« スプレーガンのはなし | トップページ | 悪夢再び »

2014年9月19日 (金)

メルセデス V230 W638 修理

Dscn5213


今年に入り度々入庫のV230.人知れず先月、8月の初旬に車検を迎え、多少の修理をしましたが、車検後1ヶ月で、早くも修理入庫です

症状は冷却水漏れです・・・・

うーん冷却水はラジエターの交換で終わったはずでは?

ユーザーいわく、長野にドライブした際、走行中はなんでもなかったのに現地のサービスエリアに駐車した途端、車両下側からLLCがじゃーっと漏れてびっくりとのこと

水を足してしばらく走ると漏れた気配は無いと・・・

しばらく様子をみてもらい、数週間漏れは無い様子でしたが、再び冷却水漏れとのこと...
そんなのあり得る?

預かって帰ってきても漏れた様子はありません。

メカニックのE君も長い時間アイドリングさせたのに漏ってこないとのこと。LLCとエアコンの水を間違えたとか・・・・

翌日朝、Eくんから電話が
「漏りましたよ」とのこと

Img_1005

Img_1006

どうやらウオーターポンプのようです。

実は、納車後、異音が強くウオーターポンプを苦労の末に交換したことがあります。結局、異音は解決できず、後にテンショナーのアブソーバーが原因となるのですが、そのウオポン交換から早5年。もう壊れてしまったようです

Img_1041

FFで狭い故に交換作業も大変です。左はサイドメンバー(メインフレーム)です。

Img_1046

エンジンメンバーを上下させて交換します

Img_1062

真新しいウオポン。

Img_1050

古いウオポン。シャフトがガタガタです。

Img_1051

インペラーが内壁を削ったあとがあります。

ベルトテンショナーはオートテンショナーなので、ベルトの張りすぎによるベアリングの破損はあり得ないので、商品の寿命となります。うーん社外品らしい。

ベアリングが不良で、正規の位置にあればLLCはもれませんが、エンジンが回転しシャフトが偏芯すると漏れるようです。

これは予期できませんでした。
Img_1083

冷却水を正規の量を入れてOK。今回はなにも起こりませんように。
何も起こらない? そういえば冷却水漏れで苦労したクルマがありましたね。

そうあのクルマ!

驚いた事に恐怖の大王は、日曜日にやってくるのですよ。なんと冷却水漏れで....

« スプレーガンのはなし | トップページ | 悪夢再び »

メルセデス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス V230 W638 修理:

« スプレーガンのはなし | トップページ | 悪夢再び »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログパーツタイトル


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ