。

当時の音響設備や録音能力が悪いのかなあ。
コージーも1812オーバーチュアやればいいのに

2014年10月 7日 (火)

フェラーリM456GTA メンテナンス

今日はフェラーリ456です。

Dscn73131

このクルマのユーザーさまは約束を必ず守る方でして、前から予定していた昨日の午前、きっちりお約束通りお見えになりました。

え~ あの雨の中走ってきちゃったのぉ?

ええ、都心からぶっとばして来たのですよ、あの台風の中を。
壊れなきゃいいけど・・・ 

今回はまず、チェックエンジンの原因の、排気温度を監視しているECUの交換です。部品は先に来ていたので、交換して故障履歴を消すだけです

Dscn7307

この部品が壊れる事が多いと聞いた事があります。550や575などでも
だから世界中で不足していることも

メーカーは定期的に生産が出来て良いですな。

Dscn7308

おそろしく簡単なところにくっついていました。

Dscn7309

他にも故障がないか目視します

Dscn7311

去年オーバーホールしたリアショックの状態も上々です

Dscn7315
オイル交換もします。たくさん入るだけに、たくさん出ます

Dscn7321

壺の底からもオイルを抜きます。見たこともないようなぶっといステンメッシュホースは上の2つはオイルクーラーへ。もう一本はエンジンブロックへ。

Dscn7323

わかりますかね、廃油入れの半分くらいまでオイルが出ました。
10Lはでましたか?

Dscn7326

オイル交換にはバンパー下のカバーを外さないといけないのです

するとラッパがちらり。昔FIAMMの安いラッパが出回った時、ラッパに水が入ると、なにか情けない音になって鳴らなくなってしまったのを思い出します。

鳴らしてないけど平気だったかな?

Dscn7324

さて試乗をして、チェックエンジンが点灯しないか見てみるのですが、なんと今度はサスの異常を示すランプが点灯。う~ん なんてクルマだ!

まーたまた診断機かけに行かないと。

2014年10月 6日 (月)

成約御礼 日産マーチ

久しぶりの成約です。今日は嵐だったので、ほとんど写真は撮れませんでしたが、いわゆるゲタ車です。

平成15年、12C 日産70周年記念車です。42000km、ベーシックな装備のみです。

Dscn7304

もちろん無事故。禁煙 キーレス 電格ミラー

Dscn7306

特に素晴らしい装備はありませんが、タイミングチェーン、同時点火、1200ccトルコンオートマ、欲しい装備がぜんぶついて、車検2年つけて諸経費全部込みで

300,000円

出血大サービスです。(古っ)
いつもあるわけではありませんが、今回はラビット小平小川橋店、高橋社長の好意により実現しました。

足車探しているなら、ひと声かけてください。

O様、ありがとうございました。納車までしばらくお待ちください。そして高橋くん。感謝してます。

2014年10月 5日 (日)

雨の日曜

https://www.youtube.com/watch?v=9icDZgYkukU

台風ですよ。ほんとに来るのかな? 外は寒いからこないでしょ

でも、出かけられないしつまんない。

まあ早めに買い物でもしたら、今日は楽しく家飲みと行きましょうか?
昨日、見越してお酒を買ってきました。

Dscn7303

真ん中は昨日まで飲んでいた、東北泉。1720円くらいだったかな?安くて旨くて本醸造の魅力満点です。

今回は久しぶりの明鏡止水、そして今回初の麓井です。

前回から、2種類同時に飲む方法にしました。
東北泉と神社でもらった御神酒が5-6本あったので、毎日御神酒を1本+東北泉を1-2杯

今回は明鏡止水はひやおろしの50%磨き。特吟と書いてありますが、大吟醸クラスですが値段はそんなに高くないです。これと麓井の辛口。

明鏡止水はここ数年、以前のようなインパクトは無かったのですが、今年はすごくいいと聞いたので、期待大です。

ところで良い酒となれば良いつまみですね。

僕らの世代だと好き嫌いがわかれる人

ニューヨークの帝王、ボブバックランドです。

710

当時からマジメで地味なイメージがありましたが、グランドやサブミッションもOK、決して器用ではないけど試合上手なイメージですね。

https://www.youtube.com/watch?v=bO7FBwKQeUU

https://www.youtube.com/watch?v=t3v6oSa6Qaw

すごいですねぇ、猪木、BバックランドVSハンセン、ホーガンです。
まだホーガンは下っ端、ハンセンも若い頃です。

ハンセンはさすがの試合運びです。バックランドはあまり見どころはありませんが、試合運びがとにかくうまい。

猪木も受けの美学と言わんばかりの組み立てに、ハンセンもホーガンも生き生きしています

https://www.youtube.com/watch?v=NqzCN2X32js

https://www.youtube.com/watch?v=btHvtoe5F2U

当時アメリカンプロレスは当時、物議を醸しましたね。

日本では最後までダスティローデスはぱっとしませんでしたね。
アメリカでは当時とんでもない人気だったのでしょうね

え?地味すぎる? ごもっともです。
ハンセンやホーガンをおいて、ボブバックランドですから。

さ、明日から仕事するか。

2014年10月 4日 (土)

アルファロメオ145 ステアリング上下機構の修理

よく、シートの位置と一緒にハンドルの位置も調整するじゃないですか

そのハンドルの位置の調整するレバーが折れてしまいました。
Dscn7278

バキッと根元から折れてしまったようです。
ウチの部品取りの166のレバーをうまく流用できないかと思って始めました修理です

Dscn7280

似てますねえ。うまく行けば良いのですが。

ちなみにこの部品、単品支給はないようで、ステアリングシャフトASSYにくっついてきます。それなりに高額な価格が予想されますので、なんとしても修理したい。

Dscn7282

車検の代車に出した際にボッキリ折れてしまったのです。全くもってヨーロッパ車のプラスチック部品の劣化速度の速さを再認識する出来事です

Dscn7283_2

本来はこの位置にあるようです。そこで、コラム下やトリム回りを分解してみましょう。

Dscn7284

アルファは隠しビスが多く、気を付けないと部品を破損することが多いので注意が必要です。

Dscn7286

とりあえず必要な部品を外しましたが、反対側のシャフトのナットが取りにくいので、一年発起で、ダッシュボードのロアパネルを外します。ヒーターコアの交換も控えていますし。

Dscn7288
センターコンソールも分解分解

Dscn7289
ここにも
Dscn7290

ここにも隠しビスがありますよ。

Dscn7292
あちこち隠しビスだらけ。

長くこの業界にいるとどこにビスが隠してあるかマニュアルなど見なくても分かるようになります。北斗神拳奥義水影心 北斗神拳は一度戦った相手の技を己の分身とできる

とは申しませんが何度となく戦った相手のビス位置はある程度把握できるのです。

Dscn7293

さーあと少し。あと一球音頭を思い出します。
あと一球! あと一球!

Dscn7297

さっぱり。外れました。

Dscn7298
Dscn7301

肝心のレバーは・・・ 付きませんでした。

166と違って真ん中のシャフト形状から違います

Dscn7294
かくなるは直接金属の棒を溶接でもしてみますか。
でないとハンドルがグラグラしてまともに運転できません

またこの続きは後日

2014年10月 2日 (木)

ボルボXC90 匂い取りの続き

今日はボルボXC90の異臭騒ぎの続きです。

HAYATAKAさん、お待たせしました、そしてブログを読んでいただいてありがとうございます。

先日、くさいということで入庫したXC90ですが、匂いの元はどこにあるのでしょう?
エアコンフィルターを外して、冷風でも温風でもあまり変わりません。車内循環でも外気導入でも同じ。エアコンのスイッチを入れると臭くなくなる様です。

異常の観点から、どのシチュエーションでも必ず空気が通るのはエバポレーターです。

アルファのエアコン修理の際にも説明しましたが、エバポレーターはエキスパンションバルブで液体だったフロンガスを霧化させその際の気化熱で、空気を冷やす仕組みです。しかしその一方周りの熱を奪うために、エバポレーターは絶えず結露し濡れています。湿度と温度が低い冬場は別ですが

ちなみに冬場の暖かい空気はヒーターコアからの温風を使います。そのために熱い空気が必要ない夏場はドアを閉めて熱い空気を遮断してエバからの冷たい空気のみを使います

そのエバポレーターが匂いの原因になると思われます。つまり生乾きやカビなどの温床となりニオイ菌が増殖しているのかと

Dscn7245

温度を変えても変わらないということはヒーターコアにも問題はないということになります

そこで、エバポレーターを洗浄することにしました。用意したのは3種

Dscn7255

左からムース状、液体、液体

基本的にフィルター側からとヒーター側から攻めます。

Dscn7249

エバのフロント側はフィルターを外した穴からノズルを差し込んで吹き付けます。

こちらは内視鏡を使ってみて見ましょう↓

Dscn7251


内視鏡の画像は重く、ここではアップできないので↓に置きました。期間限定なのでなるべく早く見てください

http://fast-uploader.com/file/6967813355435/

見ていると薬剤をシューシューやっているのがわかります。
あくまで一部を画像にしただけで、1本まるまる噴霧しました。

とはいえ隅から隅まで完全に噴霧は出来ませんでしたが

XC90はエアコンフィルターのついたモデルなので、エバがバカみたいに汚れていることはありません。

しかしどこが臭祖なのかわかりませんので、全部になるべく満遍なく塗布します。

反対側はドレンからノズルを突っ込んで、見えないのでムースでいっぱいになるまでボトル1本まるまる出なくなるまで噴射します

Dscn72461

黄色の○の下のドレンホースを引き抜いて、そこからノズルを入れるのです。

もちろんドレンホースにつまりが起こらぬように圧縮エアでドレンを掃除しておきます。
ちなみにヒーターコアの上ではドアが閉まったりするアクションを内視鏡で撮影しました

http://fast-uploader.com/file/6967813485657/

さてさて薬剤を入れて1日経って試運転。結果は?

うーん。確実に軽減はしましたが、消えたかと言われれば微妙・・・

やはり完全な匂いの除去にはエバポレーターやケースの直接洗浄しかないようです。
でも、思えばこのニオイ、部屋干しした洗濯物の生乾きのにおいに似ているような気がします。洗浄剤を買うより、洗濯石鹸を溶かした水を噴霧したほうが良かったのかも。ホコリがべっとりついてたわけではありませんし。

と言うことで、HAYATAKAさん、残念ながらあまり役には経ちませんでしたが、薬剤の散布だけではどうやら解決は難しいようです。軽減は可能ですが

ダッシュボードを外して作業を行う場合は、ダッシュボードとリーンフォースの取り外しで、少なくとも84600円の工賃が掛かります。なんともお金がかかりますなあ

Xc90

左ハンドルの図なので、ブロアモーターの一などすべてさかさまですが、この図の内側はすべて洗浄するようでしょう。

ちなみに駐車場の地面は未舗装の泥地面ではありませんか?

2014年10月 1日 (水)

マセラティの修理

むかし流行ったママスアンドパパスの夢のカリフォルニアよろしく、カリフォルニアの青い空からやってきたマセラティのホース一本。

Img_0058

こちらの心配をよそに毎日円安のニュースが流れています。
そろそろTシャツ輸入しようと思っていたのに

このホース、入口と出口の大きさが違うので専用品でないとつとまりません。もちろんサムコなどにお願いすれば可能なのでしょうが、予算が追い付きません。

Img_0059

Img_0060

サージタンクに行くターボホースを外して

Img_0061
細いホースは、スロットルボディを通さず、アイドリングの為に強制的に空気をステッピングモーターを介してサージタンクに空気を通します。それによりスロットルボディが全閉でも正常にアイドリングをします。

アイドリングが異常に低くストールするなど、アイドリングのトラブルの多くはここに問題があるケースを散見します。もちろんマセラティだけでなくどんなクルマでもです。

Img_0062

同じ部品を2つ使っていますが、今回は画像左側のみを交換します。
この手の故障の場合、外すところのホースは全部交換するのがセオリーですが、訳あって、最小限に留めます。経済的な理由? いやいやそんな理由じゃありませんよ。まあその理由はおいおい....

Img_0064

Img_0067

お疲れのようです

Img_0071

取り付けて

Img_0072

おつゆもいっぱいに入れました。準備万端

Img_0073

なぜ同じ太さにしないのですかね

Img_0075

破れていますね

Img_0076

あーあ破れちゃった。

国内でももう少し部品のデリバリがあると良いですね。
イタ車は本当に部品が大変です。

試乗の結果も上々です。今日だけで70km以上走りました。
今度こそオーナーに乗ってもらいたいです

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ